ラグビー観戦記 2016.12.10 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 快晴の青空のもと、開場までの時間を待つ。クリスマスソングの演奏が聴こえる。陽の当たる場所は風さえなければ充分に温かい。
 2016 – 2017 トップリーグ 第11節。ヤマハ発動機ジュビロ vs NECグリーンロケッツ。13:00 キックオフ。レフリーは松岡辰也さん。

 前半。ヤマハ発動機ジュビロは敵陣深く攻め込む。スクラムから中央に寄せヴィリアミ・タヒトゥア選手がトライ。ゲラード・ファンデンヒーファー選手が素晴らしいステップとランで相手を抜き去ってトライし、コンヴァージョンも決めて加点する。NECグリーンロケッツの堅守を崩せない時間が続いたが、前半終了間際にマイボール・ラインアウトからモール、ラックでつなぎ、ヘル ウヴェ選手が前進、最後は日野剛志選手がインゴール中央に飛び込んだ。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 19-0 NECグリーンロケッツ。

 後半。マレ・サウ選手のタックルされたボールを伊東力選手が拾い、相手をかわした後、外側にいた日野剛志選手に預けてトライ。さらに敵陣インゴール直前でスクラムを押し込みトライを決める。敵陣深くでプレーする時間が長く、完封勝利かと思われた後半30分過ぎに、NECグリーンロケッツのトライを許す。しかし、試合終了間際に伊東力選手の見事なステップとランで加点する。最後は、自陣深く攻め込まれながらも、マレ・サウ選手がインターセプトから長い距離を走って決めた。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 47-5 NECグリーンロケッツ。

 ヤマハ発動機ジュビロは11連勝。同じく11連勝のサントリーサンゴリアスとの直接対決を再来週に控えている。来週は神戸製鋼コベルコスティーラーズとの対戦だ。ひとつひとつの試合を大切に勝ち抜き、最良のシーズンにしてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中