語学について 其之三

Lantana

 先日、ブラジル出身の方、複数名と話す機会があった。
 ブラジル出身の方は基本的にブラジル・ポルトガル語しか理解しない。日本語に堪能な方が私にうちあけてくださったことであるが、彼女らは基本的に英語を理解しない。これは、それまで海外出身の方たちと英語で話していた私自身には痛切な警告であった。世界には英語を解さない方たちも存在するのである。
 私は早速「ブラジル・ポルトガル語」に関する書物を近隣の書店で購入した。ブラジル・ポルトガル語に関しては、わが自治体にその住民の多いこともあって、いつかは勉強しなくてはならないという責任を感じていたのであるが、まさかその場でスイッチが入るとは思っていなかった。
 今まではETVにブラジル・ポルトガル語の講座のないことを勉強しない言い訳にしていたのであるが、もう、その言い訳も通用しない。いま、隣りにいるブラジル出身の方に話しかけられなくてどうするか。喫緊の課題である。

 ETV「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは2017年10月から新しいものになった。私は「旅するスペイン語」を選択して視聴している。ポルトガル語とスペイン語は非常に近い言語である。
 実は、スペイン語は、私が大学一年生のときに、そのときはアメリカ合衆国のヒスパニックについて研究したく選択を希望して、大学側から許可されなかった科目である。
 それで私はフランス語のクラスにまわされた訳であるが、そこから原書購読、卒業論文へとフランス語の世界を通じて私は大学を卒業することができた。やはり当時の私には、スペイン語圏よりフランス語圏に読むべき文献があった。その判断は(私自身ではなく)指導教官に託されていたのであるが、その方が正しい判断をして下さった。私は指導教官に恵まれていたと思う。

 ブラジル・ポルトガル語と日本語しか理解しえない住民は、いま現在、私たちの近隣に住んでいる。彼らのうちのひとりから「スペイン語を話せないか」というご質問もいただいた。
 ポルトガル語とスペイン語について学習したいと考えている。

広告

ラグビー観戦記 2017.09.09 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 昼間は猛暑の天候であったが、午後三時を過ぎると風も涼しくなって、球技場まで歩いて行こうという気になった。
 2017 – 2018 ジャパンラグビー トップリーグ 第4節。ヤマハ発動機ジュビロ vs リコーブラックラムズ。17:00 キックオフ。レフリーは小川朋弘さん。今季ホーム初戦である。

 前半、敵陣深くまで攻め込んだヤマハ発動機ジュビロは、最後に五郎丸歩選手が華麗なターンでトライ。厳しい角度であったがコンヴァージョンも難なく決め、7点を先行する。
 その直後にリコーブラックラムズにラインアウトからモールでトライされるもコンヴァージョンは決まらず、攻防が続く。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣深くまで攻め込むも、リコーブラックラムズはスクラムを押し返す。
 前半も30分を過ぎた頃、ヤマハ発動機ジュビロは五郎丸歩選手が絶妙なタッチキックを蹴り、ラインアウトからのモールで加点する。このときの堀江恭佑選手の動きは素晴らしかった。前半を終了してヤマハ発動機ジュビロ 14ー5 リコーブラックラムズ。

 後半開始早々にラインアウトからモールを組み堀江恭佑選手のトライ。だが、その後はリコーブラックラムズの猛攻撃に、ヤマハ発動機ジュビロは自陣深くに釘付けにされる。しかし、インゴール直前でラックをめくるなど、ヤマハ発動機ジュビロのディフェンス能力は高い。
 ヤマハ発動機ジュビロは敵陣へ攻め込んで堀江恭佑選手が三本目のトライを決める。その後、ヴィリアミ・タヒトゥア選手のトライも決まり、キッカーのゲラード・ファンデンヒーファー選手が確実にコンヴァージョンを蹴り込んだ。
 試合終了の時間帯になってリコーブラックラムズの猛攻撃に耐えられずワントライ・ワンゴールを献上したが、最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 35ー12 リコーブラックラムズ。

 得点すべきときに点の入る理想的な展開であった。リコーブラックラムズの最後まで諦めない姿勢にも賞賛を贈りたい。

語学について 其之二

Okegayanuma

 2017年4月から「旅するイタリア語」を視聴している。
 NHK教育テレビの語学講座でユーロ圏のものは、2016年10月の編成から旅行番組のような仕様になって、私はドイツ語とフランス語を視聴した。いずれも深夜の放送なので、予約録画しておいて、食事中などに観ている。大学の授業とは異なり、試験を受けたり、成績を気にする必要もないので、気軽に楽しむことができる。なお、2017年4月からの番組は、すべて2016年10月からの番組の再放送である。
 イタリアはローマ帝国の地である。古代から現代に至るまで、ヨーロッパの政治、経済、文化において重要な地域である。高校で世界史を学ぶときにムリヤリ暗記した知識が甦り、また、モヤモヤしたまま詰め込んでいた事柄なども明確になって、イタリア語とイタリア文化を学ぶことは、受験勉強のデトックスをするような効能があるように感じている。
「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは、現地の映像が豊富で、音声もネイティヴなので、日本人の講師から教室で外国語を学習するよりも、身体に素直に響いてくる。美術、映画、料理など、イタリア文化に魅力的なものの多いことも、勉強のモチベーションになる。
 イタリア語の語彙はフランス語に似たものが多く、それは英語にも通じていて、その差分を学ぶことにより、語彙を増やすことが可能なように思う。イタリア語を新しく学ぶことはフランス語や英語を復習することでもある。

 中国語の語彙に日本語に似たものが多く、また韓国語に共通するものの多いこともまた同様の現象で、私は日本語の探究から中国語と韓国語に興味を持ち始めたのであるが、やはり差分を認識することで語彙を増やせるように思う。ただし、中国語も韓国語もリスニングが難しい。いずれの言語にも日本語にはない発音があり、その聴き分けができない。中国語には声調という要素もあり、聴き取りはかなり困難である。時々、NHK総合テレビのニュースで、中国語の音声をそのまま流してくれることがあるが、得がたい機会だと思い、聴き取りに挑戦している。
 2017年4月からは「テレビで中国語」も視聴している。こちらは「旅する◯◯◯◯語」のシリーズとは異なり日本でのスタジオ収録であるが、発音を丁寧に教えていただけるのが嬉しい。ピンイン・トレーニングなど、テレビならではのメリットをうまく活かしているように思う。

スズムシ 其之十一

suzumushi

 今年のスズムシも成虫になった。

 昨年は頭数が少なかったため、秋季の産卵場の管理から慎重に取り組んだ。双眼実体顕微鏡を導入し、産まれたばかりの卵を蝕むカビを、ピンセットで丁寧に取り除いた。
 産卵場には、どうしても成虫の糞が入り込むが、その糞には栄養があり水分も豊富なため、産卵直後からカビが発生する。カビの胞子の侵入を防ぐことは難しいので、糞に付着して成長したものを双眼実体顕微鏡で見ながらピンセットで取り除くことで対処している。それでも細かく砕けた糞のかけらまでをすべて拾いあげることは困難で、ある程度のカビの発生はやむを得ない。
 産卵場のマットには赤玉土を用いた。無機質のマットであればカビも成長しづらい。カビを予防するため、冬季は乾燥させてガラス製の産卵場のまま保管し、三月から加湿するタイミングを探った。
 今年も昨年に続いて春季の気温が低かった。四月に降雨の日が続いた後、本格的に加湿を始めたが、そのときも双眼実体顕微鏡での観察を続けた。ダニの発生がスズムシの卵の成育よりも早いことに気づいたのは、この観察の成果である。ダニが産卵場内部で動き回ることにより、カビの胞子が広まるのかも知れない。カビとともにダニもまたピンセットで丁寧に取り除いた。
 孵化が始まったのは五月下旬で、六月には梅雨の影響で気温が低下してきたため、孵化する機会は短期間しかなかった。スズムシの卵をプラスチック製の孵化場に移し、コピー用紙を細長く短冊状に切ったものの手元を少し折って工具とし、孵化した初齢幼虫を孵化場から掬いあげる。
 孵化場から掬いあげた初齢幼虫は初齢幼虫舎に移す。初齢幼虫舎のマットは赤玉土を水で湿らせたもので、給餌にはナスを切って入れておく。マットに加湿するとカビの発生するリスクが高まるが、初齢幼虫はマットに含まれた水分も摂取するので、マットを乾燥させるわけにはゆかない。
 幼虫が大きくなってきたら、成虫になるまでを過ごすメインの幼虫舎に移す。幼虫舎のマットは乾燥させたままでも良い。給餌にはナスの他に蛋白質のものを追加する。幼虫舎には経木を立て、幼虫の脱皮を促すとともに、個体群密度が適切に保たれているかを観察する。個体群密度が高いようであれば、経木を増やしたり、複数の幼虫舎間で個体を移したりして調整する。
 初齢幼虫舎と幼虫舎にはプラスチックのケースを利用するが、これには様々なサイズがある。初齢幼虫舎には最小サイズ、幼虫舎には大きめのサイズを準備するが、作業しやすいものを選ぶことが賢明である。産卵場、孵化場、初齢幼虫舎、幼虫舎すべてに言えることだが、複数を同時に進行させることが、全滅を防ぐための方策となる。
 成虫舎にはLサイズのネットゲージを準備している。マットには乾燥したミズゴケを敷き、加湿した産卵場を中央に置いて、ミズゴケを立体的に配置して雌が産卵場まで上れるようにしておく。スズムシの雌は湿った場所に産卵管を刺して卵を産みつけるのである。

 夏季から秋季までスズムシは鳴き続ける。

ラグビー観戦記 2017.06.24 大久保グラウンド

Okubo Ground

 降雨前の曇り空。ときおり涼しい風が吹いた。
 2017 春季オープン戦 第5戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ。13:00 キックオフ。

 前半開始早々。豊田自動織機シャトルズはヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを左端から切り裂きトライ。難しい角度のコンヴァージョンも決めて先制する。その後も、豊田自動織機シャトルズがヤマハ発動機ジュビロ陣内でボールを支配し、攻撃する時間が続く。
 前半終了の頃、豊田自動織機シャトルズに再びトライが生まれた。コンヴァージョンも決めて14点差とするが、その直後にヤマハ発動機ジュビロは、敵陣深い地点で得たスクラムを押し込んでトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手がコンヴァージョンを決める。さらに相手の裏を突くキックを追いかけて、インゴール中央でグラウンディング。コンヴァージョンの成功とともに前半を終了する。ヤマハ発動機ジュビロ 14-14 豊田自動織機シャトルズ。

 後半5分。ヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティーを得て、タッチキックでマイボール・ラインアウト。モールを崩された後もボールを運び、インゴール中央にトライ。マット・マッガーン選手が難なくコンヴァージョンを決める。
 後半10分過ぎ、豊田自動織機シャトルズはボールキャリアーが機能してトライ。試合再開のキックオフで、相手キャッチングに対してヤマハ発動機ジュビロの宮澤正利選手が好タックル。ヤマハ発動機ジュビロは、そのまま敵陣でボールを支配してインゴールへ。コンヴァージョンも決めて点差を拡げる。
 ウォーターブレイク直後、ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でのラインアウトから展開してインゴール中央にトライ。清原祥選手がコンヴァージョンを決める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロは、前方へのキックを相手に拾われてカウンター攻撃を受け、トライを許す。コンヴァージョンも決まり、豊田自動織機シャトルズが点差を詰める。
 後半終了間際、ヤマハ発動機ジュビロはラインアウトからモールで押し込みトライ。難しい角度と思われたがコンヴァージョンも決まった。最終スコアは、発動機ジュビロ 42-26 豊田自動織機シャトルズ。

 豊田自動織機シャトルズには闘志を感じた。ヤマハ発動機ジュビロには点を取りきる強さがあった。
 

ラグビー観戦記 2017.06.10 大久保グラウンド

Okubo Ground

 最近の週末は快晴の日が続いている。軽い昼食の後、球技場まで自動車を走らせた。
 2017 春季オープン戦 第3戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 三菱重工相模原ダイナボアーズ。13:00 キックオフ。
 試合前に時間があったので、公開されているクラブハウスの一部を見学させていただいた。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは、ボールを保持し、敵陣でプレーを継続する。得点に至ったのはウォーターブレイクの頃、敵陣深いところで攻め続け、インゴール中央で池町信哉選手がトライ。マット・マッガーン選手がコンヴァージョンを決める。その後もヤマハ発動機ジュビロの優位は続き、マット・マッガーン選手による相手の裏側へ蹴りだして自ら捕球するプレーが功を奏し、加点する。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 14 – 0 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 後半は、三菱重工相模原ダイナボアーズが意地を見せた。ヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを切って攻めあがり、最後はインゴール直前のラインアウトから攻撃して、ロックの村上崇選手がトライ。ハミッシュ・ガード選手のコンヴァージョンも決まり、7点を返す。その後、ヤマハ発動機ジュビロも反撃に転じ、敵陣深いところでのスクラムから右に展開して、インゴール右隅にトライを決める。
 後半も半ばを過ぎて、三菱重工相模原ダイナボアーズが敵陣で相手を圧倒する時間が長くなる。ラインアウトから展開して、リシュケシュ・ペンゼ選手がトライ。コンヴァージョンも決まって点差を詰める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロの反撃も素晴らしく、ラインアウトからのドライヴィング・モールをインゴールまで押し込み、加点して突き放す。その後、さらに敵陣深いところでのスクラムがあり、加点して終わりたいところであったが、三菱重工相模原ダイナボアーズの押し返しにより、決めることができなかった。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 24 – 14 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 三菱重工相模原ダイナボアーズでは、元ヤマハ発動機ジュビロのトーマス優デーリックデニイ選手がキャプテンを務めている。今季から新設されたトップチャレンジリーグでの活躍に期待したい。

サッカー観戦記 2017.05.20 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 強い日差しの照りつける中、スタジアムへの道を歩く。まだ、汗の出るほどではないが、肌の灼ける感覚がある。
 今日は磐田市内の小学生を招待する「磐田デー」で、スタジアムからは子供たちの元気な声が聞こえてくる。急な暑さの中、長時間の観戦で、小さな身体が体調を崩さなければ良いが、と思う。直射日光の強い日で、みんな揃ってサックスブルーの帽子を被り、首からタオルをさげている。観戦は「授業」とされている。子供たちの行儀がいい。

 2017 J1 リーグ 第12節。ジュビロ磐田 vs 柏レイソル。14:00 キックオフ。レフリーは、福島孝一郎さん。
 前半早々。ジュビロ磐田が攻撃する。ロングボールを川又堅碁選手が胸で落とし、中村俊輔選手が拾って、アダイウトン選手に鋭いスルーパスを放つ。ツートップにした効果の現れた攻撃であったが、アダイウトン選手のシュートは、中村航輔選手の好守により阻まれた。一対一の局面で、ゴールキーパーが優れていたということである。
 ゴールキーパーの優秀さは、その直後のプレーからも証明された。敵陣中央、ペナルティーエリア直前でジュビロ磐田の得たフリーキックは、中村俊輔選手が枠内にシュートしたにもかかわらず、中村航輔選手の見事なパンチングによりセーブされた。コーナーキックからの攻撃もゴールには至らず、結局、ここで得点できなかったことが早々に試合を決定づけたようにも思える。
 柏レイソルは、チーム全体の陣形が整っていて、ボールを保持している時間も長く、つねにジュビロ磐田の選手が遅れている印象である。当然、ジュビロ磐田の陣形は崩され、ギャップが生じてしまう。伊東純也選手による右サイドへの突破が素晴らしく、ジュビロ磐田は何度も自陣深くまで攻めこまれるが、ボールに絡むのが精一杯で、なかなか自分たちのものにすることができない。自陣からのカウンター攻撃で、アダイウトン選手の力強い独走もあったが、最後を決めることができない。
 前半終了間際に、柏レイソルは、大きなサイドチェンジのロングボールを伊東純也選手がキープし、クリスティアーノ選手のフィニッシュにつなげた。ジュビロ磐田 0 – 1 柏レイソルで前半を終了する。

 後半。ジュビロ磐田は、伊東純也選手への対応を小川大貴選手に任せた。リードの余裕もあるせいか、柏レイソルの陣形は崩れにくく、ギャップを見つけることが難しい。それでもジュビロ磐田は攻め続け、中村俊輔選手が個人技で見事なループ・シュートを枠内へ蹴るが、またもや中村航輔選手の好守に得点を阻まれる。
 クリスティアーノ選手は運動量の多い優れたフォワードである。自陣から長い距離を走り、正確なクロスをあげて、中川寛斗選手のヘディングによるゴールをアシストした。スコアはジュビロ磐田 0 – 2 柏レイソル。後半30分という時間ではあるが、これまでの内容からみて、ジュビロ磐田に勝機はないように感じる。
 パスをつないで相手を崩すことができず、ロングボールで相手ディフェンスの裏に入っても、肝心のシュートが精度を欠き、枠内に飛ばない。他のポジションの選手はともかく、フォワードの選手はシュートの精度をあげるべく練習に励むべきだ。ロスタイムも5分あり、最後まで意地のワンゴールを期待したが、それすらもかなわなかった。最終スコアは、ジュビロ磐田 0 – 2柏レイソル。
 柏レイソルは、チームとしての完成度、クリスティアーノ選手、伊東純也選手、中村航輔選手ほか、各選手の個人的な能力など、基本的な部分で、ジュビロ磐田を凌駕していた。ジュビロ磐田は、柏レイソルのサッカーに対応するのが精一杯という感じで、自分たちのサッカーができていなかった。中村俊輔選手は素晴らしいが、他の攻撃的な選手にも活躍を望みたい。また、試合に勝利するためには、失点をしないことが非常に重要である。ゴールキーパーのカミンスキー選手は素晴らしいが、他の守備的な選手にもレベルアップを望みたい。相手に追いついてボールをはじくだけではなく、きちんと自分のボールにして、前線に供給することまでを仕事としてほしい。
 
 猛暑の中での敗戦で、磐田市内の小学生の皆様には、かえって申し訳ない結果になってしまった。しかし、柏レイソルの素晴らしいサッカーを観ることができたということでは、価値のある試合である。サッカー・ファンの増えることを期待したい。