ラグビー観戦記 2014.08.16 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 気象情報によると降雨のおそれはないようであった。午後の日射しと蝉の鳴き声もあり、雨の降らないことを願いつつ、出かけることにした。
 2014 夏季練習試合 第6戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 栗田工業ウォーターガッシュ。17:00 キックオフ。
 栗田工業ウォーターガッシュのスタンドオフにデイビッド・ヒル選手がいる。彼はスーパーラグビーでプレーしていた選手であり、日本では東芝ブレイブルーパスに所属していた選手だ。
 栗田工業ウォーターガッシュには勢いがある。ヤマハ発動機ジュビロは自陣で防御する時間が長かった。前半半ば、ヤマハ発動機ジュビロのバックスがハイパントのキャッチをミスし、そこを相手に拾われてトライを献上した。コンヴァージョンも決まり、7点を先制される。
 攻め込まれているとはいえ、前半のうちに同点に戻しておきたいところだ。前半終了直前に敵陣インゴール前まで迫り、なんとかトライを決めた。コンヴァージョンも決まり、ヤマハ発動機ジュビロ 7 – 7 栗田工業ウォーターガッシュで前半を終了する。
 開幕直前の練習試合ということで、スクラムでは押し合わないことにしているらしい。しかし、タックルは強烈で、ラックでも闘志が感じられた。大久保グラウンドは選手との距離が近い。音や声にも迫力がある。
 後半開始直後に、ヤマハ発動機ジュビロはハーフ団を入れ替える。それまでの池町信哉選手とダン・ボーデン選手から、小池善行選手と曽我部佳憲選手への交代だ。曽我部佳憲選手のキックパスが成功し、インゴール右隅へのトライが決まる。当然、コンヴァージョンは難しい角度になるが、曽我部佳憲選手はプレースキックを見事にゴールに入れた。
 栗田工業ウォーターガッシュの圧力は凄まじい。ヤマハ発動機ジュビロは、後半半ばに守備を破られトライを献上するが、キッカーはコンヴァージョンを決めることが出来なかった。ヤマハ発動機ジュビロも、フォワードがモールで前進するなど意地を見せるが、敵陣に入っても、なかなか得点することができない。
 試合終了間際、ハーフウェイライン付近でペナルティーを得た栗田工業ウォーターガッシュは、その地点からのショットを選択する。キックは低いライナーとなり、一発逆転とはならなかったが、ヤマハ発動機ジュビロは自陣で相手にボールを奪われ、一転してピンチに見舞われる。
 それでも、なんとか最後まで防御することができ、ノーサイドをむかえることができた。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 14 – 12 栗田工業ウォーターガッシュ。相手に攻め込まれながらも、よく耐えて得点させなかったことが勝因であったと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中