スズムシ 其之十三

suzumushi female

 スズムシの成虫になる時期は、雄が早く、雌が遅い。七月の下旬頃には雄ばかりであったものが、八月の下旬になると雌ばかりが成虫になる。
 孵化したての初齢幼虫の段階では性徴が見えず、雌雄の判別が不可能であるので、卵のうちから性別が決まっているのか、孵化の時期で性別が決まるのか、あるいは初齢幼虫から終齢幼虫に至る間に性別が決まるのか、個体群密度や温度、照度などの生育条件によって性別が決まるのか、判然としない。
 時間があれば調べてみたいものだが、現時点で可能な作業は文献研究にとどまる。自宅では比較観察できるほどの空間も時間もない。

 老母は炊事をしなくなり、私が食事の準備や後片付けをしている間を、読書やテレビ鑑賞で過ごしている。自分の食べたいものもあるだろうからと、夕食は老母の選択に任せているのだが、簡単な料理すらしていないこともある。セブンイレブンの惣菜の容器が洗い場に置いてある。
 私は、料理の勉強に励んでいる。最近になって、漸く自分なりの料理の理論が見え始めてきた。栄養学、食品学、調理学の三分野に知識を整理し、食品学では食材の選び方を、調理学では切り方や煮方、焼き方などを学んでいる。技能は経験を積むことでしか身に付かない。特に夏季は青果の傷みが早いので、食材の購入や保存について考える良い機会になった。
 安全と衛生は調理の前提である。刃物を使い、熱源を使うので、切傷や火傷を負わないように注意
することが重要課題である。幸い私はまだ怪我をしたことはないが、ひやりとした経験がないわけでもない。油が撥ねて目に飛び込んできたときは本当に驚いた。火事を出さないように、コンロを使っている間は、キッチンから離れない。
 酸性とアルカリ性の粉末や溶液を用意し、中性洗剤とともに使っている。酸性はクエン酸、アルカリ性は重曹、セスキ、酸素系漂白剤などだ。キッチンは清潔を心がけ、シンクには水を残さないようにしている。食品を扱う際、衛生に注意すべきことは、飲食業も家事もかわりない。

 スズムシを飼育した経験が、料理の修得にも通じている。安全と衛生に留意し、食事の質や量、時間などについて、観察しながら対応する。思いやりの心さえあれば、なんとかできるようになるものだ。

広告