ラグビー観戦記 2016.12.24 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 快晴。晴天。暖かく明るい日である。
 2016 – 2017 トップリーグ 第13節。ヤマハ発動機ジュビロ vs サントリーサンゴリアス。13:00 キックオフ。レフリーは久保修平さん。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは、大田尾竜彦選手のハイパントをヴィリアミ・タヒトゥア選手がキャッチ、パスを受けた伊東力選手がインゴールへ走り込んだ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手によるコンヴァージョンも決まり先制する。優勢のまま敵陣深くで相手ペナルティーのチャンスを得るも、この場面はショットで加点した。ファーストスクラムでは、サントリーサンゴリアスに低く押し込まれ、オープンサイドのフランカー、ジョージ・スミス選手にボールを脚で搔き出されてブラインドサイドへまわりこまれた。ラックからオープンサイドの守備が薄くなったところへ速いパスでつながれ失点する。小野晃征選手によるコンヴァージョンも決まる。
 サントリーサンゴリアスの攻撃にヤマハ発動機ジュビロは防戦する。小野晃征選手にディフェンスのギャップを突かれ、スティーブン・ドナルド選手に中央へのトライを許し逆転される。その後、ヤマハ発動機ジュビロはサントリーサンゴリアスのモールコラプシングを誘い認定トライで逆転するが、前半終了間際に、サントリーサンゴリアスのライン攻撃で小野晃征選手のループが決まり、ツイヘンドリック選手にインゴールへ飛びこまれて再度逆転された。ホーンの鳴った後にコンヴァージョン・キックのボールがバーを越える。前半終了時のスコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 17-21 サントリーサンゴリアス。

 後半。ヤマハ発動機ジュビロは自陣でオフザゲートの反則をとられ、小野晃征選手のショットで7点差とされる。サントリーサンゴリアスの優勢はつづき、小野晃征選手から石原慎太郎選手がスイッチでパスを受けてインゴールに飛びこんだ。ヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティーからタッチキックでゲインするが、マイボール・ラインアウトを連続してジョー・ウィーラー選手に奪われる。後半20分を過ぎて、敵陣インゴール直前にまで迫るが、サントリーサンゴリアスの守備は堅く、トライを取りきれない。
 後半30分過ぎにマレ・サウ選手の好走から伊東力選手が走りきってトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手が難しい角度のコンヴァージョンを決めて再び7点差に戻す。しかし、自陣深くでのブレイクダウンでノットロールアウェイの反則をとられると、小野晃征選手にショットで加点される。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣でボールをつなぎ反撃の機会を窺うも、後半38分にターンオーヴァーされ、ボールをつなげられて、最後は塚本健太選手にトライを決められた。コンヴァージョン・キックのボールがバーを越えると同時にホーンが鳴った。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 24-41 サントリーサンゴリアス。

 ヤマハ発動機ジュビロは健闘したと思うが、サントリーサンゴリアスに勢いがあった。ヤマハスタジアムでのラグビーの観客数が10000人を超えたことを喜びたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中