サッカー観戦記 2017.05.20 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 強い日差しの照りつける中、スタジアムへの道を歩く。まだ、汗の出るほどではないが、肌の灼ける感覚がある。
 今日は磐田市内の小学生を招待する「磐田デー」で、スタジアムからは子供たちの元気な声が聞こえてくる。急な暑さの中、長時間の観戦で、小さな身体が体調を崩さなければ良いが、と思う。直射日光の強い日で、みんな揃ってサックスブルーの帽子を被り、首からタオルをさげている。観戦は「授業」とされている。子供たちの行儀がいい。

 2017 J1 リーグ 第12節。ジュビロ磐田 vs 柏レイソル。14:00 キックオフ。レフリーは、福島孝一郎さん。
 前半早々。ジュビロ磐田が攻撃する。ロングボールを川又堅碁選手が胸で落とし、中村俊輔選手が拾って、アダイウトン選手に鋭いスルーパスを放つ。ツートップにした効果の現れた攻撃であったが、アダイウトン選手のシュートは、中村航輔選手の好守により阻まれた。一対一の局面で、ゴールキーパーが優れていたということである。
 ゴールキーパーの優秀さは、その直後のプレーからも証明された。敵陣中央、ペナルティーエリア直前でジュビロ磐田の得たフリーキックは、中村俊輔選手が枠内にシュートしたにもかかわらず、中村航輔選手の見事なパンチングによりセーブされた。コーナーキックからの攻撃もゴールには至らず、結局、ここで得点できなかったことが早々に試合を決定づけたようにも思える。
 柏レイソルは、チーム全体の陣形が整っていて、ボールを保持している時間も長く、つねにジュビロ磐田の選手が遅れている印象である。当然、ジュビロ磐田の陣形は崩され、ギャップが生じてしまう。伊東純也選手による右サイドへの突破が素晴らしく、ジュビロ磐田は何度も自陣深くまで攻めこまれるが、ボールに絡むのが精一杯で、なかなか自分たちのものにすることができない。自陣からのカウンター攻撃で、アダイウトン選手の力強い独走もあったが、最後を決めることができない。
 前半終了間際に、柏レイソルは、大きなサイドチェンジのロングボールを伊東純也選手がキープし、クリスティアーノ選手のフィニッシュにつなげた。ジュビロ磐田 0 – 1 柏レイソルで前半を終了する。

 後半。ジュビロ磐田は、伊東純也選手への対応を小川大貴選手に任せた。リードの余裕もあるせいか、柏レイソルの陣形は崩れにくく、ギャップを見つけることが難しい。それでもジュビロ磐田は攻め続け、中村俊輔選手が個人技で見事なループ・シュートを枠内へ蹴るが、またもや中村航輔選手の好守に得点を阻まれる。
 クリスティアーノ選手は運動量の多い優れたフォワードである。自陣から長い距離を走り、正確なクロスをあげて、中川寛斗選手のヘディングによるゴールをアシストした。スコアはジュビロ磐田 0 – 2 柏レイソル。後半30分という時間ではあるが、これまでの内容からみて、ジュビロ磐田に勝機はないように感じる。
 パスをつないで相手を崩すことができず、ロングボールで相手ディフェンスの裏に入っても、肝心のシュートが精度を欠き、枠内に飛ばない。他のポジションの選手はともかく、フォワードの選手はシュートの精度をあげるべく練習に励むべきだ。ロスタイムも5分あり、最後まで意地のワンゴールを期待したが、それすらもかなわなかった。最終スコアは、ジュビロ磐田 0 – 2柏レイソル。
 柏レイソルは、チームとしての完成度、クリスティアーノ選手、伊東純也選手、中村航輔選手ほか、各選手の個人的な能力など、基本的な部分で、ジュビロ磐田を凌駕していた。ジュビロ磐田は、柏レイソルのサッカーに対応するのが精一杯という感じで、自分たちのサッカーができていなかった。中村俊輔選手は素晴らしいが、他の攻撃的な選手にも活躍を望みたい。また、試合に勝利するためには、失点をしないことが非常に重要である。ゴールキーパーのカミンスキー選手は素晴らしいが、他の守備的な選手にもレベルアップを望みたい。相手に追いついてボールをはじくだけではなく、きちんと自分のボールにして、前線に供給することまでを仕事としてほしい。
 
 猛暑の中での敗戦で、磐田市内の小学生の皆様には、かえって申し訳ない結果になってしまった。しかし、柏レイソルの素晴らしいサッカーを観ることができたということでは、価値のある試合である。サッカー・ファンの増えることを期待したい。