スズムシ 其之十一

suzumushi

 今年のスズムシも成虫になった。

 昨年は頭数が少なかったため、秋季の産卵場の管理から慎重に取り組んだ。双眼実体顕微鏡を導入し、産まれたばかりの卵を蝕むカビを、ピンセットで丁寧に取り除いた。
 産卵場には、どうしても成虫の糞が入り込むが、その糞には栄養があり水分も豊富なため、産卵直後からカビが発生する。カビの胞子の侵入を防ぐことは難しいので、糞に付着して成長したものを双眼実体顕微鏡で見ながらピンセットで取り除くことで対処している。それでも細かく砕けた糞のかけらまでをすべて拾いあげることは困難で、ある程度のカビの発生はやむを得ない。
 産卵場のマットには赤玉土を用いた。無機質のマットであればカビも成長しづらい。カビを予防するため、冬季は乾燥させてガラス製の産卵場のまま保管し、三月から加湿するタイミングを探った。
 今年も昨年に続いて春季の気温が低かった。四月に降雨の日が続いた後、本格的に加湿を始めたが、そのときも双眼実体顕微鏡での観察を続けた。ダニの発生がスズムシの卵の成育よりも早いことに気づいたのは、この観察の成果である。ダニが産卵場内部で動き回ることにより、カビの胞子が広まるのかも知れない。カビとともにダニもまたピンセットで丁寧に取り除いた。
 孵化が始まったのは五月下旬で、六月には梅雨の影響で気温が低下してきたため、孵化する機会は短期間しかなかった。スズムシの卵をプラスチック製の孵化場に移し、コピー用紙を細長く短冊状に切ったものの手元を少し折って工具とし、孵化した初齢幼虫を孵化場から掬いあげる。
 孵化場から掬いあげた初齢幼虫は初齢幼虫舎に移す。初齢幼虫舎のマットは赤玉土を水で湿らせたもので、給餌にはナスを切って入れておく。マットに加湿するとカビの発生するリスクが高まるが、初齢幼虫はマットに含まれた水分も摂取するので、マットを乾燥させるわけにはゆかない。
 幼虫が大きくなってきたら、成虫になるまでを過ごすメインの幼虫舎に移す。幼虫舎のマットは乾燥させたままでも良い。給餌にはナスの他に蛋白質のものを追加する。幼虫舎には経木を立て、幼虫の脱皮を促すとともに、個体群密度が適切に保たれているかを観察する。個体群密度が高いようであれば、経木を増やしたり、複数の幼虫舎間で個体を移したりして調整する。
 初齢幼虫舎と幼虫舎にはプラスチックのケースを利用するが、これには様々なサイズがある。初齢幼虫舎には最小サイズ、幼虫舎には大きめのサイズを準備するが、作業しやすいものを選ぶことが賢明である。産卵場、孵化場、初齢幼虫舎、幼虫舎すべてに言えることだが、複数を同時に進行させることが、全滅を防ぐための方策となる。
 成虫舎にはLサイズのネットゲージを準備している。マットには乾燥したミズゴケを敷き、加湿した産卵場を中央に置いて、ミズゴケを立体的に配置して雌が産卵場まで上れるようにしておく。スズムシの雌は湿った場所に産卵管を刺して卵を産みつけるのである。

 夏季から秋季までスズムシは鳴き続ける。

広告

コハクチョウ 其之八

Bewick's Swan

Bewick’s Swan

 今季のコハクチョウは12月の初旬に鶴ヶ池へ飛来した。

 私は12月に上京する予定があったので、すぐに観察へ行くことは控えた。老母を恵比寿へ連れて行くためである。恵比寿は老母が私を産み育てた街だ。広尾病院で産まれた私は、4歳2ヶ月までを恵比寿で過ごした。幼い頃に遊んだ公園と、アパートとを行き来した小路がまだ残っているので、そこを老母に歩かせたかったのである。
 認知症で要介護度3の老父をショートステイに預け、老母の青春の地とも言える場所を歩いた。恵比寿では大規模な再開発がなされたが、老父と老母が新婚生活を過ごした周辺は、道路などに大きな変更もなく、するすると老母は歩きまわり、私にいろいろと教えてくれるのであった。私も上京した際、老母に土産話ができるよう、恵比寿に寄るようにはしていたのだが、公園と小路くらいしか確かな記憶はなかった。
 老母は、この旅行を楽しみにしていた。老父をショートステイに預け始めたのも、この旅行を実現させるための準備である。ケアマネージャーさんも東京暮らしを経験された方で、旅行の実現を助けていただいた。旅行の日まで、体調を崩さないようにと、寒いときの外出を控える老母を見て、私も野鳥観察を控えたのである。そんなことで風邪をひくような身体ではないのだが、老母の気持に寄り添うことにしたのだ。
 老父もショートステイに慣れたようで、平穏に時は過ぎて、旅行も無事に終えることができた。年始には親族と会うことが多くなるが、老母は嬉嬉として東京に旅行した話をするのであった。親族には、東京暮らしを知る者もいれば、知らない者もいる。だが、日常、老母が老父の介護をしていることを知らないものはいないので、皆、老母の旅行を喜んでくれた。

 コハクチョウは大晦日には姿を消していた。今季は鳥インフルエンザのリスクもあったので、その朝、私は鶴ヶ池の周囲を二度まわった。さいわい死骸を見ることもなく、他の越冬地に移動したのではないかという結論に達した。
 
追記 写真は 2016.12 の観察の際に撮影したものです。

冬鳥

Okegayanuma

Okegayanuma

 今年も冬鳥の季節になった。
 天気の良い日曜日の朝は、野鳥観察に出かけている。代表的な冬鳥であるカモ類は、行く度に数を増している。小鳥類も愛らしく、その声を聴き、姿を探すことが楽しみである。
 森の中の小道を歩いていると、キタキチョウが舞っている。気温は20度ほどで、まだ昆虫類も元気である。スズメバチやアシナガバチも盛んに翔んでいる。枯葉を落し始めた広葉樹林では、陽光が射し込んで、常緑樹の葉を照らしている。

 老父の要介護度が3になった。老父は認知症を患っており、日常の生活は老母による介護なしにはできない。在宅介護であるが、デイサービスやショートステイを利用して、老母の負担を軽減している。老父を施設へ預けている間に、私が自動車の運転手となって、生活必需品などの買物などを済ませている。要介護度があがり施設の利用料は増額された。
 自動車社会化と高齢化の問題は、地方に住む人間にとって、回避することのできない切実なものである。地方では電車やバスなどの公共交通機関に乏しく、食料品の調達や医療機関への送迎など、生活の基本的な部分で自家用車が必要になる。私のように下の世代の同居している家庭では、若い世代が運転手を務めることもできるが、単身者や御夫婦のみの高齢者世帯では、交通事故のリスクを負いながらも、高齢者自身が自動車の運転をやめられないでいる。
 地方在住者は自動車の運転免許証を贅沢で保有しているわけではない。普通自動車の運転免許証がなければ就職はできない。例え自家用車を保有しなくとも、社用車の運転ができなくては困る。デスクワークが中心のホワイトカラーでも、官公庁、金融機関、得意先などへ行くために、社用車を運転しなければならない。従業員の自家用車を借り上げて、社用車として使用している企業もある。
 老父は数回の物損事故を起こして運転免許証を返納した。老母は元より運転免許証を取得することがなかった。私たちの世代では、女性でも自動車を運転することが普通である。自動車産業の栄えた土地ということもあるせいか、自家用車の保有は当り前のようになっている。その当り前であることを前提としてか、次第にバスの運行本数は減り、自動車がなければ不便な土地になってしまった。
 この地域は、浜岡原子力発電所の緊急時防護措置準備区域( Urgent Protective action planning Zone )であるが、その避難計画でも自家用車の保有が前提となっている。私の場合は、老親を連れて石川県まで避難することになっている。自家用車のない住民はバスで避難するとのことであるが、避難時の渋滞が懸念される。

 野鳥を観察するための機材であるフィールドスコープや三脚を運搬し、自然の豊かな場所に移動するために、自家用車を利用してはいるが、それは副産物のようなものだ。野鳥を観察する場所には自宅から歩いてゆくこともできる。自動車が必要不可欠というものでもない。
 そう思うと少しは気分が軽くなる。タヒバリを観察して、帰路に着いた。

スズムシ 其之十

suzumushi

suzumushi

 今年のスズムシも成虫になった。
 しかし、油断していると足元をすくわれるものである。今年の手元に育てているスズムシは、24頭のみである。何百頭も育てていた昨年までとは、あまりにも違う数値だ。自然は指数的に変化するものであるとは理解していたが、実際に直面すると衝撃は大きいものである。

 今年は三月、四月、五月と、気温上昇の感じられない日々が多かった。やはり生命活動を考える際には、温度は不可欠な要素である。昆虫の孵化に関しては、土壌の温度を第一に考えなければならない。
 昨年は産卵場のマットに、それまで実績のあった赤玉土を用意できず、植物性(ヤシの仲間だと思う)のものを採用した。ところが三月以降になって、これらに水分を与えると、シロカビばかりが繁殖して、肝心のスズムシの卵は栄養を摂られるものとなってしまった。今年は早めに赤玉土を入手して産卵場の構築に備えている。

 何年かの成功を経て、私自身にも慢心があったのだと思う。スズムシを飼育することは、植物の、特に一年草を育てることと同じである。昨年までの成功が、今年の成功を保証するものではない。
 とりあえず成虫の雄は現れてくれた。あとは成虫の雌が現れて、産卵してくれることを祈るばかりである。

カブトムシ 其之四

Japanese rhinoceros beetle

Japanese rhinoceros beetle

 二十頭のカブトムシが羽化した。雄が十頭、雌が十頭である。

 今年は春に五十五頭の三齢幼虫を森へ返した。その際に雄と雌との選別を行ない、なるべく雌雄同数になるように拙宅に残した。森へ返したのは、明らかに雄である三齢幼虫と、自分では判別することのできなかったもののうち、体重の低いものである。明らかに雄あるいは雌であるもの五頭ずつと、判別できないもののうち体重の重いもの十頭の、合計二十頭を拙宅で蛹化させた。

 私は、昆虫飼育に関しては初心者に近い経歴の者であり、三齢幼虫の雌雄鑑別に関しては、ウェブにあげられている方法を検索しながら、なおかつ自分のアタマで考えながらの、初めての作業であった。昨年までは、とにかく体重の重いものを残すという方法で、すべて雄ばかりという結果になっていたが、今年は可愛い女の子たちが十頭も羽化してくれた。
 カブトムシの飼育において、雌雄鑑別は課題のひとつであるが、それをクリアすることができた。昨年までは、繁殖のために森から野生の雌を捕獲していたのであるが、今年からは拙宅での完全養殖が可能になる。

 昼の間は腐葉土の中でおとなしく眠っているが、夜になるとクヌギの葉をかき分ける音や翅をふるわせる音で喧しい。卵を採取することができれば、彼らもまた森へ放つつもりである。森には、カブトムシを捕獲するためだけに来る方もいらっしゃるので、私のようにカブトムシを増やして放つ者がいてもいいだろう。

 ヒマワリも重い種を宿して垂れている。夏は大きく生命の環の動く季節である。

ツマグロヒョウモン

Indian Fritillary

Indian Fritillary

 ささやかな家庭菜園は、老母がいくつかのプランターを並べたもので、その一番外側には、ニラが植えられている。ムシを寄せつけないから、という理由らしいが、そのニラに「ムシのようなもの」が混じっていると、老母が言う。
 それはニラの葉に付着した小さな蛹で、色が濃く、頭部の方に金属的な突起が輝いている。「たぶん蝶の蛹だよ。羽化するまで待ってみよう」と老母に告げ、私はニラの葉ごと蛹を自室へ持ち帰った。
 プラスチック製のカップの、蓋の裏にセロテープでニラの葉をはりつけた。直径 150mm 深さ 80mm ほどの透明なカップである。蛹は、尾から出ている白い糸でニラの葉にぶらさがっている。羽化したらすぐ判るよう、玄関先に置くことにした。

 五月の第二日曜日、午前中に蝶は羽化した。昼食後、老母に「母の日の贈り物に蝶をあげるよ」と言って、プラスチック製のカップのまま手渡した。鮮やかなオレンジ色に老母は見覚えがあるといい、素直に喜んでくれた。ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)の雌である。いずれは戸外に放すことを、その場で約束したが、まだ羽化したばかりであり、しばらくは家に置くことにした。
 
 月曜日の早朝に起床した私は、早速、ツマグロヒョウモンの食事づくりを試みた。小さなゼリーの空容器をつかい、ぬるま湯で砂糖を飽和状態になるまで溶き、医療用の丸いコットンに滲みこませて、吸蜜できるような状態にする。プラスチック製のカップの蓋を開け、蝶の脚に私の指をさしのべて伝わせ、砂糖水へと導く。脚が容器にかかると、ツマグロヒョウモンは吸蜜管を伸ばして、砂糖水の滲みた丸いコットンを探っている。
 まだ飛ぶ気がないのか、私の指から移動しようとしない。机の上にも置いてみたが、飛び立つことはなかった。ただ羽だけをゆっくりと動かしている。

 それから数日は空模様が優れなかった。雨の朝、窓から射しこむ光を受けてツマグロヒョウモンが飛び立った。雨の音の聴こえる中、部屋の窓辺で、しばらくは好きなように飛ばせておいた。雨の中へ放すことはしない。
 私が面倒を見られない間は、砂糖水のコットンとともにプラスチック製のカップの中にいる。狭い空間の中で移動するためか、羽の下部の縁が少し欠けている。脆い羽である。広い空間へ飛ばせてやりたい気持は募るが、荒天に打ちのめされてしまったり、外敵に捕食されてしまうのも辛い。飼育には、その動物を過酷な状況から保護するという意味もある。

 週の後半には、なんとか快晴の天気になった。老母に蝶を放すことを告げ、庭に咲く背の高いシュンギクの花の上に、私の指からツマグロヒョウモンを移動させた。彼女は飛び立つことをせず、私の出かける時間になった。帰宅したとき、彼女の姿は、その場になかった。

 週末、老母から「ワタシの蝶がいたわよ」と告げられた。羽の下部の縁が欠けているから間違いないという。母の日の贈り物であるから、ツマグロヒョウモンは母の愛玩動物ということになる。
 ビオラの花が、まだ拙宅には残っていて、その近辺にツマグロヒョウモンが飛んでいるらしい。ツマグロヒョウモンの食草はスミレ類である。これまでもツマグロヒョウモンは拙宅で産卵し、孵化し、成長していたのであろう。以前、蝶を呼ぶために、自宅の庭に食草や吸蜜植物を植えている方の話を聞いたことがあるが、拙宅でも知らないうちに蝶を呼んでいたということになる。
 私も、その愛らしい姿を観察することができた。これからもまた蝶の訪れてくれる庭にしたいと考えている。

チュウシャクシギ

Whimbrel

Whimbrel

 朝食時には、すでに明るい日差しが庭を照らしていた。
 珈琲をボトルに入れ、フィールドスコープと双眼鏡を持って家を出る。この季節には旅鳥であるシギやチドリが観察できる。干潟へと自動車を走らせた。

 強い海風の中をツバメが飛翔している。イソシギが近い場所にいた。セッカの鳴く声を聴きながら、干潟を俯瞰し、動くものの影を探す。双眼鏡で確認する。重い三脚を立てフィールドスコープを備え付ける。海風に倒れないよう、三脚は重いものが望ましい。
 ハマシギの群れがいるようだ。すでに夏羽で、腹部が黒い。その他にも小さなシギやチドリの姿が見える。キアシシギ、メダイチドリ、キョウジョシギ(京女鷸)、コチドリ。シギやチドリの類には保護色で小さいものが多く、観察することが困難ではあるが、その動きなどで種の同定が可能になる。ハマシギは群れで飛翔することに特徴がある。
 チュウシャクシギ(中杓鷸)は、比較的、大きいシギで、その姿は優美であり、シギやチドリの仲間としては判りやすい種であるように思う。鳴き声がしたので探していたら、数羽のチュウシャクシギが餌を啄ばんでいた。
 海風に吹かれながら、ボトルの珈琲を飲む。シギやチドリの他にも、ウミネコやカワウ、カルガモの姿が確認できた。中州には草木が生い茂っており、キジの鳴く声が聴こえる。ただ、その姿を探しても、丈の伸びた草の中に隠れていて観えない。コジュケイの声が遠くで聴こえる。近くではホオジロが囀っている。

 熊本と大分で大きな地震があり、由布市に住む私の友人も被害を受けた。地震の活発化した21世紀にあって、なお20世紀半ばに構想された原子力政策が、慣性の法則から逃れられないかのように静止されないでいる。この干潟もまた緊急時防護措置準備区域( Urgent Protective action Planning Zone )にあり、将来は、訪れることのできない土地になることも考えられる。
 目をつぶり、からだ全体で海風にあたりながら、ボトルの珈琲を飲み干す。帰路に着く。