ラグビー観戦記 2018.10.06 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 快晴のラグビー日和である。午前中に家事を片付け、正午過ぎにヤマハスタジアムへ向かった。歩いて気持ちの良い青空である。

 2018 – 2019 ジャパンラグビー トップリーグ 第5節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 東芝ブレイブルーパス。17:00 キックオフ。レフリーはグレン・ジャクソンさん。

 前半。東芝ブレイブルーパスに先制を許したものの、ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でゲームを進めることができている。フォワードが機能して同点、クワッガ・スミス選手が前進し、ゲリー・ラブスカフニ選手がトライして逆転、五郎丸歩選手のペナルティ・ゴールで加点し、前半終了時のスコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 15-7 東芝ブレイブルーパス。

 後半。東芝ブレイブルーパスはバックスが良い。パスの連携が綺麗で見応えがあったが、ヤマハ発動機ジュビロもまた、相手をとらえて見事な守備を見せた。ヤマハ発動機ジュビロはキックでエリアをとり、フォワードがスクラムで押し込むという理想的な展開で加点する。更に敵陣でゲームを進め、矢富勇毅選手の前進から吉沢文洋選手がトライ。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 27-7 東芝ブレイブルーパス。

 選手の負傷には心が痛むが、ラグビーのゲーム自体は、物理学や数学を考える教材ともなり、楽しいものだ。放物線と二次関数など、ラグビーに例えると解り易いものも多い。速度、時間、距離の関係。古典力学に於ける運動の法則など、ラグビーを教材とした教育の可能性は広いのではないか。

 ラグビーの面白さは相手をかわすことにある。相手の守備陣をくぐり抜けてステップを踏む様子は、スペクタクルとして鑑賞しやすく、爽快である。タックルで相手の進撃をとめることは、相手に自分の身体をぶつけることではない。バインドして相手の動きを封じ、ボールを奪取することが目的だ。危険なプレーは醜悪でしかない。美しいラグビーを観たい。

 エコパスタジアムや遠州灘海浜公園球技場まで出かける余裕はないが、徒歩圏内にあるヤマハスタジアムであれば短時間で帰って来られる。老母に心配や不安を感じさせることもなさそうだ。

広告