コハクチョウ 其之六

Bewick's Swan

Bewick’s Swan

 もう、いないであろうことは予想がついていたが、コハクチョウ(小白鳥)の塒のある池に行ってみることにした。二月も半ばを過ぎた土曜日の未明のことである。
 冬の装備をして自動車で出かけた。一日で最も寒い時間帯ではあるが、それほどの冷気も感じない。駐車場には一台の自動車もなかった。コハクチョウの滞在している期間にはカメラマンの方がいらっしゃる場所なので、やはりコハクチョウは北へ帰ったのであろう。誰もいない道を奥へ歩くことにした。
 コハクチョウがいないとはいえ、まだ冬鳥は残っている。桿体細胞を充分に働かせながら、暗闇に等しいような林の中の道に入ってゆく。私は、この池の周囲の地理を知悉しているので、方向と距離の感覚だけで歩いても不安はない。クイナであろうか、高く鳴く声が聞こえると、気持も落ち着いてきた。コハクチョウの塒のあるあたりまで到達するが、水面は静謐を保っている。
 池には森がせまっており、水辺にも高木が林立しているので、池の周囲を巡る道は暗い。私の気配に気づいたのか、飛び立つカモ類がいる。おそらくはマガモであろうが、まだ周囲が暗いので種を同定することはできない。暗い水面に降りてくる鳥たちもいるが、白い波紋が目立つばかりで、その姿を見ることはできない。墨色の濃淡のみの世界である。
 日の出の時刻が近づいてくると、周囲も明るさを増して、鳥影も視覚でとらえられるようになる。それまで静謐であった池に、着水するカモ類が多くなってきた。双眼鏡で確認してみると、マガモ、ヨシガモである。まだ、かなりの数が残っているようだ。
 早朝に未踏の道を歩くことの楽しみは、小鳥たちに出会えることだ。飛ぶ影を追うと、樹木の枝にカシラダカを見つけた。私が進もうとする道の数歩先にクロジがいる。シロハラの声が聞こえて振り返る。

 そう、ここへ来ようと思いつくことができたのは、シロハラが拙宅の庭に来訪するようになったからである。冬も終わりとなる今頃が、最も食物の少ない時期なのであろう。普段は見付天神の森の林床まで出かけなければ見ることのできないシロハラが、拙宅の庭に来ていることを老母が発見した。
 冬の間、老夫婦の慰めとなるように、私は庭に野鳥を呼ぶような試みをしている。老母は頭脳が明晰で、私が教える野鳥の名前をよく覚えた。昨年の十月末頃から、ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロなど、美しい小鳥たちを観賞しては喜んでいる。スズメ、キジバト、ヒヨドリなど、冬は庭に多くの野鳥が訪れる。日射しの明るい庭に、野鳥たちの憩う姿は愛らしい。

 今季は野鳥が多い。私は直接には観察していないが、カナダヅルとナベヅルが近隣の田圃に飛来したという話も聞いた。鳥類が私たちの町を訪れてくれることは、本当にありがたいことだ。老夫婦は、もう、他の土地へ行くことなどできないのであるから。
 周囲が明るくなると、錐体細胞を働かせることもできる。コガモの鮮やかな色彩を楽しんだ。沿道のハンノキ越しに高い空を見あげる。ホオジロの囀りを聞きながら帰路に着いた。

 追記 写真は 2014.12 の観察の際に撮影したものです。
     2015.04 上旬。拙宅の庭にてアオジを確認しました。

広告

ラグビー観戦記 2015.02.01 秩父宮ラグビー場

Chichibunomiya Rugby Stadium

Chichibunomiya Rugby Stadium

 真冬の快晴である。静岡から東京へ向かう道中では富士山がきれいに見えた。白い冠雪が美しい。
2014 – 2015 トップリーグ プレーオフトーナメント LIXIL CUP 2015 ファイナル。ヤマハ発動機ジュビロ vs パナソニック ワイルドナイツ。レフリーは麻生彰久さん。
 パナソニック ワイルドナイツのキックオフで試合が始まる。自陣内でのファーストスクラムでヤマハ発動機ジュビロはコラプシングの反則を犯してしまう。ベリック・バーンズ選手のショットはポールに当たりながらも中へ入った。
 ヤマハ発動機ジュビロも敵陣内でペナルティー・キックのチャンスを得るが、五郎丸歩選手はショットを狙わずタッチキックでゲインする。マイボール・ラインアウトからモールで押し込むかたちを繰り返し、トライを得る。コンバージョンも決まってスコアはヤマハ発動機ジュビロ 7 – 3 パナソニック ワイルドナイツ。
 パナソニック ワイルドナイツは選手が活き活きとしている。ベリック・バーンズ選手のキックパスに霜村誠一選手と北川智規選手が反応してトライ。山田章仁選手の動きも良く、積極的なランとキックでゲインし、最後はベリック・バーンズ選手がインゴールでボールを押さえてトライ。さらに山田章仁選手の、加速から手渡しのパスを受け、相手をかわしてのトライもあり、スコアはヤマハ発動機ジュビロ 7 – 20 パナソニック ワイルドナイツ。
 ヤマハ発動機ジュビロも攻め上がり、中園真司選手のトライを得るが、難しい角度のコンバージョンが入らない。その後、すぐにパナソニック ワイルドナイツに攻め込まれ、ペナルティーからベリック・バーンズ選手のショットを許してしまう。これもまたポールに当たってのゴールで、スコアはヤマハ発動機ジュビロ 12 – 23 パナソニック ワイルドナイツ。前半を終了する。
 後半。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣内で攻撃を仕掛けるが、パスがつながらない。大試合の緊張感もあるのかも知れないが、ハンドリングがうまくできていない。総じてヤマハ発動機ジュビロの選手たちの動きは硬い。大田尾竜彦選手のキックでも局面を打開することができず、フォワードの前進もパナソニック ワイルドナイツの堅い守備に跳ね返されてしまう。
 パナソニック ワイルドナイツは、敵陣内でボールを保持してゆっくりとフェイズを重ねてゆく。前半に獲得したスコアが活きている。後半36分、JP・ピーターセン選手からボールを受けた北川智規選手が素晴らしいランを見せて、勝利を確実にするトライを奪った。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 12 – 30 パナソニック ワイルドナイツ。
 関東の寒気。球技場の芝生。ヤマハスタジアムとは異なる環境の中で、ヤマハ発動機ジュビロの選手たちは得意のスクラムを押すことができなかった。秩父宮ラグビー場周辺の賑わいを味わい、帰途に着いた。