ラグビー観戦記 2014.05.24 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 晴天に恵まれて大久保グラウンドへ向かう。その道の輝きもまた、ラグビー観戦の経験に含まれるのだと思う。眩しい光がアスファルトから照り返している。
 2014 春季練習試合 第2戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 日野自動車レッドドルフィンズ。13:00 キックオフ。
 配布されたメンバー表とは異なり、曽我部佳憲選手の姿がスタンドオフにあった。キッカーとしての役割は、やはり彼が担うしかないのであろうか。プレース・キックはもとより、ペナルティー・キックでのゲインなど、キッカーの能力が試合へ及ぼす効果は大きい。
 前半開始早々に藤井達也選手のトライがあり、ゲームとしては勝ち試合を予想させた。曽我部佳憲選手からウヴェ・ヘル選手へのキックパスも成功している。フォワードも強さを発揮しており、スクラムで押し込むことができている。敵陣でのスクラムから展開して伊東力選手がトライした。前半のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 17-0 日野自動車レッドドルフィンズ。
 ハーフタイム。空にはツバメが飛び交っている。
 後半開始後も敵陣へと攻め込んだが、自陣へと戻される。しばらくは自陣で耐える場面が続いた。レッドドルフィンズに勢いがあり、ラインアウトからのモールを押し返すことができず、トライを献上した。だが、その後ヤマハ発動機ジュビロが失点することはなかった。
 伊東力選手が相手をかわすステップを踏んでトライ。工藤良麻選手が長い距離を走り切ってトライ。インゴール前での曽我部佳憲選手の短いキックパスを工藤良麻選手が押さえてトライ。後半の殆どの時間帯を支配して、得点を重ねてゆく。
 敵陣の22メーターラインを越えたら、得点して帰りたいものである。相手キックをチャージするなど、好いプレーが続いた。最後のトライは、相手スクラムからフォワードがボールを奪取し、サイドからインゴールへと走り込んだものである。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 43-5 日野自動車レッドドルフィンズ。
 結果としてトライに結びつかなかったプレーにも、クロスでの突破やキャッチからの攻め上がりなど見応えのあるプレーがあった。ランで突破した選手をサポートする、短いパスをまわすハンドリングの技術がほしい。
 大久保グラウンドでは観客席とフィールドとの距離が近いので迫力がある。監督や選手たちの声も聞こえ、ラグビーそのものが活き活きと感じられた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中