カブトムシ 其之二

Japanese rhinoceros beetle

Japanese rhinoceros beetle

 飼育していたカブトムシの幼虫が七月に全て羽化した。
 三齢幼虫の段階で四頭を飼育していたのだが、羽化してみたら四頭とも雄である。男の子ばかりが四人生まれ女の子に恵まれなかった父親の残念な気持を、少しばかり味わうことができたような気がする。
 幸い、いずれの虫もかたちが良く元気である。雄同士を同居させると喧嘩して夜の騒がしくなることが解っていたので、百円ショップで 1個108円の飼育ケースを買い求め、四頭に四個のケースを割り当てて、玄関に並べてみた。
 雄は、やはり元気が良い。ある朝、ひとつの飼育ケースを覗いてみるとカブトムシがいない。小さな飼育ケースは出入口の締まりが緩すぎて、その出入口を自力で抉じ開けてカブトムシが出奔してしまったというわけである。老母に報告して、カブトムシを踏まないように注意した後、まだ拙宅の外部には出ているはずはないと考えて捜してみると、案の定、玄関の扉に張り付いている。
 老母が朝刊を取りにゆく際、玄関の扉を動かしたはずであるが、それには巻き込まれなかったようだ。玄関先は明るいので、正の走光性を予想して捜索したわけであるが、見つかるまでにものの五分とかからなかった。あとは木製の扉にしがみついている雄のカブトムシを引き剥し、飼育ケースに戻すだけである。
 拙宅は住宅街にある。樹液を供給してくれるようなクヌギやコナラはない。カブトムシを街中へ出すことは自動車の通行などで危険だ。飼育には、過酷な環境や外敵から個体を保護するという意味もある。

 私はベテランの昆虫飼育者というわけではない。
 五年前からスズムシの飼育と繁殖に取り組んでいるが、これは亡くなった父方の伯母の遺産を絶やさないためである。私には動物を飼育するような時間的な余裕はないのであるが、このスズムシの飼育だけは、なんだか天命を受けたような気がして取り組んでいる。
 スズムシの誕生から死滅までは夏秋の儚い期間だけであり、冬春は卵の状態で過ごしてくれるので、飼育の要点さえつかむことができれば、それほど手間はかからない。もともと自然観察を趣味としていたこともあり、不完全変態の昆虫のみならず、完全変態の昆虫の飼育と繁殖についても知見を得たいと考え、昨年からカブトムシを飼育するに至った。
 カブトムシの幼虫は腐葉土の中に生きる。腐葉土を住居とし食糧として成長するのである。腐葉土はホームセンターで容易に取得できる。大雨の降った後に森へ行き、湿った朽木を拾ってきて食べさせるのもいい。カブトムシの幼虫は腐葉土や朽木を食べ、黒くて硬いペレット状の糞をする。冬の間、その糞を取り除く作業をしなければならないが、土に触れる作業は気持の良いものである。

 カブトムシを次代につなげるためには雌の存在が必要である。私は週末の早朝に森へ向かった。幸い、小さな雌を二頭、捕獲することができたので、飼育ケースに二頭を同居させて飼育している。いずれ産卵場の設備が整ったら、雄と同居させて卵を得るつもりであるが、繁殖しなければしないでもかまわないというような気持でいる。
 私に時間が足りなくなって、面倒を見られなくなる可能性もある。もともとが近くの森から捕獲してきたものなので、森へ返せば終わりである。そんな気楽な付き合いである。

 追記。その後、さらに雌を二頭捕獲した。産卵場に四頭の雌を飼育している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中