ラグビー観戦記 2015.11.28 エコパスタジアム

Sports Park ECOPA

Sports Park ECOPA

 気持の好い快晴である。スタジアムの中は暖かい。
 2015 – 2016 トップリーグ 第3節。東芝ブレイブルーパス vs ホンダヒート。11:40 キックオフ。ヤマハ発動機ジュビロ vs NECグリーンロケッツ。14:00 キックオフ。入れ替えがなく二試合を観戦した。

 東芝ブレイブルーパス vs ホンダヒート。レフリーは松本剛さん。
 東芝ブレイブルーパスは、前半10分に得たペナルティの機会をフランソワ・ステイン選手がゴールして先制。フォワードが強く、スクラムでもモールでもホンダヒートを圧倒している。前半にふたつのトライをあげたが、いずれもフォワードの力によるものだ。ホンダヒートは前半30分過ぎに生方信孝選手がキックとランで爽快なトライを決めた。前半終了時のスコアは東芝ブレイブルーパス 15 – 5 ホンダヒート。
 後半も東芝ブレイブルーパスの優位はかわらず、敵陣インゴール前のスクラムからスクラムハーフの小川高廣選手がトライする。さらにリチャード・カフイ選手がトライ。ホンダヒートもフォワードの力でワントライを返すが、東芝ブレイブルーパスは後半30分過ぎに、フランソワ・ステイン選手、リアム・メッサム選手がトライを決めた。最終スコアは東芝ブレイブルーパス 41 – 10 ホンダヒート。

 ヤマハ発動機ジュビロ vs NECグリーンロケッツ。レフリーはマイク・フレイザーさん。
 前半。ヤマハ発動機ジュビロは自陣で過ごす時間が長い。田村優選手のキックが自陣深くに突き刺さり、インゴール前での防御を余儀なくされる。前半10分過ぎにトライを献上するも、その直後に攻め上がり、五郎丸歩選手がゴールライン上に際どいトライを決める。前半30分過ぎに得たペナルティの機会を五郎丸歩選手のゴールで得点につなげる。前半終了時のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 13 – 5 NECグリーンロケッツ。
 後半。ヤマハ発動機ジュビロは開始早々にキックをチャージされて失点するが、その後は落ち着きを取り戻した。敵陣内でプレーする時間が増え、後半10分にはハビリ・ロッキー選手のトライが決まる。フォワードによるスクラムやモールが力強い。敵陣インゴール前でフォワードがボールを保持し、最後は中園真司選手がトライ。NECグリーンロケッツも反撃してトライを返すが、ヤマハ発動機ジュビロは後半30分過ぎに日野剛志選手、デウォルト・ポトヒエッター選手がトライを決めて突き放した。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 39 – 19 NECグリーンロケッツ。

 エコパスタジアムから愛野駅までを歩いた。舗道を飾る植栽や彫刻などが綺麗だ。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中