ラグビー観戦記 2015.06.27 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 気象予報により懸念されていた週末の雨もあがり、陽光の射す明るい日となった。遠く西の空には重そうな雲も見えたが、試合終了まで雨が降ることはなかった。
 2015 春季練習試合 第4戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs ホンダヒート。13:00 キックオフ。
 前半開始からヤマハ発動機ジュビロは試合を支配した。敵陣インゴール前まで攻め入り、激しく得点を狙う。吉沢文洋選手がうまく走り抜けてトライ。曽我部佳憲選手によるコンヴァージョンも決まり、先制する。その後もホンダヒートに反撃を許さず、ハビリ・ロッキー選手が巧みなランとステップでトライを決める。
 井本克典選手が上手い身のこなしでインゴール中央にトライ。ヤマハ発動機ジュビロの、ボールを保持する時間、敵陣でプレーする時間が長い。前半終了時には曽我部佳憲選手のドロップ・ゴールで加点する。前半のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 22 – 0 ホンダヒート。
 後半も20分まではヤマハ発動機ジュビロのゲームだった。早川直樹選手がサイドから大きく走り込んでトライ。敵陣内での攻防を繰り返す。
 ホンダヒートにタリフォラウ・タカウ選手が投入された。敵陣インゴール直前でのスクラム。スクラムから持ち出したボールを、ホンダヒートのナンバーエイトであるフィナウ・トゥパ選手がハーフウェイラインまでキャリアする。ホンダヒートは、そのボールをトライにまでつなげた。このプレーが反撃の烽火となり、ホンダヒートの攻撃にも勢いが生まれはじめる。
 後半30分には藤井達也選手が巧みなステップでトライ。しかし、その後のホンダヒートの攻撃が凄まじい。ホンダヒートは、ペナルティーで得たタッチ・キックでゲインし、マイボール・ラインアウトからモールを押し切り、トライを奪う。フォワードの勝利だ。数分後にも、モールまで同じパターンが繰り返されたが、今度はヤマハ発動機ジュビロがホンダヒートのドライヴィング・モールを押しとどめ、スクラムで勝負して強烈に押し込んで防いだ。このように同じ轍を踏まない修正能力は大切なものだ。
 試合終了直前にホンダヒートの選手がヤマハ発動機ジュビロのディフェンス・ラインを切ってトライした。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 36 – 17 ホンダヒート。安定したスタイルのヤマハ発動機ジュビロと、それに反撃して意地を見せたホンダヒート。好試合であった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中