ラグビー観戦記 2015.01.24 近鉄花園ラグビー場

Kintetsu Hanazono Rugby Stadium

Kintetsu Hanazono Rugby Stadium

 東大阪市の空はきれいに晴れている。冬なのに、それほど寒さも感じさせない。絶好のラグビー日和である。
 2014 – 2015 トップリーグ プレーオフトーナメント LIXIL CUP 2015 セミファイナル。ヤマハ発動機ジュビロ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。レフリーは大槻卓さん。近鉄花園ラグビー場には多くのヤマハ発動機ジュビロ・ファンが訪れ、まるでヤマハスタジアムがそのまま移動してきたかのようにも思えた。
 前半は神戸製鋼コベルコスティーラーズのキックオフで始まる。開始早々にファーストスクラムとなるが、神戸製鋼コベルコスティーラーズはコラプシングの反則を犯してしまう。五郎丸歩選手のタッチキックでゲインし、ラインアウトから展開して敵陣で攻撃を重ねる。インゴール直前でプレーするが、神戸製鋼コベルコスティーラーズのディフェンスは堅い。跳ね返される。
 前半12分。相手インゴール直前での相手ボールのラインアウトが長く伸び、矢富勇毅選手が巧くそれをとらえた。すかさずインゴールにグラウンディングしてトライに成功するが、なかなか起き上がれない。彼が立ち上がったときには本当に安堵した。五郎丸歩選手のコンバージョン・キックも決まり、7点を先制する。
 ヤマハ発動機ジュビロはパスの連携が良い。中園真司選手のトライがインゴール左隅に決まる。コンバージョン・キックとしては難しい角度になるが、五郎丸歩選手は見事に決めてみせた。14点のリードである。
 前半30分を過ぎて、ヤマハ発動機ジュビロは正面健司選手にトライを許すが、その後、ハーフウェイライン中央で得た相手ペナルティーのチャンスでショットを選択し、五郎丸歩選手がライナー性の長いキックでポールの間を通した。ヤマハ発動機ジュビロ 17 – 5 神戸製鋼コベルコスティーラーズで前半を終了する。
 後半開始早々。ヤマハ発動機ジュビロはマイボール・ラインアウトからフッカーにボールを戻すトリッキーなプレーを成功させる。日野剛志選手がトライを決めた。
 神戸製鋼コベルコスティーラーズの反撃が始まる。陣内深く攻め込み、ポール間に向けて蹴ったボールを山本大介選手がとらえてトライする。彼はコンバージョン・キックも決め、スコアはヤマハ発動機ジュビロ 22 – 12 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 ヤマハ発動機ジュビロは敵陣内でボールを保持する。広く展開してパスをつなぐ。デューク・クリシュナン選手がトライを決めた。コンバージョンも決まる。
 マレ・サウ選手、大戸裕矢選手ら、ボールキャリアーの前進が素晴らしい。集団でなだれ込むようにインゴールをめざし、三村勇飛丸選手がトライ。コンバージョン・キックも決まり、スコアはヤマハ発動機ジュビロ 36 – 12 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。後半35分という時間帯で、ヤマハ発動機ジュビロの勝利が見えてきた。
 その後、大田尾竜彦選手のキックパスを斉田晃平選手がキャッチして走り込んだトライは見事だった。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 41 – 12 神戸製鋼コベルコスティーラーズ。
 フォワード、バックスともに素晴らしいパフォーマンスで、特にパスの連携は見応えがあった。充分なスコアで、内容も充実しており、ヤマハ発動機ジュビロ・ファンには嬉しい試合であった。
 あと一勝すれば優勝である。秩父宮ラグビー場でのファイナルに期待したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中