サッカー観戦記 2017.05.20 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 強い日差しの照りつける中、スタジアムへの道を歩く。まだ、汗の出るほどではないが、肌の灼ける感覚がある。
 今日は磐田市内の小学生を招待する「磐田デー」で、スタジアムからは子供たちの元気な声が聞こえてくる。急な暑さの中、長時間の観戦で、小さな身体が体調を崩さなければ良いが、と思う。直射日光の強い日で、みんな揃ってサックスブルーの帽子を被り、首からタオルをさげている。観戦は「授業」とされている。子供たちの行儀がいい。

 2017 J1 リーグ 第12節。ジュビロ磐田 vs 柏レイソル。14:00 キックオフ。レフリーは、福島孝一郎さん。
 前半早々。ジュビロ磐田が攻撃する。ロングボールを川又堅碁選手が胸で落とし、中村俊輔選手が拾って、アダイウトン選手に鋭いスルーパスを放つ。ツートップにした効果の現れた攻撃であったが、アダイウトン選手のシュートは、中村航輔選手の好守により阻まれた。一対一の局面で、ゴールキーパーが優れていたということである。
 ゴールキーパーの優秀さは、その直後のプレーからも証明された。敵陣中央、ペナルティーエリア直前でジュビロ磐田の得たフリーキックは、中村俊輔選手が枠内にシュートしたにもかかわらず、中村航輔選手の見事なパンチングによりセーブされた。コーナーキックからの攻撃もゴールには至らず、結局、ここで得点できなかったことが早々に試合を決定づけたようにも思える。
 柏レイソルは、チーム全体の陣形が整っていて、ボールを保持している時間も長く、つねにジュビロ磐田の選手が遅れている印象である。当然、ジュビロ磐田の陣形は崩され、ギャップが生じてしまう。伊東純也選手による右サイドへの突破が素晴らしく、ジュビロ磐田は何度も自陣深くまで攻めこまれるが、ボールに絡むのが精一杯で、なかなか自分たちのものにすることができない。自陣からのカウンター攻撃で、アダイウトン選手の力強い独走もあったが、最後を決めることができない。
 前半終了間際に、柏レイソルは、大きなサイドチェンジのロングボールを伊東純也選手がキープし、クリスティアーノ選手のフィニッシュにつなげた。ジュビロ磐田 0 – 1 柏レイソルで前半を終了する。

 後半。ジュビロ磐田は、伊東純也選手への対応を小川大貴選手に任せた。リードの余裕もあるせいか、柏レイソルの陣形は崩れにくく、ギャップを見つけることが難しい。それでもジュビロ磐田は攻め続け、中村俊輔選手が個人技で見事なループ・シュートを枠内へ蹴るが、またもや中村航輔選手の好守に得点を阻まれる。
 クリスティアーノ選手は運動量の多い優れたフォワードである。自陣から長い距離を走り、正確なクロスをあげて、中川寛斗選手のヘディングによるゴールをアシストした。スコアはジュビロ磐田 0 – 2 柏レイソル。後半30分という時間ではあるが、これまでの内容からみて、ジュビロ磐田に勝機はないように感じる。
 パスをつないで相手を崩すことができず、ロングボールで相手ディフェンスの裏に入っても、肝心のシュートが精度を欠き、枠内に飛ばない。他のポジションの選手はともかく、フォワードの選手はシュートの精度をあげるべく練習に励むべきだ。ロスタイムも5分あり、最後まで意地のワンゴールを期待したが、それすらもかなわなかった。最終スコアは、ジュビロ磐田 0 – 2柏レイソル。
 柏レイソルは、チームとしての完成度、クリスティアーノ選手、伊東純也選手、中村航輔選手ほか、各選手の個人的な能力など、基本的な部分で、ジュビロ磐田を凌駕していた。ジュビロ磐田は、柏レイソルのサッカーに対応するのが精一杯という感じで、自分たちのサッカーができていなかった。中村俊輔選手は素晴らしいが、他の攻撃的な選手にも活躍を望みたい。また、試合に勝利するためには、失点をしないことが非常に重要である。ゴールキーパーのカミンスキー選手は素晴らしいが、他の守備的な選手にもレベルアップを望みたい。相手に追いついてボールをはじくだけではなく、きちんと自分のボールにして、前線に供給することまでを仕事としてほしい。
 
 猛暑の中での敗戦で、磐田市内の小学生の皆様には、かえって申し訳ない結果になってしまった。しかし、柏レイソルの素晴らしいサッカーを観ることができたということでは、価値のある試合である。サッカー・ファンの増えることを期待したい。
 

広告

ラグビー観戦記 2013.06.15 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 いまにも雨の降り出しそうな曇天であったが、傘を持ち、球技場へ向かった。
 ホトトギスが鳴いている。
 2013 春季練習試合 第3戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ。15:00 キックオフ。
 グラウンドに入る前に、浜松で繁殖しているメリケントキンソウ(キク科)の種子をグラウンドに持ち込まないように、靴底をぬぐうスペースが設けられていた。このような細かい気配りがチームを支えている。
 今日は、勝ち負けにこだわらず、ゆっくりとプレーを楽しもうという気持でいた。フォワードの臨時コーチに、フランスから、フィリップ・ベルビジェ( Philippe Berbizier )さんを招聘しているというので、フォワードのプレーを観ることを楽しみにしていた。ヤマハスタジアムはサッカーとラグビーの専用球技場であり、選手との距離の遠くないことが魅力であるが、大久保グラウンドは、更に選手に近い。コンクリートの席に座り、雨の降らないことを祈りながら、試合を観戦した。
 豊田自動織機シャトルズのキックオフは、いきなりノット10メーターで、ヤマハ発動機ジュビロのスクラムになった。しかし、コラプシングをとられたのか、ペナルティー・キックで自陣深い位置までゲインされる。そこでマイボール・スクラムになりながらも、相手にボールを奪われて失点した。早々に、5点を献上する。
 前半のスクラムは、殆ど何らかのかたちでペナルティーを取られていたように思う。レフリー名はアナウンスされなかったので判らないが、ラグビーでは普通、レフリーの判定に異を唱えるようなことはしない。どのレフリーに当たっても、ペナルティーを取られないようなプレーを目指すべきだろう。スクラムに失敗しているようでは勝てない。
 前半も30分を過ぎたあたりで、試合は動いた。豊田自動織機シャトルズが1トライ1ゴールを追加し、ヤマハ発動機ジュビロは、曽我部佳憲選手の巧いキックパスで1トライを奪った。コンヴァージョンは惜しくも外れたが、試合全般を通じて、彼のキックは素晴らしかった。前半を終了して、ヤマハ発動機ジュビロ 5-12 豊田自動織機シャトルズ。
 ツバメが飛んでいる。
 後半は、早い時間帯に徐吉嶺選手のランとキックで大きくゲインしたが、得点することはできず、逆に、自陣深く攻め込まれて、ディフェンスに集中しなければならない時間が続いた。
 ウグイスが鳴いている。
 自陣、左奥に空きスペースがあり、狙われるなあ、と思っていたら蹴りこまれた。豊田自動織機シャトルズがトライを決める。コンヴァージョンも決められて失点する。更に、ディフェンス・ラインを破られて、相手の独走を許して失点する。気落ちしたのか、あっさりと中央を突かれて失点する。気がつけばヤマハ発動機ジュビロ 5-33 豊田自動織機シャトルズ。ワンサイド・ゲームである。
 試合終了直前に、大田尾竜彦選手の巧いグラバー・キックで得点したが、もはや反撃の時間はない。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 12-33 豊田自動織機シャトルズ。完敗である。
 まだ、トップリーグの試合でなくて良かった。大久保グラウンドには、サッカーのジュビロ磐田の練習場もあるのだが、J リーグに於けるチームの苦境は、市民の心配の種であり、街中のサポーターが頭を抱えている。サッカーでもラグビーでも、監督や選手たちは移籍すれば無関係になるが、ホームタウンの住民たちは、そうはいかない。下部リーグに落ちたチームを応援するしかないのだ。
 今日の試合は、チームの克服すべき材料が出たということだと思う。個人のスキルも、まだまだ上げる余地のあるように思う。空きスペースを使うこと。早く判断すること。味方の選手がボールを得たら、必ずサポートすること。ランやキックで一気に陣地を取れても、得点できなければ勝てるわけがない。
 監督や選手たちは、もっと勝つことにこだわりを持ってほしい。いや、ホームタウンの住民には、勝ち負けにこだわらず、ゆっくりとプレーを楽しもうという気持で観ている者もいるからだ。
 そうでなければ、ホームタウンの住民なんて、つとまるはずがないのである。

サッカー観戦記 2013.03.30 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 春の陽気が暖かく、サッカーを観るには最高の日である。球技場からのアナウンスを聞きながら、ヤマハスタジアムへの道を歩いた。桜の花が咲いている。
 ヤマハスタジアムは、現在、増設工事の途中で、南側のスタンドに席が増やされている。ホームエリアも北側から南側に移り、いまだ狭いままの南側のゴール裏には、立錐の余地もなく、多くのジュビロ磐田サポーターが集まっている。大型映像設備は北側に移設された。
 2013 J1 リーグ 第4節。ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖。14:00 キック・オフ。レフリーは、佐藤隆治さん。
 サガン鳥栖は、静岡県浜松市に存在した「 PJM フューチャーズ 」というチームが発祥である。比較的、順調にリーグを歩んできたジュビロ磐田に比べ、運営法人の破綻など辛酸を舐めてきている。しかし、現在では、強い、魅力的なチームに成長した。
 例えば、ジュビロ磐田のセンターバック、チョ・ビョングク選手がボールを持ったとき、サガン鳥栖の守備のフォーメーションは綺麗に整っている。ボールの出し所がなく、スリーバックを構成する菅沼駿哉選手や藤田義明選手とパスをまわしながら、攻める場所を探る時間が長くなる。
 前線の選手にロングパスを出したり、藤田義明選手がドリブルで上がったりと、様々な手段を試している。ジュビロ磐田が攻めあぐねているという印象を受けた。中盤でパスをつなぐ展開ができず、サイドをついて、クロスに賭けるという攻め方が目立つ。
 しかし、その結果を先に出したのはサガン鳥栖であった。前半08分、サイドからの攻撃に、豊田陽平選手の攻め上がりが早く、逆サイドから入って、見事なゴールを決めた。ジュビロ磐田も、同様のかたちでサガン鳥栖のゴールマウスを狙うが、フィニッシュを決めることができない。
 前半33分には、コーナーキックからの得点を許してしまう。ジュビロ磐田 0 – 2 サガン鳥栖。このスコアでハーフタイムをむかえたくないな、と感じていた前半45分、山田大記選手がシュートを決めてくれた。ジュビロ磐田 1 – 2 サガン鳥栖で前半を終了する。
 後半06分、ジュビロ磐田は、サガン鳥栖のコーナーキックから再び失点する。もはや、得点しなければ負けてしまう状況である。ホームゲームで負けることだけは避けたい。
 後半からは、右サイドに駒野友一選手を起用し、3 失点後には小林裕紀選手を投入している。フレッシュなふたりが右から攻めることで勝機が生まれてくる。後半16分には小林裕紀選手が、後半26分には駒野友一選手が機能して、松浦拓弥選手、金園英学選手によるゴールを見ることができた。先制された試合を、同点まで追い上げたことで、会場は盛り上がった。あと、1 点とれば逆転である。
 最低限、失点しないことが重要だと思っていたが、チョ・ビョングク選手の守備は素晴らしかった。川口能活選手も落ち着いている。攻め込まれることもあったが、失点することはない。
 とにかく、敵陣でプレーすることが勝機につながる。松浦拓弥選手の動きが良く、敵陣での攻撃時間は長い。しかし、フィニッシュが決まらない。後半終了間際に、コーナーキックの機会が何度かあったのだが、それを決められなかったことは、本当に残念であった。
 最終スコアは、ジュビロ磐田 3 – 3 サガン鳥栖。後半の追い上げに勢いのある好ゲームではあったが、ホームゲームでは勝利が期待される。相手チームからのコーナーキックに確実な対応ができていれば、あるいは自分たちからのコーナーキックで確実な得点ができていれば、勝ち点3 を獲得できたように思う。
 勝つためには、まず失点しないことだ。これからのジュビロ磐田に期待したい。