ラグビー観戦記 2017.06.24 大久保グラウンド

Okubo Ground

 降雨前の曇り空。ときおり涼しい風が吹いた。
 2017 春季オープン戦 第5戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ。13:00 キックオフ。

 前半開始早々。豊田自動織機シャトルズはヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを左端から切り裂きトライ。難しい角度のコンヴァージョンも決めて先制する。その後も、豊田自動織機シャトルズがヤマハ発動機ジュビロ陣内でボールを支配し、攻撃する時間が続く。
 前半終了の頃、豊田自動織機シャトルズに再びトライが生まれた。コンヴァージョンも決めて14点差とするが、その直後にヤマハ発動機ジュビロは、敵陣深い地点で得たスクラムを押し込んでトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手がコンヴァージョンを決める。さらに相手の裏を突くキックを追いかけて、インゴール中央でグラウンディング。コンヴァージョンの成功とともに前半を終了する。ヤマハ発動機ジュビロ 14-14 豊田自動織機シャトルズ。

 後半5分。ヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティーを得て、タッチキックでマイボール・ラインアウト。モールを崩された後もボールを運び、インゴール中央にトライ。マット・マッガーン選手が難なくコンヴァージョンを決める。
 後半10分過ぎ、豊田自動織機シャトルズはボールキャリアーが機能してトライ。試合再開のキックオフで、相手キャッチングに対してヤマハ発動機ジュビロの宮澤正利選手が好タックル。ヤマハ発動機ジュビロは、そのまま敵陣でボールを支配してインゴールへ。コンヴァージョンも決めて点差を拡げる。
 ウォーターブレイク直後、ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でのラインアウトから展開してインゴール中央にトライ。清原祥選手がコンヴァージョンを決める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロは、前方へのキックを相手に拾われてカウンター攻撃を受け、トライを許す。コンヴァージョンも決まり、豊田自動織機シャトルズが点差を詰める。
 後半終了間際、ヤマハ発動機ジュビロはラインアウトからモールで押し込みトライ。難しい角度と思われたがコンヴァージョンも決まった。最終スコアは、発動機ジュビロ 42-26 豊田自動織機シャトルズ。

 豊田自動織機シャトルズには闘志を感じた。ヤマハ発動機ジュビロには点を取りきる強さがあった。
 

広告

ラグビー観戦記 2017.06.10 大久保グラウンド

Okubo Ground

 最近の週末は快晴の日が続いている。軽い昼食の後、球技場まで自動車を走らせた。
 2017 春季オープン戦 第3戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 三菱重工相模原ダイナボアーズ。13:00 キックオフ。
 試合前に時間があったので、公開されているクラブハウスの一部を見学させていただいた。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは、ボールを保持し、敵陣でプレーを継続する。得点に至ったのはウォーターブレイクの頃、敵陣深いところで攻め続け、インゴール中央で池町信哉選手がトライ。マット・マッガーン選手がコンヴァージョンを決める。その後もヤマハ発動機ジュビロの優位は続き、マット・マッガーン選手による相手の裏側へ蹴りだして自ら捕球するプレーが功を奏し、加点する。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 14 – 0 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 後半は、三菱重工相模原ダイナボアーズが意地を見せた。ヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを切って攻めあがり、最後はインゴール直前のラインアウトから攻撃して、ロックの村上崇選手がトライ。ハミッシュ・ガード選手のコンヴァージョンも決まり、7点を返す。その後、ヤマハ発動機ジュビロも反撃に転じ、敵陣深いところでのスクラムから右に展開して、インゴール右隅にトライを決める。
 後半も半ばを過ぎて、三菱重工相模原ダイナボアーズが敵陣で相手を圧倒する時間が長くなる。ラインアウトから展開して、リシュケシュ・ペンゼ選手がトライ。コンヴァージョンも決まって点差を詰める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロの反撃も素晴らしく、ラインアウトからのドライヴィング・モールをインゴールまで押し込み、加点して突き放す。その後、さらに敵陣深いところでのスクラムがあり、加点して終わりたいところであったが、三菱重工相模原ダイナボアーズの押し返しにより、決めることができなかった。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 24 – 14 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 三菱重工相模原ダイナボアーズでは、元ヤマハ発動機ジュビロのトーマス優デーリックデニイ選手がキャプテンを務めている。今季から新設されたトップチャレンジリーグでの活躍に期待したい。