ラグビー観戦記 2015.12.19 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 晴天。旗の動きに風を感じる。ラグビー日和である。
 2015 – 2016 トップリーグ 第6節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。13:00 キックオフ。レフリーは久保修平さん。
 前半。キックオフのヤマハ発動機ジュビロは、相手ペナルティを得て、タッチキック、マイボールラインアウト、モールとプレーを進めるが、神戸製鋼コベルコスティーラーズの押し返す力に得点を阻まれる。アンドリース・ベッカー選手をブラインドサイドのフランカーに配した布陣はロックが三人いる強力なものだ。ヤマハ発動機ジュビロは果敢に敵陣に攻め込むが、神戸製鋼コベルコスティーラーズの守備が堅い。ラインアウトのボールも奪取できない。
 試合が動いたのは前半16分。敵陣インゴール直前まで攻めるも最後のラインが越えられないでいるとき、ターンオーヴァーからアンドリュー・エリス選手の蹴ったキックが風に乗り、落ちて大きくバウンドした。バックスが帰還するも、アンダーソン・フレイザー選手の追跡に遭い、キックをチャージされトライされる。その数分後には自陣での相手ラインアウトでロックの前進を許し、ブラインドサイドを抜けられて失点する。敵陣で攻めきれず、自陣で防戦に応ずる状況となり、守りきれずにゴール中央での追加点を許した。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 0 – 19 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 後半。ヤマハ発動機ジュビロはキックオフのボールを落してスクラム。自陣深くでプレーされ、右隅を破られて加点される。敵陣深く攻め込むも防御を破ることができない。ハイパントからボールの争奪戦になる局面を突かれ、神戸製鋼コベルコスティーラーズの攻撃を阻めず、失点を重ねる。ウイングの大橋由和選手ひとりに四トライを奪われた。後半20分を過ぎてスコアはヤマハ発動機ジュビロ 0 – 36 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 もはや試合を制覇することはできないが、12000人を超える観客の前で完敗することもできない。大田尾竜彦選手がラインを突破して、シアレ・ピウタウ選手が中央にトライし、完封を免れる。だが、その後も神戸製鋼コベルコスティーラーズに攻め込まれ、追加点を許す。試合終了直前に、フォワードがドライヴィングモールを押し込んでトライし、五郎丸歩選手が難しい角度のゴールを決めて、観客に歓喜する瞬間をもたらした。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 14 – 43 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 今季最後のホームゲームは、多くの観客を集めながらも、苦い結果となった。神戸製鋼コベルコスティーラーズは、ヤマハ発動機ジュビロの猛攻を堅い守備で封じ、ハイパントで局面を打開して争奪戦に持ち込み、自分たちの攻撃になれば得点する機会を逃さなかった。敗北は自らを省みる良い機会を与えてくれる。成長の糧であると考えて次節に臨みたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中