ラグビー観戦記 2014.08.23 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 まだ雨は降りやまず、傘をさしてスタジアムへの道を歩いた。曇空の下には、すでに照明が灯されている。
 2014 – 2015 トップリーグ 1st ステージ 第01節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ。2014年08月23日(土曜日)18:00 キックオフ。レフリーは戸田京介さん。
 前半04分、ヤマハ発動機ジュビロが敵陣でペナルティーを得て五郎丸歩選手のショットで先制すると、すかさず豊田自動織機シャトルズも、ペナルティーの機会を大西将太郎選手に預けた。長い距離で角度もあったが、プレースキックが決まる。彼は、2007年のワールドカップで日本代表のコンヴァージョンを蹴った選手だ。ヤマハ発動機ジュビロに所属していた。
 その後も相手ペナルティーの機を逃さず、ヤマハ発動機ジュビロでは五郎丸歩選手が、豊田自動織機シャトルズでは大西将太郎選手が、ショットで加点してゆく。ヤマハ発動機ジュビロ 12-9 豊田自動織機シャトルズで前半を終了する。
 後半、ヤマハ発動機ジュビロは攻勢に出る。五郎丸歩選手がボールを持って大きく前進し、敵陣内でつなぎ、大田尾竜彦選手が逆サイドへと大きなキックパスを蹴る。バックスがキャッチに成功すると、さらにボールをつないでトライを決めた。コンヴァージョンも決まり、7点を加点する。
 デューク・クリシュナン選手がインゴール左隅へトライする。ヤマハ発動機ジュビロの、前へ進む意識が強くなったように思う。相手インゴール直前でプレーする時間が長い。スクラムで圧倒してはいるが、それからが決まらない。豊田自動織機シャトルズは、攻撃を跳ね返すのに精一杯という感じだ。
 後半30分を過ぎて、再びヤマハ発動機ジュビロにトライが生まれる。デューク・クリシュナン選手が相手ボールを奪いインゴール中央へと走り込んだ。コンヴァージョンも決まり7点を加点する。チームとして、もう1トライ取ることができれば、トップリーグでは勝ち点として1点が加算される。
 ホーンが鳴ったとき、ヤマハ発動機ジュビロの選手たちは敵陣内にいた。ボールをつないで相手インゴール前での攻撃を継続するが、豊田自動織機シャトルズの守備も諦めない。最後は矢富勇毅選手が片腕でインゴールにボールをグラウンディングした。このとき、球技場の観客たちは歓喜した。最高の結末である。
 最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 38-9 豊田自動織機シャトルズ。勝ち点も得失点差も満足できる結果が出せた。試合終了後に、バックスタンドの観客たちと選手たちが握手している光景が印象的であった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中