歴史について

Hyootan Ike

Hyootan Ike

 小説、映画、テレビドラマのいずれに於いても、私は「歴史」に関するものには興味が湧かない。NHKの大河ドラマに意外と人気のあることをツイッターで知ったが、私には、それを観ることができない。ただ、そのエッセンスをツイートで伝えていただけることのみを享受している。
 私にはミステリーの好きな友人がいて、ジョセフィン・テイ「時の娘」や、岡本綺堂「半七捕物帳」、久生十蘭「顎十郎捕物帳」、多岐川恭「異郷の帆」、都筑道夫「なめくじ長屋捕物さわぎ(の一部)」などは楽しく読ませていただいた。だが、ミステリー・サスペンスの要素を欠いた歴史・時代小説を読む自信はない。映画では黒澤明監督「用心棒」「椿三十郎」に感心したが、テレビドラマの時代劇は観ることができない。
 むろん、高校では世界史と日本史を履修し、それなりの成績を収めてはきたが、それは世界史と日本史の教師が優秀であったからであって、決して私の手柄であるとは言えない。大学受験に於いても世界史や日本史は必修科目に近いと思うが、マインドスポーツとして、記憶力ゲーム(メモリースポーツ)をしているに過ぎない印象もある。「歴史上の人物名」などは、テレビのクイズ番組では格好のテーマであろうが、現代社会に於いて実務的に必要であるとは思えない。
 京都府や奈良県などにお住まいの高校生には、他の都道府県に住む高校生よりもアドバンテージがあるように思えてならない。私の修学旅行は中学も高校も「京都・奈良」であったが、それには教育的な配慮があったであろうことは、容易に推察できる。高校古文や日本史に於いて得点するには「京都・奈良」を空想せざるを得ないからだ。中等教育に、このような地理的な不公平のあることは、案外、無視されているのではないか。
 しかし「歴史」は、人文・社会科学に於いて、基礎科学的な役割を果たしているような気がしないでもない。私が日本語日本文学を学び始めたのは、ツイッターに参加して以降のことであるが、その際には高校日本史や高校倫理(日本の思想)の知識が大きな支えになった。
 そもそも歴史とは「記述されたもの」であり、言語や文字、文学などを考える際には、地理と歴史の基礎知識があると、いろいろと理解しやすい。高校生が進学した大学で学ぶことになる人文・社会科学(法学、経済学など)に於いては、近現代史の教養が不可欠であることは言うまでもない。いや、自然科学に於いても学説史を学んでおくことは、大きな支えになるであろう。数学史や科学史を知ることが、数学や自然科学そのものを理解することにつながるように思う。
 時系列という絶対的な基準には、高校物理でいう「不可逆性」のような非情さがあって、余計なことを悩むことなく切り捨てられる爽快さがある。歴史の勉強には年号(西暦)があるから、秩序立てて整理することが可能になるし、事象の因果関係も把握することができる。年号による整理がなければ、歴史の勉強は混沌としたものになることであろう。
 たかだか四桁の数字を覚えることによって、世界を解明する糸口が見つかるのだよ、高校生諸君。

評論について

Jungle Crow

Jungle Crow

 

「(個人名)ちゃん、ダメダメ!眼を合わしちゃダメだよ」
tweeted on 1 Feb 2014

 ある「歌人」が俳句について「評論」を書いた。ところが、その文章には多くの作品や作家名の引用ミスがあった。短歌や俳句の作品は、ひとつの文字の選択にも神経を使う繊細な文芸作品である。それに気付いた「俳人」たちがツイートを発信し始めた。上記に掲げたツイートは、それらがツイートされている状況を見て「歌人」の味方らしきアカウントから発信されたツイートである。私は、このツイートの「眼を合わしちゃダメ」という言葉に強い印象を受けた。相手の人権を無視した言葉のように思えたからである。
 後日、ある方が「非論理的な感情論の援軍がどこからかくっついてきて」とツイートされていたが、その指摘は正鵠を射ている。アンフェアな文章になることを避けるために告白しておくと、私も以前「俳人」から集団でエアリプの誹謗中傷を受けた経験( @hitsujisaka さんと『彼方からの手紙』 )があり、当時、ある方に助けていただいた事情がある。その時の恩義は現在も忘れがたい。
 早速、私も件の文章を拝読してみた。結論から申しあげると、これは先ず「評論文」として読めるものであるかどうか、というところが論点になると思った。私は評論を書かないが、評論を読むのは好きで、短歌や俳句についても良い評論集を御紹介していただきたい者である。件の文章は「歌人」の方が御自身の勉強成果をまとめられたノートという印象で、少しでも俳句を勉強したことのある方なら既知のことが多く述べられている。時評を標榜しているが、平成10年の文献からの引用などもあり、平成26年の現在においては、まだまだ取材や整理のできる内容ではないかとも感じた。
 この文章には「新しい若い層の獲得」や「若年層の取り込み」「初心者一般の取り込み」という強い言葉があり、文章のベクトルとしては企画や戦略の文書に近いように思えた。企業内部(結社、版元など)では許される文言であろうが、顧客(読者、学生など)も目にする文章としては如何なものであろうか。結社や版元が勢力の拡大に努めるのは当然とも思えるが、読者や学生の中には疎ましく感じる方もいらっしゃると思う。宣伝や勧誘の文章だとしても、それを評論文と呼ぶことは難しい。
「歌人」は「評論には評論を」とエアリプして執筆者としての姿勢を保持していたようであるが、そもそもツイッターで自分の長文を宣伝した以上、ツイートにはツイートで応ずるべきであろう。無論、メンションのないツイートには応えようがないが。さらに「歌人」はツイートで「10日で書いた」「頼まれた」と「私は素人」アピールを繰り返しており、これは最悪の対応であったと思う。素人の書いた「評論」に対して、評論で応えようという玄人はいない。
 読み書きでなされるツイートの応酬には、識字はもちろんのこと、読解や表現など高度の言語能力が必要であると私は考えているが、それでも上手くこなしている方は大勢いらっしゃる。その「歌人」はアカウントに鍵をかける始末となったし、これ以上、この問題について言及することは適切ではないと考えるので筆を置くが、この私の文章について御意見等ございましたら、ツイッターの方で御願いいたします。でも、必ず、メンションは付けてくださいね。

 
トラックバックについて
このエントリは、上記文章の掲載されているエントリに対して、トラックバックを送信しておりますが、受信を承認されていない場合があります。(2014.02.05 記)