料理について

Clematis

 料理とは、味覚と嗅覚、触覚、視覚により感受される芸術である。

 料理に関する知識と技能を修得することは、新たなコミュニケーションの手段を獲得することにつながる。私は、調理に関しては一年生で、生物学、化学、物理学などの知識をもとに、自分なりに調理の理論を探っている最中である。
 テレビのグルメ・料理番組、ウェブ、書籍などが主な教材であるが、なるべく多くの教材に目を通して、基本的な構造を理解するようにしている。グルメ・料理番組で現役のシェフが技術の解説をしてくれるものなどは本当に勉強になる。
 むろん実践も大切で、技能を修得するためにも様々な料理に挑戦したいところであるが、老父には介護食を、老母には高齢に配慮した料理をつくらなくてはならず、自分の興味や関心をそのまま追究できないことがもどかしくもある。
 母の日にはポトフをつくった。老母は牛肉が好きだが、胆嚢炎を患って以来、油脂の多い料理は好まない。大根、人参、セロリ、キャベツ、玉葱、白葱とともに、牛の腿肉を柔らかく煮込んだ。野菜が煮崩れて、インスタ映えするような外観ではないことが残念だ。次回は視覚的にも美しいポトフをつくりたい。野菜の煮方を工夫してみよう。
 デイサービスやショートステイで老父の食事介助から解放される日には、老母の希望で寿司を食べに行くこともある。家庭では食材の調達や調理が困難なものについては、美味しいものの食べられる店を探しておくことも必要だ。東京には良い飲食店が多くて羨ましい。また、東京に行きたいと老母は言う。

 孵化したばかりの鈴虫の幼虫が茄子を食べている。彼らのために茄子を切ることは、彼らの味覚への贈り物であると空想している。数ヶ月後、彼らは私の聴覚に返礼をくれる。

広告