コハクチョウ 其之九

Bewick’s Swan

 今季もコハクチョウが鶴ヶ池へ飛来した。12月中旬のことである。
 当初の6羽のうちには幼鳥もおり、次世代も期待できる。

 現代社会は、ミスを誘発するシステムに溢れている。
 対人サービスに於いては機械化の進展が著しいが、その機械の扱い方が判りにくく、ミスを誘発している。注意喚起のラベルがベタベタ貼られているのは、利用者や消費者のケアレスミスが頻発している証拠である。他の利用者や消費者のミスにより、自分が損失を被ることもある。
 販売やサービスに於ける従業員のミスを見ぬくことができないのは、利用者や消費者としてのミスである。従業員はミスをするものであることを認識して、検品・検算・ミスの指摘を早期にすることは、利用者や消費者としての責務であると私は考えている。

 ほんの些細なケアレスミスに対するサンクションは大きく、リスクを回避するためには利用者や消費者としての行動を自粛せざるを得ない。
 私は可能な限り外出や買物を避けるようにしている。それでも医療機関、食料品店、交通機関など、生活の基盤を支えるものには関与せざるを得ず、そのような場合には細心の注意を払って行動している。

 コハクチョウの羽根の純白は、現代社会とは無関係な純白である。
 その純白に癒されて、なんとか生きている。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中