料理について

Clematis

 料理とは、味覚と嗅覚、触覚により感受される芸術である。

 料理に関する知識と技能を修得することは、新たなコミュニケーションの手段を獲得することにつながる。私は、調理に関しては一年生で、生物学、化学、物理学などの知識をもとに、自分なりに調理の理論を探っている最中である。
 テレビのグルメ・料理番組、ウェブ、書籍などが主な教材であるが、なるべく多くの教材に目を通して、基本的な構造を理解するようにしている。グルメ・料理番組で現役のシェフが技術の解説をしてくれるものなどは本当に勉強になる。
 むろん実践も大切で、技能を修得するためにも様々な料理に挑戦したいところであるが、老父には介護食を、老母には高齢に配慮した料理をつくらなくてはならず、自分の興味や関心をそのまま追究できないことがもどかしくもある。
 母の日にはポトフをつくった。老母は牛肉が好きだが、胆嚢炎を患って以来、油脂の多い料理は好まない。大根、人参、セロリ、キャベツ、玉葱、白葱とともに、牛の腿肉を柔らかく煮込んだ。野菜が煮崩れて、インスタ映えするような外観ではないことが残念だ。次回は視覚的にも美しいポトフをつくりたい。野菜の煮方を工夫してみよう。
 デイサービスやショートステイで老父の食事介助から解放される日には、老母の希望で寿司を食べに行くこともある。家庭では食材の調達や調理が困難なものについては、美味しいものの食べられる店を探しておくことも必要だ。東京には良い飲食店が多くて羨ましい。また、東京に行きたいと老母は言う。

 孵化したばかりの鈴虫の幼虫が茄子を食べている。彼らのために茄子を切ることは、彼らの味覚への贈り物であると空想している。数ヶ月後、彼らは私の聴覚に返礼をくれる。

広告

対話と提案

oriental false hawksbeard

 家庭料理の幸せは、かならず「食べる人」のいてくれることにある。

「なにか食べたいものある?」と老母に訊く。そのときには、すでに自分の提案できる献立を胸中に秘めている。対話を試みて、相手に考えのないようであれば、自ら献立を提案する。
 自分の提案できる献立は、当然のことながら自分のつくれる料理の範疇にしかない。料理のレパートリーをひろげておくことは重要である。自前の献立を強要するのではなく、家族が好きな料理を選べるように、選択肢をできるだけ増やしておかなければならない。
 和食、中華、洋食。様々な食材や調味料に関する知識や調理技法の修得など、学習しなければならないことは多い。特に調理の段取りや手順については暗記しておく必要がある。調理中は両手が塞がっているし、火にかけたものからは目を離すことができない。複数の工程を同時に進行させたり、瞬時に判断して行動しなければならないことも多い。
「クッキング基本大百科」集英社 2001 という書籍が、老母の本棚にある。発売当時、母の日に私がプレゼントしたものであるが、現在は私の教科書となっている。テレビのグルメ・料理番組も録画して勉強させていただいている。

 老父は認知症を患っており、まともな会話はできない。
 それでも観察していれば、なにがしか理解できるようになる。現在は介護食で、ハンドブレンダーで御飯をなめらかに潰したり、味噌汁にとろみを加えたりして、介護用の特殊なスプーンで与えている。食事介助は老母の仕事である。
 認知症の高齢者を自宅で介護するためには、最低でもふたりの人間が同居して、そのうちひとりは若い世代であることが必要であるように思う。朝食の前に排泄介助や陰部清拭を行わなければならないこともある。老母が老父の濡らしたものを洗濯している間に、私が朝食をつくるのだが、その間も私は老父の身体を持ちあげたり支えたりして、老母の作業を手伝わなければならない。痩身であっても高齢者の身体というものは存外に重いものである。
 老父母の寝室から玄関までの動線に手摺を工事した。訪問看護の契約もした。自宅で介護する態勢は整えられたように思う。
 
 家族に美味しいものを食べさせたい。それが私の家庭料理への情熱となっている。

春愁 其之三

Common sowthistle

 今年の冬は寒く、老父は呼吸器を患って市立総合病院の御世話になり、私は連日、郊外にある病院へ自動車で通うことになった。病院までの移動は老母には負荷が重い。病院行きのバスに乗車するための停車場は拙宅から遠く、また運行の本数も乏しい。

 福島県の復興に関するテレビ番組を何本か視聴したが、いずれの地方の抱える問題も、その基本は変わらないように感じる。公共交通、食料品、医療・介護、教育。交通手段が確保されているか、物流が機能しているか、病院や介護施設はあるか、教育機関はあるかなど、生活に必要な最低限の要素を満たすことこそ、地方の復興する基本的な条件として再考されているように思う。

 地方に住む私たちは「欲望に駆られて」生きているわけではない。ただ、老父母が平穏に健康に過ごせるように、日々、格闘しているのである。
 現在の課題は、老父の食事介助と排泄介助及び陰部清拭、入浴介助などである。ここに浜岡原発の事故が起こっても、私たち家族は石川県や岐阜県まで避難することなどできない。老父を移動させる際には骨折のリスクがつきまとう。老母は辛うじて健常者であるが、健康には不安がある。
 温暖な静岡県で過ごしてきた老父母が、寒冷な地域で生き延びられるとも思えない。私自身も老父母に殉じて行動するしかない。原発からの避難など絵空事でしかないのである。

コハクチョウ 其之九

Bewick’s Swan

 今季もコハクチョウが鶴ヶ池へ飛来した。12月中旬のことである。
 当初の6羽のうちには幼鳥もおり、次世代も期待できる。

 現代社会は、ミスを誘発するシステムに溢れている。
 対人サービスに於いては機械化の進展が著しいが、その機械の扱い方が判りにくく、ミスを誘発している。注意喚起のラベルがベタベタ貼られているのは、利用者や消費者のケアレスミスが頻発している証拠である。他の利用者や消費者のミスにより、自分が損失を被ることもある。
 販売やサービスに於ける従業員のミスを見ぬくことができないのは、利用者や消費者としてのミスである。従業員はミスをするものであることを認識して、検品・検算・ミスの指摘を早期にすることは、利用者や消費者としての責務であると私は考えている。

 ほんの些細なケアレスミスに対するサンクションは大きく、リスクを回避するためには利用者や消費者としての行動を自粛せざるを得ない。
 私は可能な限り外出や買物を避けるようにしている。それでも医療機関、食料品店、交通機関など、生活の基盤を支えるものには関与せざるを得ず、そのような場合には細心の注意を払って行動している。

 コハクチョウの羽根の純白は、現代社会とは無関係な純白である。
 その純白に癒されて、なんとか生きている。

 

味噌汁をつくる

Japanese radish


 老父は野菜が嫌いで、刺身のつまの大根や大葉も残すほどである。もったいないので、メバチやビンチョウを柵で買い、拙宅にて柳葉包丁で切るようにしている。

 十月の初旬に老母が右腕を骨折し、朝食をつくることは私の仕事になった。前夜のうちにコメを研いで、炊飯器に炊きあがりの時刻を予約しておく。炊きあがれば重量を計測してご飯をよそう。味噌汁をつくる。食後にはお茶を出す。
 数年前、老母が左腕を骨折したときに朝食をつくることは経験しているが、その骨折が治癒してからは、老母に朝食を任せていた。だが今回は、老母の骨折が治癒しても私が朝食をつくり続けることになる。
 味噌汁をつくることが朝食をつくることの実質であるように思う。具材の準備から、調理して配膳するまで、一連の作業を速やかに行うには修練が欠かせない。
 小松菜、白菜、玉葱、大根、海老芋。味噌汁は基本的に野菜を具材とする。出汁には、あご入りの天然だしパックを使う。小松菜や白菜は、軸と葉を切り分けて、軸を早めに茹でる。大根など堅い食材は、前日のうちに切り分けて下茹でをしておくと、当日の調理時間が短縮できる。豆腐とワカメ、豆腐とナメコ、アサリなどの具材をつかうこともある。昼食であるなら豚汁をつくる。

 家族の健康に責任を持つことが炊事を担う者の職分であると考えている。食料品店に陳列される、メニュー提案型合わせ調味料商品には、塩分が多いように思う。味噌や醤油などは減塩のものを選ぶようにしているが、旨味やテクスチャなども工夫して、健康的で美味しい料理をつくりたい。
 野菜嫌いの老父は認知症で、もう、まともなコミュニケーションは望めない。美味しいものを食べさせるくらいのことしか、もう、私にはできないのである。

語学について 其之三

Lantana

 先日、ブラジル出身の方、複数名と話す機会があった。
 ブラジル出身の方は基本的にブラジル・ポルトガル語しか理解しない。日本語に堪能な方が私にうちあけてくださったことであるが、彼女らは基本的に英語を理解しない。これは、それまで海外出身の方たちと英語で話していた私自身には痛切な警告であった。世界には英語を解さない方たちも存在するのである。
 私は早速「ブラジル・ポルトガル語」に関する書物を近隣の書店で購入した。ブラジル・ポルトガル語に関しては、わが自治体にその住民の多いこともあって、いつかは勉強しなくてはならないという責任を感じていたのであるが、まさかその場でスイッチが入るとは思っていなかった。
 今まではETVにブラジル・ポルトガル語の講座のないことを勉強しない言い訳にしていたのであるが、もう、その言い訳も通用しない。いま、隣りにいるブラジル出身の方に話しかけられなくてどうするか。喫緊の課題である。

 ETV「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは2017年10月から新しいものになった。私は「旅するスペイン語」を選択して視聴している。ポルトガル語とスペイン語は非常に近い言語である。
 実は、スペイン語は、私が大学一年生のときに、そのときはアメリカ合衆国のヒスパニックについて研究したく選択を希望して、大学側から許可されなかった科目である。
 それで私はフランス語のクラスにまわされた訳であるが、そこから原書購読、卒業論文へとフランス語の世界を通じて私は大学を卒業することができた。やはり当時の私には、スペイン語圏よりフランス語圏に読むべき文献があった。その判断は(私自身ではなく)指導教官に託されていたのであるが、その方が正しい判断をして下さった。私は指導教官に恵まれていたと思う。

 ブラジル・ポルトガル語と日本語しか理解しえない住民は、いま現在、私たちの近隣に住んでいる。彼らのうちのひとりから「スペイン語を話せないか」というご質問もいただいた。
 ポルトガル語とスペイン語について学習したいと考えている。

ラグビー観戦記 2017.09.09 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 昼間は猛暑の天候であったが、午後三時を過ぎると風も涼しくなって、球技場まで歩いて行こうという気になった。
 2017 – 2018 ジャパンラグビー トップリーグ 第4節。ヤマハ発動機ジュビロ vs リコーブラックラムズ。17:00 キックオフ。レフリーは小川朋弘さん。今季ホーム初戦である。

 前半、敵陣深くまで攻め込んだヤマハ発動機ジュビロは、最後に五郎丸歩選手が華麗なターンでトライ。厳しい角度であったがコンヴァージョンも難なく決め、7点を先行する。
 その直後にリコーブラックラムズにラインアウトからモールでトライされるもコンヴァージョンは決まらず、攻防が続く。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣深くまで攻め込むも、リコーブラックラムズはスクラムを押し返す。
 前半も30分を過ぎた頃、ヤマハ発動機ジュビロは五郎丸歩選手が絶妙なタッチキックを蹴り、ラインアウトからのモールで加点する。このときの堀江恭佑選手の動きは素晴らしかった。前半を終了してヤマハ発動機ジュビロ 14ー5 リコーブラックラムズ。

 後半開始早々にラインアウトからモールを組み堀江恭佑選手のトライ。だが、その後はリコーブラックラムズの猛攻撃に、ヤマハ発動機ジュビロは自陣深くに釘付けにされる。しかし、インゴール直前でラックをめくるなど、ヤマハ発動機ジュビロのディフェンス能力は高い。
 ヤマハ発動機ジュビロは敵陣へ攻め込んで堀江恭佑選手が三本目のトライを決める。その後、ヴィリアミ・タヒトゥア選手のトライも決まり、キッカーのゲラード・ファンデンヒーファー選手が確実にコンヴァージョンを蹴り込んだ。
 試合終了の時間帯になってリコーブラックラムズの猛攻撃に耐えられずワントライ・ワンゴールを献上したが、最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 35ー12 リコーブラックラムズ。

 得点すべきときに点の入る理想的な展開であった。リコーブラックラムズの最後まで諦めない姿勢にも賞賛を贈りたい。