語学について 其之二

Okegayanuma

 2017年4月から「旅するイタリア語」を視聴している。
 NHK教育テレビの語学講座でユーロ圏のものは、2016年10月の編成から旅行番組のような仕様になって、私はドイツ語とフランス語を視聴した。いずれも深夜の放送なので、予約録画しておいて、食事中などに観ている。大学の授業とは異なり、試験を受けたり、成績を気にする必要もないので、気軽に楽しむことができる。なお、2017年4月からの番組は、すべて2016年10月からの番組の再放送である。
 イタリアはローマ帝国の地である。古代から現代に至るまで、ヨーロッパの政治、経済、文化において重要な地域である。高校で世界史を学ぶときにムリヤリ暗記した知識が甦り、また、モヤモヤしたまま詰め込んでいた事柄なども明確になって、イタリア語とイタリア文化を学ぶことは、受験勉強のデトックスをするような効能があるように感じている。
「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは、現地の映像が豊富で、音声もネイティヴなので、日本人の講師から教室で外国語を学習するよりも、身体に素直に響いてくる。美術、映画、料理など、イタリア文化に魅力的なものの多いことも、勉強のモチベーションになる。
 イタリア語の語彙はフランス語に似たものが多く、それは英語にも通じていて、その差分を学ぶことにより、語彙を増やすことが可能なように思う。イタリア語を新しく学ぶことはフランス語や英語を復習することでもある。

 中国語の語彙に日本語に似たものが多く、また韓国語に共通するものの多いこともまた同様の現象で、私は日本語の探究から中国語と韓国語に興味を持ち始めたのであるが、やはり差分を認識することで語彙を増やせるように思う。ただし、中国語も韓国語もリスニングが難しい。いずれの言語にも日本語にはない発音があり、その聴き分けができない。中国語には声調という要素もあり、聴き取りはかなり困難である。時々、NHK総合テレビのニュースで、中国語の音声をそのまま流してくれることがあるが、得がたい機会だと思い、聴き取りに挑戦している。
 2017年4月からは「テレビで中国語」も視聴している。こちらは「旅する◯◯◯◯語」のシリーズとは異なり日本でのスタジオ収録であるが、発音を丁寧に教えていただけるのが嬉しい。ピンイン・トレーニングなど、テレビならではのメリットをうまく活かしているように思う。

広告