対話と提案

oriental false hawksbeard

 家庭料理の幸せは、かならず「食べる人」のいてくれることにある。

「なにか食べたいものある?」と老母に訊く。そのときには、すでに自分の提案できる献立を胸中に秘めている。対話を試みて、相手に考えのないようであれば、自ら献立を提案する。
 自分の提案できる献立は、当然のことながら自分のつくれる料理の範疇にしかない。料理のレパートリーをひろげておくことは重要である。自前の献立を強要するのではなく、家族が好きな料理を選べるように、選択肢をできるだけ増やしておかなければならない。
 和食、中華、洋食。様々な食材や調味料に関する知識や調理技法の修得など、学習しなければならないことは多い。特に調理の段取りや手順については暗記しておく必要がある。調理中は両手が塞がっていてるし、火にかけたものからは目を離すことができない。複数の工程を同時に進行させたり、瞬時に判断して行動しなければならないことも多い。
「クッキング基本大百科」集英社 2001 という書籍が、老母の本棚にある。発売当時、母の日に私がプレゼントしたものであるが、現在は私の教科書となっている。テレビのグルメ・料理番組も録画して勉強させていただいている。

 老父は認知症を患っており、まともな会話はできない。
 それでも観察していれば、なにがしか理解できるようになる。現在は介護食で、ハンドブレンダーで御飯をなめらかに潰したり、味噌汁にとろみを加えたりして、介護用の特殊なスプーンで与えている。食事介助は老母の仕事である。
 認知症の高齢者を自宅で介護するためには、最低でもふたりの人間が同居して、そのうちひとりは若い世代であることが必要であるように思う。朝食の前に排泄介助や陰部清拭を行わなければならないこともある。老母が老父の濡らしたものを洗濯している間に、私が朝食をつくるのだが、その間も私は老父の身体を持ちあげたり支えたりして、老母の作業を手伝わなければならない。痩身であっても高齢者の身体というものは存外に重いものである。
 老父母の寝室から玄関までの動線に手摺を工事した。訪問看護の契約もした。自宅で介護する態勢は整えられたように思う。
 
 家族に美味しいものを食べさせたい。それが私の家庭料理への情熱となっている。

広告

春愁 其之三

Common sowthistle

 今年の冬は寒く、老父は呼吸器を患って市立総合病院の御世話になり、私は連日、郊外にある病院へ自動車で通うことになった。病院までの移動は老母には負荷が重い。病院行きのバスに乗車するための停車場は拙宅から遠く、また運行の本数も乏しい。

 福島県の復興に関するテレビ番組を何本か視聴したが、いずれの地方の抱える問題も、その基本は変わらないように感じる。公共交通、食料品、医療・介護、教育。交通手段が確保されているか、物流が機能しているか、病院や介護施設はあるか、教育機関はあるかなど、生活に必要な最低限の要素を満たすことこそ、地方の復興する基本的な条件として再考されているように思う。

 地方に住む私たちは「欲望に駆られて」生きているわけではない。ただ、老父母が平穏に健康に過ごせるように、日々、格闘しているのである。
 現在の課題は、老父の食事介助と排泄介助及び陰部清拭、入浴介助などである。ここに浜岡原発の事故が起こっても、私たち家族は石川県や岐阜県まで避難することなどできない。老父を移動させる際には骨折のリスクがつきまとう。老母は辛うじて健常者であるが、健康には不安がある。
 温暖な静岡県で過ごしてきた老父母が、寒冷な地域で生き延びられるとも思えない。私自身も老父母に殉じて行動するしかない。原発からの避難など絵空事でしかないのである。

準備と即興

Narcissus


 Gourmet は食通、Gourmand は大食漢と翻訳される。Gourmet には憧れるが、地方では飲食店の数が大都市圏よりも少なく、集積することなく散在している。自動車社会なのでノンアルしか飲めないのも外食の興趣をそいでいる。

 老母が炊事を引退して以来、料理は私がつくることになった。教材はテレビのグルメ・料理番組である。広いキッチンと豊富な調理器具、潤沢な食材の溢れる料理番組よりも、狭い空間でアイディアを活かし、調理を工夫している食堂やレストランを紹介するグルメ番組のほうが、むしろ参考になることもある。
 家庭料理に於ける要件は、安全と衛生の確保、家族の健康への配慮、美味しさの追究の三点にあると私は考えている。
 食材や食器、調理器具、調理場などを清潔に保つことを前提として、家族への問診により健康に配慮した献立を考える。この際に必要なのは栄養学の素養である。さらに美味しい料理をつくるためには調理技能の修得が必要であり、教材からの知識とともに日々の訓練が欠かせない。空間と時間の制約、経済的な制約の中で、これらの三要件を満たし、向上させることが、家庭料理に対する私の基本姿勢である。

 天ぷらなら揚げたて、ソテーなら焼きたてを家族にふるまうことができるのは、家庭料理の魅力のひとつである。主菜となる揚げもの、焼きもの、炒めものなどの調理は即興であり、そこに至るまでには準備が欠かせない。鮮魚や精肉などは特に下処理が重要である。
 サラダやスープなどの副菜はメインディッシュよりも先に着手する。スープは先行してつくり配膳する直前に温め直す。ポテトサラダなどは前日の夜につくりおきする。それらも昼の食卓のための準備である。
 食料品の調達は原則として一週間に一度であるから、食材や調味料のストックについては恒常的に把握しておく必要がある。これは週の食卓のための準備である。また、食材には季節がある。私はまだ春夏秋冬の一巡りを経験していない初心者だ。食卓のマネジメント能力を修得して、四季の食卓のための準備を円滑にすることが、現在の私の課題である。

語学について 其之三

Lantana

 先日、ブラジル出身の方、複数名と話す機会があった。
 ブラジル出身の方は基本的にブラジル・ポルトガル語しか理解しない。日本語に堪能な方が私にうちあけてくださったことであるが、彼女らは基本的に英語を理解しない。これは、それまで海外出身の方たちと英語で話していた私自身には痛切な警告であった。世界には英語を解さない方たちも存在するのである。
 私は早速「ブラジル・ポルトガル語」に関する書物を近隣の書店で購入した。ブラジル・ポルトガル語に関しては、わが自治体にその住民の多いこともあって、いつかは勉強しなくてはならないという責任を感じていたのであるが、まさかその場でスイッチが入るとは思っていなかった。
 今まではETVにブラジル・ポルトガル語の講座のないことを勉強しない言い訳にしていたのであるが、もう、その言い訳も通用しない。いま、隣りにいるブラジル出身の方に話しかけられなくてどうするか。喫緊の課題である。

 ETV「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは2017年10月から新しいものになった。私は「旅するスペイン語」を選択して視聴している。ポルトガル語とスペイン語は非常に近い言語である。
 実は、スペイン語は、私が大学一年生のときに、そのときはアメリカ合衆国のヒスパニックについて研究したく選択を希望して、大学側から許可されなかった科目である。
 それで私はフランス語のクラスにまわされた訳であるが、そこから原書購読、卒業論文へとフランス語の世界を通じて私は大学を卒業することができた。やはり当時の私には、スペイン語圏よりフランス語圏に読むべき文献があった。その判断は(私自身ではなく)指導教官に託されていたのであるが、その方が正しい判断をして下さった。私は指導教官に恵まれていたと思う。

 ブラジル・ポルトガル語と日本語しか理解しえない住民は、いま現在、私たちの近隣に住んでいる。彼らのうちのひとりから「スペイン語を話せないか」というご質問もいただいた。
 ポルトガル語とスペイン語について学習したいと考えている。

語学について 其之二

Okegayanuma

 2017年4月から「旅するイタリア語」を視聴している。
 NHK教育テレビの語学講座でユーロ圏のものは、2016年10月の編成から旅行番組のような仕様になって、私はドイツ語とフランス語を視聴した。いずれも深夜の放送なので、予約録画しておいて、食事中などに観ている。大学の授業とは異なり、試験を受けたり、成績を気にする必要もないので、気軽に楽しむことができる。なお、2017年4月からの番組は、すべて2016年10月からの番組の再放送である。
 イタリアはローマ帝国の地である。古代から現代に至るまで、ヨーロッパの政治、経済、文化において重要な地域である。高校で世界史を学ぶときにムリヤリ暗記した知識が甦り、また、モヤモヤしたまま詰め込んでいた事柄なども明確になって、イタリア語とイタリア文化を学ぶことは、受験勉強のデトックスをするような効能があるように感じている。
「旅する◯◯◯◯語」のシリーズは、現地の映像が豊富で、音声もネイティヴなので、日本人の講師から教室で外国語を学習するよりも、身体に素直に響いてくる。美術、映画、料理など、イタリア文化に魅力的なものの多いことも、勉強のモチベーションになる。
 イタリア語の語彙はフランス語に似たものが多く、それは英語にも通じていて、その差分を学ぶことにより、語彙を増やすことが可能なように思う。イタリア語を新しく学ぶことはフランス語や英語を復習することでもある。

 中国語の語彙に日本語に似たものが多く、また韓国語に共通するものの多いこともまた同様の現象で、私は日本語の探究から中国語と韓国語に興味を持ち始めたのであるが、やはり差分を認識することで語彙を増やせるように思う。ただし、中国語も韓国語もリスニングが難しい。いずれの言語にも日本語にはない発音があり、その聴き分けができない。中国語には声調という要素もあり、聴き取りはかなり困難である。時々、NHK総合テレビのニュースで、中国語の音声をそのまま流してくれることがあるが、得がたい機会だと思い、聴き取りに挑戦している。
 2017年4月からは「テレビで中国語」も視聴している。こちらは「旅する◯◯◯◯語」のシリーズとは異なり日本でのスタジオ収録であるが、発音を丁寧に教えていただけるのが嬉しい。ピンイン・トレーニングなど、テレビならではのメリットをうまく活かしているように思う。

サッカー観戦記 2017.05.20 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 強い日差しの照りつける中、スタジアムへの道を歩く。まだ、汗の出るほどではないが、肌の灼ける感覚がある。
 今日は磐田市内の小学生を招待する「磐田デー」で、スタジアムからは子供たちの元気な声が聞こえてくる。急な暑さの中、長時間の観戦で、小さな身体が体調を崩さなければ良いが、と思う。直射日光の強い日で、みんな揃ってサックスブルーの帽子を被り、首からタオルをさげている。観戦は「授業」とされている。子供たちの行儀がいい。

 2017 J1 リーグ 第12節。ジュビロ磐田 vs 柏レイソル。14:00 キックオフ。レフリーは、福島孝一郎さん。
 前半早々。ジュビロ磐田が攻撃する。ロングボールを川又堅碁選手が胸で落とし、中村俊輔選手が拾って、アダイウトン選手に鋭いスルーパスを放つ。ツートップにした効果の現れた攻撃であったが、アダイウトン選手のシュートは、中村航輔選手の好守により阻まれた。一対一の局面で、ゴールキーパーが優れていたということである。
 ゴールキーパーの優秀さは、その直後のプレーからも証明された。敵陣中央、ペナルティーエリア直前でジュビロ磐田の得たフリーキックは、中村俊輔選手が枠内にシュートしたにもかかわらず、中村航輔選手の見事なパンチングによりセーブされた。コーナーキックからの攻撃もゴールには至らず、結局、ここで得点できなかったことが早々に試合を決定づけたようにも思える。
 柏レイソルは、チーム全体の陣形が整っていて、ボールを保持している時間も長く、つねにジュビロ磐田の選手が遅れている印象である。当然、ジュビロ磐田の陣形は崩され、ギャップが生じてしまう。伊東純也選手による右サイドへの突破が素晴らしく、ジュビロ磐田は何度も自陣深くまで攻めこまれるが、ボールに絡むのが精一杯で、なかなか自分たちのものにすることができない。自陣からのカウンター攻撃で、アダイウトン選手の力強い独走もあったが、最後を決めることができない。
 前半終了間際に、柏レイソルは、大きなサイドチェンジのロングボールを伊東純也選手がキープし、クリスティアーノ選手のフィニッシュにつなげた。ジュビロ磐田 0 – 1 柏レイソルで前半を終了する。

 後半。ジュビロ磐田は、伊東純也選手への対応を小川大貴選手に任せた。リードの余裕もあるせいか、柏レイソルの陣形は崩れにくく、ギャップを見つけることが難しい。それでもジュビロ磐田は攻め続け、中村俊輔選手が個人技で見事なループ・シュートを枠内へ蹴るが、またもや中村航輔選手の好守に得点を阻まれる。
 クリスティアーノ選手は運動量の多い優れたフォワードである。自陣から長い距離を走り、正確なクロスをあげて、中川寛斗選手のヘディングによるゴールをアシストした。スコアはジュビロ磐田 0 – 2 柏レイソル。後半30分という時間ではあるが、これまでの内容からみて、ジュビロ磐田に勝機はないように感じる。
 パスをつないで相手を崩すことができず、ロングボールで相手ディフェンスの裏に入っても、肝心のシュートが精度を欠き、枠内に飛ばない。他のポジションの選手はともかく、フォワードの選手はシュートの精度をあげるべく練習に励むべきだ。ロスタイムも5分あり、最後まで意地のワンゴールを期待したが、それすらもかなわなかった。最終スコアは、ジュビロ磐田 0 – 2柏レイソル。
 柏レイソルは、チームとしての完成度、クリスティアーノ選手、伊東純也選手、中村航輔選手ほか、各選手の個人的な能力など、基本的な部分で、ジュビロ磐田を凌駕していた。ジュビロ磐田は、柏レイソルのサッカーに対応するのが精一杯という感じで、自分たちのサッカーができていなかった。中村俊輔選手は素晴らしいが、他の攻撃的な選手にも活躍を望みたい。また、試合に勝利するためには、失点をしないことが非常に重要である。ゴールキーパーのカミンスキー選手は素晴らしいが、他の守備的な選手にもレベルアップを望みたい。相手に追いついてボールをはじくだけではなく、きちんと自分のボールにして、前線に供給することまでを仕事としてほしい。
 
 猛暑の中での敗戦で、磐田市内の小学生の皆様には、かえって申し訳ない結果になってしまった。しかし、柏レイソルの素晴らしいサッカーを観ることができたということでは、価値のある試合である。サッカー・ファンの増えることを期待したい。
 

パソコンの話

Ubuntu 14 04 LTS

 Windows Vista のサポート期間が2017年04月11日に終了した。
 しかし、私のマシン( CPU : Core2Duo 6600 @2.40GHz )は、まだ元気なので、既にパーティションを分割してインストールしてある Ubuntu 14.04 LTS をインターネットの接続先とし Windows Vista はスタンドアローンとして使用している。
 最初は CPU に Corei5 6400 あたりを購入し Windows 10 を載せようと考えていたのであるが、CPU のソケットがあわない( Core2Duo 6600 は LGA775、Corei5 6400 は LGA1151 )ので、マザーボードも買い換えなければならない。サポート終了への対応策を考え始めた 2015年11月当時に販売されていたマザーボードには Windows Vista に対応するものがなく Windows 10 とのデュアルブートというわけにもいかなかった。かといってマザーボードを交換すると Windows 10 へ完全に移行せざるをえず、 Windows Vista と、それに対応するアプリケーションで現在は入手できないものが、まったく使えなくなる。
 新しい CPU でマシンを組みたい気持もあったが、そうなるとメモリやソリッドステートドライブ、光学ドライブやディスプレイなども新調したくなる。ケース( ATX )と電源は現存するものを使い続けるつもりである。まだ使えるものを買い換える気にはならない。
 このマシンとは 2007年05月29日からの付き合いで、コンデンサの膨れあがったマザーボードやグラフィックスボードを交換して、現在まで大切に使用してきた。たかだか OS のサポートが終了したくらいで、マシンまで買い換えてしまうことは、自分の不勉強のようでふがいない。

 Windows Vista にはパーティションを管理できる機能がある。ハードディスクのうちに新しい記憶領域を確保して Ubuntu 14.04 LTS をインストールし、デュアルブートにした。この作業を行ったのは 2015年11月で、そのときは Windows Vista が優先的に選択されるよう設定しておいた。2017年04月11日までは Windows Vista をインターネットに接続して充分に使い切りたかったのである。
 2017年04月に Windows Vista の領域をできる限り圧縮して Ubuntu 14.04 LTS の領域を拡張した。私のハードディスクでは Windows Vista の領域の後方に Ubuntu 14.04 LTS の領域があるが、Ubuntu 14.04 LTS の前方に新しい領域を準備しても ハードディスクの内部にある GParted ではパーティションをリサイズすることができない。このときは DVD から Ubuntu 14.04 LTS をブートして GParted を使い、ハードディスクにある Ubuntu 14.04 LTS の領域を拡張した。
 私の Ubuntu 14.04 LTS は 2015年11月にダウンロードしたものなので、2017年04月現在だと Ubuntu 16.04 LTS へのアップグレードのお誘いがある。ところが、その誘いにのったところ、アップグレードの途中でハングアップしてしまった。電源を切り Ubuntu 14.04 LTS を再インストールする。このとき自然に選択されるブートを Ubuntu 14.04 LTS になるようにまかせた。素直にインストールすると Ubuntu 14.04 LTS を選択するようになるのである。
 ソフトウェアの更新をして Ubuntu 14.04.5 LTS にした。とりあえず不義理がないようメールを受信できるようにしておいた。Thnderbird 45.8.0 では「ユーザ名」に POP ID をあてた。ブラウザは Firefox 53.0 を使用している。ファイアウォールに Gufw を、ウイルススキャナーに ClamTk 5.09 を入れてみた。本格的に使用するのは、これからである。
 いつでも再インストールできるようにデータは殆ど入れていない。