ラグビー観戦記 2018.10.06 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 快晴のラグビー日和である。午前中に家事を片付け、正午過ぎにヤマハスタジアムへ向かった。歩いて気持ちの良い青空である。

 2018 – 2019 ジャパンラグビー トップリーグ 第5節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 東芝ブレイブルーパス。17:00 キックオフ。レフリーはグレン・ジャクソンさん。

 前半。東芝ブレイブルーパスに先制を許したものの、ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でゲームを進めることができている。フォワードが機能して同点、クワッガ・スミス選手が前進し、ゲリー・ラブスカフニ選手がトライして逆転、五郎丸歩選手のペナルティ・ゴールで加点し、前半終了時のスコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 15-7 東芝ブレイブルーパス。

 後半。東芝ブレイブルーパスはバックスが良い。パスの連携が綺麗で見応えがあったが、ヤマハ発動機ジュビロもまた、相手をとらえて見事な守備を見せた。ヤマハ発動機ジュビロはキックでエリアをとり、フォワードがスクラムで押し込むという理想的な展開で加点する。更に敵陣でゲームを進め、矢富勇毅選手の前進から吉沢文洋選手がトライ。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 27-7 東芝ブレイブルーパス。

 選手の負傷には心が痛むが、ラグビーのゲーム自体は、物理学や数学を考える教材ともなり、楽しいものだ。放物線と二次関数など、ラグビーに例えると解り易いものも多い。速度、時間、距離の関係。古典力学に於ける運動の法則など、ラグビーを教材とした教育の可能性は広いのではないか。

 ラグビーの面白さは相手をかわすことにある。相手の守備陣をくぐり抜けてステップを踏む様子は、スペクタクルとして鑑賞しやすく、爽快である。タックルで相手の進撃をとめることは、相手に自分の身体をぶつけることではない。バインドして相手の動きを封じ、ボールを奪取することが目的だ。危険なプレーは醜悪でしかない。美しいラグビーを観たい。

 エコパスタジアムや遠州灘海浜公園球技場まで出かける余裕はないが、徒歩圏内にあるヤマハスタジアムであれば短時間で帰って来られる。老母に心配や不安を感じさせることもなさそうだ。

広告

ラグビー観戦記 2018.09.15 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 人類とは、フットボールをする猿である。

 2018 – 2019 ジャパンラグビー トップリーグ 第3節。ヤマハ発動機ジュビロ vs ホンダヒート。17:00 キックオフ。レフリーは加藤真也さん。今季ホーム初戦である。

 小雨のパラつく天候で、夜には本格的な降雨の予想もあった。家に居るつもりでいたが、行かないと後悔するような気もして出かけた。老親の介護や、葬儀のことなどで、ラグビーを観戦する余裕がない。精神的にも楽しめる自信がないように感じていたが、相続登記の完了で一息ついたようにも思えた。チームや選手を応援することで、自分にも跳ね返ってくるものがあることを期待した。

 前半は、ヤマハ発動機ジュビロによる敵陣でのプレーが続いたが、最初に押し込んだ後は、均衡が続いた。ゲリー・ラブスカフニ選手とエイダン・トウア選手の鮮やかなステップが見所で、前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 12 -10 ホンダヒート。
 
 後半は、ヤマハ発動機ジュビロのラインアウトやスクラムが良く、清原祥選手やヴィリアミ・タヒトゥア選手らの捩じ込むようなトライで加点した。コンヴァージョンの決まらなかったことが残念だが、夜間の降雨による視界不良もあるのかも知れない。ホンダヒートはベイデン・カー選手のペナルティー・ゴールで加点したが、シンビンの枚数も多く、試合の主導権を握れない様子であった。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 34 -16 ホンダヒート。

 産業化したスポーツを観戦することが、最近では辛くなってきている。その理由は、酷使された選手が怪我をすること、外科手術の施されること、その選手を早期に復帰させようとすることなどに、心の痛みを感じるからである。経済的な理由のために選手の身体が犠牲になるのを見ていられない。

 暗い夜の中を帰宅すると、老母が家の前で傘をさして待っていた。「暗くなったので」と老母は言ったが、私の不在による寂しさもあったのかと思う。そんな事情もあり、今後はスポーツ観戦から、しばらく遠ざかることになるかも知れない。

ラグビー観戦記 2017.09.09 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 昼間は猛暑の天候であったが、午後三時を過ぎると風も涼しくなって、球技場まで歩いて行こうという気になった。
 2017 – 2018 ジャパンラグビー トップリーグ 第4節。ヤマハ発動機ジュビロ vs リコーブラックラムズ。17:00 キックオフ。レフリーは小川朋弘さん。今季ホーム初戦である。

 前半、敵陣深くまで攻め込んだヤマハ発動機ジュビロは、最後に五郎丸歩選手が華麗なターンでトライ。厳しい角度であったがコンヴァージョンも難なく決め、7点を先行する。
 その直後にリコーブラックラムズにラインアウトからモールでトライされるもコンヴァージョンは決まらず、攻防が続く。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣深くまで攻め込むも、リコーブラックラムズはスクラムを押し返す。
 前半も30分を過ぎた頃、ヤマハ発動機ジュビロは五郎丸歩選手が絶妙なタッチキックを蹴り、ラインアウトからのモールで加点する。このときの堀江恭佑選手の動きは素晴らしかった。前半を終了してヤマハ発動機ジュビロ 14ー5 リコーブラックラムズ。

 後半開始早々にラインアウトからモールを組み堀江恭佑選手のトライ。だが、その後はリコーブラックラムズの猛攻撃に、ヤマハ発動機ジュビロは自陣深くに釘付けにされる。しかし、インゴール直前でラックをめくるなど、ヤマハ発動機ジュビロのディフェンス能力は高い。
 ヤマハ発動機ジュビロは敵陣へ攻め込んで堀江恭佑選手が三本目のトライを決める。その後、ヴィリアミ・タヒトゥア選手のトライも決まり、キッカーのゲラード・ファンデンヒーファー選手が確実にコンヴァージョンを蹴り込んだ。
 試合終了の時間帯になってリコーブラックラムズの猛攻撃に耐えられずワントライ・ワンゴールを献上したが、最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 35ー12 リコーブラックラムズ。

 得点すべきときに点の入る理想的な展開であった。リコーブラックラムズの最後まで諦めない姿勢にも賞賛を贈りたい。

ラグビー観戦記 2017.06.24 大久保グラウンド

Okubo Ground

 降雨前の曇り空。ときおり涼しい風が吹いた。
 2017 春季オープン戦 第5戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ。13:00 キックオフ。

 前半開始早々。豊田自動織機シャトルズはヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを左端から切り裂きトライ。難しい角度のコンヴァージョンも決めて先制する。その後も、豊田自動織機シャトルズがヤマハ発動機ジュビロ陣内でボールを支配し、攻撃する時間が続く。
 前半終了の頃、豊田自動織機シャトルズに再びトライが生まれた。コンヴァージョンも決めて14点差とするが、その直後にヤマハ発動機ジュビロは、敵陣深い地点で得たスクラムを押し込んでトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手がコンヴァージョンを決める。さらに相手の裏を突くキックを追いかけて、インゴール中央でグラウンディング。コンヴァージョンの成功とともに前半を終了する。ヤマハ発動機ジュビロ 14-14 豊田自動織機シャトルズ。

 後半5分。ヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティーを得て、タッチキックでマイボール・ラインアウト。モールを崩された後もボールを運び、インゴール中央にトライ。マット・マッガーン選手が難なくコンヴァージョンを決める。
 後半10分過ぎ、豊田自動織機シャトルズはボールキャリアーが機能してトライ。試合再開のキックオフで、相手キャッチングに対してヤマハ発動機ジュビロの宮澤正利選手が好タックル。ヤマハ発動機ジュビロは、そのまま敵陣でボールを支配してインゴールへ。コンヴァージョンも決めて点差を拡げる。
 ウォーターブレイク直後、ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でのラインアウトから展開してインゴール中央にトライ。清原祥選手がコンヴァージョンを決める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロは、前方へのキックを相手に拾われてカウンター攻撃を受け、トライを許す。コンヴァージョンも決まり、豊田自動織機シャトルズが点差を詰める。
 後半終了間際、ヤマハ発動機ジュビロはラインアウトからモールで押し込みトライ。難しい角度と思われたがコンヴァージョンも決まった。最終スコアは、発動機ジュビロ 42-26 豊田自動織機シャトルズ。

 豊田自動織機シャトルズには闘志を感じた。ヤマハ発動機ジュビロには点を取りきる強さがあった。
 

ラグビー観戦記 2017.06.10 大久保グラウンド

Okubo Ground

 最近の週末は快晴の日が続いている。軽い昼食の後、球技場まで自動車を走らせた。
 2017 春季オープン戦 第3戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 三菱重工相模原ダイナボアーズ。13:00 キックオフ。
 試合前に時間があったので、公開されているクラブハウスの一部を見学させていただいた。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは、ボールを保持し、敵陣でプレーを継続する。得点に至ったのはウォーターブレイクの頃、敵陣深いところで攻め続け、インゴール中央で池町信哉選手がトライ。マット・マッガーン選手がコンヴァージョンを決める。その後もヤマハ発動機ジュビロの優位は続き、マット・マッガーン選手による相手の裏側へ蹴りだして自ら捕球するプレーが功を奏し、加点する。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 14 – 0 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 後半は、三菱重工相模原ダイナボアーズが意地を見せた。ヤマハ発動機ジュビロのディフェンスラインを切って攻めあがり、最後はインゴール直前のラインアウトから攻撃して、ロックの村上崇選手がトライ。ハミッシュ・ガード選手のコンヴァージョンも決まり、7点を返す。その後、ヤマハ発動機ジュビロも反撃に転じ、敵陣深いところでのスクラムから右に展開して、インゴール右隅にトライを決める。
 後半も半ばを過ぎて、三菱重工相模原ダイナボアーズが敵陣で相手を圧倒する時間が長くなる。ラインアウトから展開して、リシュケシュ・ペンゼ選手がトライ。コンヴァージョンも決まって点差を詰める。しかし、ヤマハ発動機ジュビロの反撃も素晴らしく、ラインアウトからのドライヴィング・モールをインゴールまで押し込み、加点して突き放す。その後、さらに敵陣深いところでのスクラムがあり、加点して終わりたいところであったが、三菱重工相模原ダイナボアーズの押し返しにより、決めることができなかった。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 24 – 14 三菱重工相模原ダイナボアーズ。

 三菱重工相模原ダイナボアーズでは、元ヤマハ発動機ジュビロのトーマス優デーリックデニイ選手がキャプテンを務めている。今季から新設されたトップチャレンジリーグでの活躍に期待したい。

ラグビー観戦記 2016.12.24 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 快晴。晴天。暖かく明るい日である。
 2016 – 2017 トップリーグ 第13節。ヤマハ発動機ジュビロ vs サントリーサンゴリアス。13:00 キックオフ。レフリーは久保修平さん。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは、大田尾竜彦選手のハイパントをヴィリアミ・タヒトゥア選手がキャッチ、パスを受けた伊東力選手がインゴールへ走り込んだ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手によるコンヴァージョンも決まり先制する。優勢のまま敵陣深くで相手ペナルティーのチャンスを得るも、この場面はショットで加点した。ファーストスクラムでは、サントリーサンゴリアスに低く押し込まれ、オープンサイドのフランカー、ジョージ・スミス選手にボールを脚で搔き出されてブラインドサイドへまわりこまれた。ラックからオープンサイドの守備が薄くなったところへ速いパスでつながれ失点する。小野晃征選手によるコンヴァージョンも決まる。
 サントリーサンゴリアスの攻撃にヤマハ発動機ジュビロは防戦する。小野晃征選手にディフェンスのギャップを突かれ、スティーブン・ドナルド選手に中央へのトライを許し逆転される。その後、ヤマハ発動機ジュビロはサントリーサンゴリアスのモールコラプシングを誘い認定トライで逆転するが、前半終了間際に、サントリーサンゴリアスのライン攻撃で小野晃征選手のループが決まり、ツイヘンドリック選手にインゴールへ飛びこまれて再度逆転された。ホーンの鳴った後にコンヴァージョン・キックのボールがバーを越える。前半終了時のスコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 17-21 サントリーサンゴリアス。

 後半。ヤマハ発動機ジュビロは自陣でオフザゲートの反則をとられ、小野晃征選手のショットで7点差とされる。サントリーサンゴリアスの優勢はつづき、小野晃征選手から石原慎太郎選手がスイッチでパスを受けてインゴールに飛びこんだ。ヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティーからタッチキックでゲインするが、マイボール・ラインアウトを連続してジョー・ウィーラー選手に奪われる。後半20分を過ぎて、敵陣インゴール直前にまで迫るが、サントリーサンゴリアスの守備は堅く、トライを取りきれない。
 後半30分過ぎにマレ・サウ選手の好走から伊東力選手が走りきってトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手が難しい角度のコンヴァージョンを決めて再び7点差に戻す。しかし、自陣深くでのブレイクダウンでノットロールアウェイの反則をとられると、小野晃征選手にショットで加点される。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でボールをつなぎ反撃の機会を窺うも、後半38分にターンオーヴァーされ、ボールをつなげられて、最後は塚本健太選手にトライを決められた。コンヴァージョン・キックのボールがバーを越えると同時にホーンが鳴った。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 24-41 サントリーサンゴリアス。

 ヤマハ発動機ジュビロは健闘したと思うが、サントリーサンゴリアスに勢いがあった。ヤマハスタジアムでのラグビーの観客数が10000人を超えたことを喜びたい。

ラグビー観戦記 2016.12.10 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 快晴の青空のもと、開場までの時間を待つ。クリスマスソングの演奏が聴こえる。陽の当たる場所は風さえなければ充分に温かい。
 2016 – 2017 トップリーグ 第11節。ヤマハ発動機ジュビロ vs NECグリーンロケッツ。13:00 キックオフ。レフリーは松岡辰也さん。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣深く攻め込む。スクラムから中央に寄せヴィリアミ・タヒトゥア選手がトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手が素晴らしいステップとランで相手を抜き去ってトライし、コンヴァージョンも決めて加点する。NECグリーンロケッツの堅守を崩せない時間が続いたが、前半終了間際にマイボール・ラインアウトからモール、ラックでつなぎ、ヘル ウヴェ選手が前進、最後は日野剛志選手がインゴール中央に飛び込んだ。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 19-0 NECグリーンロケッツ。

 後半。マレ・サウ選手のタックルされたボールを伊東力選手が拾い、相手をかわした後、外側にいた日野剛志選手に預けてトライ。さらに敵陣インゴール直前でスクラムを押し込みトライを決める。敵陣深くでプレーする時間が長く、完封勝利かと思われた後半30分過ぎに、NECグリーンロケッツのトライを許す。しかし、試合終了間際に伊東力選手の見事なステップとランで加点する。最後は、自陣深く攻め込まれながらも、マレ・サウ選手がインターセプトから長い距離を走って決めた。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 47-5 NECグリーンロケッツ。

 ヤマハ発動機ジュビロは11連勝。同じく11連勝のサントリーサンゴリアスとの直接対決を再来週に控えている。来週は神戸製鋼コベルコスティーラーズとの対戦だ。ひとつひとつの試合を大切に勝ち抜き、最良のシーズンにしてほしい。