教育について

okegayanuma

 新聞やテレビなどのメディアがなぜ存在するのかという問いに対する、もうひとつの答えは「家庭教育の教材として」というものである。
 新聞を読む行為は単純に読解力の基礎的な訓練になるし、テキストでは表現しきれない、例えば外国語教育に於ける「発音・リスニング」や、理科教育に於ける自然現象の映像による表現などは、テレビならではのものではなかろうか。Newspaper in Education や Educational TV に私は期待している。

 教育という言葉は「上から目線」のようで気恥ずかしい。私も勉強中の人間であり、むしろ「勉強法」という方が自分の気持には合致する。児童や生徒は勉強法を共有する仲間であり、上下関係などあるはずもなく、こちらが教えていただく立場にもなりうることである。
 ひとから質問されて解答解説しなければならない役割を担うこともあり、そのようなときには間違いのないよう注意義務を鋭敏にして発言をするが、やはりひとに答えるために準備をしておくということは、自分にとっても最良の勉強法であるということを痛感している。
 数学、物理、化学、生物、地学の各科目について、センター試験レベルまでを備えておき、小学生からの質問に応えるというのが現在の私のやり方であるが、児童に主体性をもたせ、対話的に教育を進めてゆくためには、そのくらいの準備は当然であるし、またどんな児童にも将来の利益を保証するという点において、高校で学習する内容を早めに教えておくことには意味があるのではなかろうか。
 自然観察会の現場では児童が主役になる。その児童が「虫がどこにいるか」を発見できれば、児童を大人よりも優位な立場に置くことができる。児童の自尊心を大切にし、児童に対して発見の礼を言うことが、まずは大人の仕事であるように私は思う。双翅目だの膜翅目だの節足動物だの言い始める前に、児童をひととして尊ぶことが大切である。理科の成績に直結する知識の伝授はそれからでも遅くはない。
 最終的には楽しく時間を過ごせれば良い。「あの時間は楽しかったなあ」という想い出にしていただければ、初等教育の使命は果たせるように私は思う。「生きていて楽しい」と思えることが、その後の勉強のモチベーションにつながるのではなかろうか。

 児童や生徒は教材の限界を超えることができない。新聞やテレビなどのメディアに於いては、家庭教育に於ける教材であるという使命を再認識し、間違いのない信頼のおける教材を提供していただけるよう願ってやまない。

広告

メディアについて

Japanese wisteria

 新聞やテレビなどのメディアがなぜ存在するのかを問われたとき、私は選挙に於いて投票するためだと答えている。
 政策や政党などに関する狭義の政治記事のみでなく、現代の社会がどのような状況にあるのかを総体的にとらえる視野を得るために、メディアは欠かすことのできないものである。政党や政治家を投票によって評価する以前に、私たちは社会の全体像をまず把握しなければならない。
 具体的な投票行動に於いては、政治家個人を良く知ることも重要になる。見識や人柄などはひとを判断する際の基本であり、その事情は選挙に於いても変わらない。

「統一地方選挙の前半日程が終了した。県議選では、定数が1つ増えた藤枝市選挙区は、3議席に5人が挑む白熱した選挙戦が繰り広げられた。私もかねてより注目し、告示前からじっくりと検討して投票したいと考えていた。
 しかし、情報の少なさにただただ驚いた。情報源といえば新聞、選挙公報、ネットだが、ネットをくまなく探すほどの余裕はない。となれば新聞が頼りだが、個々の候補者についての情報はいささか少ない。最後に選挙公報に期待したが、これまた皆、当たり障りのないことしか書かれておらず、全く参考にならなかった。かといって、選挙カーの名前の連呼や知人からの電話に心が動くはずもなく、途方に暮れ、何とか投票はしたが、いまだに不本意だった気持ちは拭えない。
 選挙のたびに低い投票率が話題になるが、この程度の情報量しかないのであれば、誠実な人ほど投票できないのではないか。しっかりと自分で判断し、責任の持てる投票をしたい」
(静岡新聞 2019年04月18日 朝刊。読者のページ。藤枝市・小林健さん)

 選挙権を行使する前の段階として、その意思を決定するための情報は必須の条件なのだが、その情報を伝えるべきメディアが、特に地方政治では機能していない。
 NHK のローカルニュースはお花畑の紹介ばかりで、老父が亡くなったときに解約したいメディアであった(認知症の老父はテレビの画面ですら理解できなかったが、環境の変化による精神への影響を考えて眺めさせておいた。認知症の患者というのは精神障害者なのである)。
 老母が観たいのは民間放送の番組なのだが、そのためには NHK に受信料を支払わなければならない。NHK のローカルニュースでは、イベントガイドや、地元企業の商品の PR が主な話題で、その実態は、視聴者から徴収した受信料の、特定の事業者への利益供与である。社会的な問題について判断する材料となるようなニュースは数えるほどしかない。
 公共政策に関する詳細や、それに対する首長や議員の意見、その背景にある経済や社会の状況など、伝えるべきことはいくらでもあるように思うのだが、狭い世界の中で、メディアが行政や議会に対して気を使いすぎているようにも思える。

 地方政治で投票率の低下する原因はメディアの機能不全にあると私も考えている。若者へ参政権を「啓発」したいのであるなら、メディアこそ認識を改めるべきではないのか。

春愁 其之四

ruffle lichens

 中西宏明。1946年3月14日生まれ。神奈川県横浜市出身。東京都立小山台高等学校卒業、東京大学工学部電気工学科卒業、スタンフォード大学大学院コンピュータエンジニアリング学修士課程修了。

 彼の現住所は(ウェブで手軽に調べられるほどには)明らかにされてはいないが、おそらくは東京都か横浜市か、あるいはその周辺のいずれかの地域ではなかろうか。ちなみに彼が取締役会長兼代表執行役を務める株式会社日立製作所は東京都千代田区丸の内一丁目6番6号に所在する。いずれも Urgent Protective action planning Zone : 緊急防護措置を準備する区域 でないことは明らかである。もちろん Precautionary Action Zone : 予防的防護措置を準備する区域 でもない。
 1946年3月14日生まれということは、浜岡原子力発電所の建設計画が始められていた1967年1月には20歳ということになる。東京大学工学部電気工学科の学生であったと推測されるが、すでに参政権のある身分であり、2019年3月現在では、1967年1月に参政権を得ていた人物というのは、特権的な人物であったようにも思える。なぜなら彼より年少の人間は、浜岡原子力発電所の建設計画に反対する権能を、そもそも持ち得ないからである。

 私は、浜岡原子力発電所の UPZ の住民であり、1967年1月には参政権のなかった人間である。それゆえのポジション・トークであることを宣言してこれからの叙述を継続する。そうでなくてはアンフェアなように思えるからである。

 2011年3月に福島第一原子力発電所の事故が起こるまで、私は「原発」について無知であった。世界や日本にどのくらいの原子力発電所があるかも、その保安管理の状況についても、なにも知らずにいた。もちろん「原子と原子核」については物理学で学習しており、光電効果やプランク定数、ド・ブロイやアインシュタインについては知識があったが「日本の原発」についてはなにも理解していなかった。しかし 2011年3月以降は、急速に理解を深めざるを得なくなった。
 いまでは福島第1原発2号機だけで約 237 t のデブリがあることまで知っている。圧力容器内に約 94 t しかなかった燃料に金属やコンクリートなどが溶解して混合したために、デブリが量を増したことも理解している。固着して硬いデブリをいかに取り除くか。その機器の開発から始めなければならず、その作業が相当に困難であろうことも想像できる。
 中西宏明氏は「原発と原爆が頭の中で結びつき、分離が難しい」との認識を示されたが、私にとってはむしろ「原発」よりも「原爆」のことの方がわからない。このあたりはジェネレーション・ギャップかとも思うが、原爆について知識の豊富なひとを私の周囲に探すことは難しい。
 広島県や長崎県とともに、静岡県は被曝を経験した地域とも言えるが、それは焼津漁港を母港とする遠洋マグロ漁業に於いて生起した事件であり、多くの静岡県民は原爆についての直接的な経験には乏しいのである。

「理解を求めていく」「理解をいただくしかない」と中西宏明氏や水野明久氏は言うが、それは「おまえらバカだから理解できねえんだよ」と言っているようにも聞こえ、侮辱されているようにも受けとめられる。PAZ や UPZ に住むような人間はバカであるというような含意がその発言にはある。そのように解釈すれば中西宏明氏の認識や発言は充分に「理解できる」ものである。
 中部電力株式会社、一般社団法人日本経済団体連合会、全国電力関連産業労働組合総連合、日本国政府と、原発について「理解を求める」勢力は巨大であり強力である。その勢力に抗うことがいかに「バカである」かが「理解できない」ことを中西宏明氏は述べているのかも知れない。株式会社や経済団体、労働団体が利益を追求することを目的とする集団であり、日本国政府が経済発展のために原子力政策を推進する立場にあることも、私は「理解できる」。
 浜岡原子力発電所の PAZ と UPZ には約 840,000 人が居住している。日本には約 120,000,000 人が居住しているので、そのうち約 0.7%が居住していることになる。たとえ浜岡原子力発電所の事故によって PAZ や UPZ の住民が故郷を失うような事態になろうとも、東京都か横浜市かにお住まいであろう中西宏明氏には、なんの実害もなく、なんの痛痒も感じることもないであろうことも、私は「理解できる」。

 中西宏明氏には、1967年1月に旧浜岡町で参政権を得ていた住民と、2019年3月現在に浜岡原子力発電所の PAZ や UPZ で生活を営んでいる住民が、同一であるとは限らないことを理解していただければと思う。

語学について 其之四

Aster

 インターネットを利用するようになって、外国語学習の重要性を痛感している。英語はできて当たり前だが、その他にもいくつかの外国語を修得しておけば、サイバー空間での可動性はグンと高まる。
 どの外国語を学ぶべきか。学問や芸術において重要な言語、政治経済において主要な言語、国境を接する隣国の言語などを優先して学びたいが、優れた教材が身近にあるかも選択の基準になるように思う。

 私の外国語の主要な教材は ETV の語学番組である。中国語、韓国語は一年間、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語は半年間、ロシア語は三ヶ月間という放送期間だ。
 中国語と韓国語は、四月から翌年三月までの放送であるが、秋に前期の総復習がある。ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語では月毎に復習回がある。外国語は暗記する事項の多い教科で、反復学習が有効であるが、それは復習の頻度をできる限り多くすることで達成される。
 二年目、三年目ともなれば、以前に学習した内容も自然と脳裏に浮かび、定着していると感じられるのが嬉しい。 ETV の語学番組で扱う内容は、きわめて初歩的なものであり、毎年、一年生の授業を受けているようなものなのだが、なにごとにおいても基本というものは重要である。

 ポルトガル語の講座を ETV で放送していただけないだろうか。私の住む地域は、警察署でも総合病院でもポルトガル語の案内が掲示されているようなところで、ちょっとした Lusofonia である。
 書籍や CD の教材が手元にはあるが、ETV で映像による教材を提供していただければ、より勉強しやすくなる。ロシア語と同等の三ヶ月間でも放送していただければ有難い。テレビは、家庭で勉強する習慣を形成するのに最適なメディアだ。NHK にはポルトガル語のテレビ講座の検討をお願いしたい。

 今季は老父の死去があり、録画をためこんでいたが、順調に消化しつつある。
 外国語の学習には、日常を離れられる嬉しさがある。試験のない気楽な学習で、趣味のようなものだが、稀に外国の方と遭遇することがあり、小さな会話などできると楽しくなる。

料理について

Clematis

 料理とは、主として味覚と嗅覚により感受される芸術である。

 料理に関する知識と技能を修得することは、新たなコミュニケーションの手段を獲得することにつながる。私は、調理に関しては一年生で、生物学、化学、物理学などの知識をもとに、自分なりに調理の理論を探っている最中である。
 テレビのグルメ・料理番組、ウェブ、書籍などが主な教材であるが、なるべく多くの教材に目を通して、基本的な構造を理解するようにしている。グルメ・料理番組で現役のシェフが技術の解説をしてくれるものなどは本当に勉強になる。
 むろん実践も大切で、技能を修得するためにも様々な料理に挑戦したいところであるが、老父には介護食を、老母には高齢に配慮した料理をつくらなくてはならず、自分の興味や関心をそのまま追究できないことがもどかしくもある。
 母の日にはポトフをつくった。老母は牛肉が好きだが、胆嚢炎を患って以来、油脂の多い料理は好まない。大根、人参、セロリ、キャベツ、玉葱、白葱とともに、牛の腿肉を柔らかく煮込んだ。野菜が煮崩れて、インスタ映えするような外観ではないことが残念だ。次回は視覚的にも美しいポトフをつくりたい。野菜の煮方を工夫してみよう。
 デイサービスやショートステイで老父の食事介助から解放される日には、老母の希望で寿司を食べに行くこともある。家庭では食材の調達や調理が困難なものについては、美味しいものの食べられる店を探しておくことも必要だ。東京には良い飲食店が多くて羨ましい。また、東京に行きたいと老母は言う。

 孵化したばかりの鈴虫の幼虫が茄子を食べている。彼らのために茄子を切ることは、彼らの味覚への贈り物であると空想している。数ヶ月後、彼らは私の聴覚に返礼をくれる。

対話と提案

oriental false hawksbeard

 家庭料理の幸せは、かならず「食べる人」のいてくれることにある。

「なにか食べたいものある?」と老母に訊く。そのときには、すでに自分の提案できる献立を胸中に秘めている。対話を試みて、相手に考えのないようであれば、自ら献立を提案する。
 自分の提案できる献立は、当然のことながら自分のつくれる料理の範疇にしかない。料理のレパートリーをひろげておくことは重要である。自前の献立を強要するのではなく、家族が好きな料理を選べるように、選択肢をできるだけ増やしておかなければならない。
 和食、中華、洋食。様々な食材や調味料に関する知識や調理技法の修得など、学習しなければならないことは多い。特に調理の段取りや手順については暗記しておく必要がある。調理中は両手が塞がっているし、火にかけたものからは目を離すことができない。複数の工程を同時に進行させたり、瞬時に判断して行動しなければならないことも多い。
「クッキング基本大百科」集英社 2001 という書籍が、老母の本棚にある。発売当時、母の日に私がプレゼントしたものであるが、現在は私の教科書となっている。テレビのグルメ・料理番組も録画して勉強させていただいている。

 老父は認知症を患っており、まともな会話はできない。
 それでも観察していれば、なにがしか理解できるようになる。現在は介護食で、ハンドブレンダーで御飯をなめらかに潰したり、味噌汁にとろみを加えたりして、介護用の特殊なスプーンで与えている。食事介助は老母の仕事である。
 認知症の高齢者を自宅で介護するためには、最低でもふたりの人間が同居して、そのうちひとりは若い世代であることが必要であるように思う。朝食の前に排泄介助や陰部清拭を行わなければならないこともある。老母が老父の濡らしたものを洗濯している間に、私が朝食をつくるのだが、その間も私は老父の身体を持ちあげたり支えたりして、老母の作業を手伝わなければならない。痩身であっても高齢者の身体というものは存外に重いものである。
 老父母の寝室から玄関までの動線に手摺を工事した。訪問看護の契約もした。自宅で介護する態勢は整えられたように思う。
 
 家族に美味しいものを食べさせたい。それが私の家庭料理への情熱となっている。

春愁 其之三

Common sowthistle

 今年の冬は寒く、老父は呼吸器を患って市立総合病院の御世話になり、私は連日、郊外にある病院へ自動車で通うことになった。病院までの移動は老母には負荷が重い。病院行きのバスに乗車するための停車場は拙宅から遠く、また運行の本数も乏しい。

 福島県の復興に関するテレビ番組を何本か視聴したが、いずれの地方の抱える問題も、その基本は変わらないように感じる。公共交通、食料品、医療・介護、教育。交通手段が確保されているか、物流が機能しているか、病院や介護施設はあるか、教育機関はあるかなど、生活に必要な最低限の要素を満たすことこそ、地方の復興する基本的な条件として再考されているように思う。

 地方に住む私たちは「欲望に駆られて」生きているわけではない。ただ、老父母が平穏に健康に過ごせるように、日々、格闘しているのである。
 現在の課題は、老父の食事介助と排泄介助及び陰部清拭、入浴介助などである。ここに浜岡原発の事故が起こっても、私たち家族は石川県や岐阜県まで避難することなどできない。老父を移動させる際には骨折のリスクがつきまとう。老母は辛うじて健常者であるが、健康には不安がある。
 温暖な静岡県で過ごしてきた老父母が、寒冷な地域で生き延びられるとも思えない。私自身も老父母に殉じて行動するしかない。原発からの避難など絵空事でしかないのである。