ラグビー観戦記 2014.10.04 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 気象情報は台風の到来を告げていた。空は一面に厚い雲で覆われている。しかし、いまだ降雨には至らず、ラグビー観戦を楽しむには快適な気温である。
 2014 秋季練習試合 第2戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs NTTドコモレッドハリケーンズ。14:00 キックオフ。
 前半の早い時間帯から、相手陣内に深く攻め入ることができた。相手インゴール直前まで迫り、走り込んでトライする。コンヴァージョンも決まる。先制点を取ることは、精神的にも余裕を持つことになる。前半終了の頃、ラインアウトからモールで押し込み、スクラムからセンターに出してインゴールへ走り込む形でトライを決めた。前半終了時のスコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 14 – 0 NTTドコモレッドハリケーンズ。
 後半にはNTTドコモレッドハリケーンズが良いプレーを見せた。イオンギ譲選手がボールを持つと、巧みなランとパスでつなぎ、インゴールまで走り込んだ。後半半ばには、ペナルティー・キックで得たマイボール・ラインアウトからモールで押し込みトライする。さらに後半30分を過ぎて、途切れないライン攻撃を見せ、逆転のトライに成功した。ヤマハ発動機ジュビロ 14 – 17 NTTドコモレッドハリケーンズ。
 だが、ヤマハ発動機ジュビロの状態も決して悪くはない。相手陣内でフォワードがモールを押し込み前進する。押し返されても攻め込み、最後は大きくサイドチェンジするキックパスが成功して、逆転のトライを決めた。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 19 – 17 NTTドコモレッドハリケーンズ。勢力の拮抗した好試合であったと思う。

広告