ラグビー観戦記 2014.05.17 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 気持の好い晴天で、気温もほどよく、ラグビー観戦には絶好の一日となった。ただ、フィールドでプレーする選手には暑かったかも知れない。
 2014 春季練習試合 第1戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 中部電力。14:00 キックオフ。
 大久保グラウンドに入場するとき、メリケントキンソウ(キク科)の種子をグラウンドに持ち込まないように、靴底をぬぐいながら、先発メンバーの顔写真を拝見する。ウヴェ・ヘル選手、ハヴィリ・ロッキー選手という新戦力の名前が見えた。
 ウヴェ・ヘル選手はロックを務めていたが、曽我部佳憲選手からの長いキックパスを良くキャッチして、トライまでつなげたことが印象的であった。ハヴィリ・ロッキー選手のパワーも素晴らしく、相手を押しのけてインゴールまで走りこむ強さがある。
 フォワードが機能している。スクラムを押し込めるので、バックスも活きる。ラインアウトからの展開もうまい。セットプレーを確実に決めることは、勝利をつかむための重要なステップだ。
 中部電力も良いチームであったが、前半のスコアはヤマハ発動機ジュビロ 29-0 中部電力。インゴール直前での厳しいディフェンスに良く耐えて完封した。試合に勝利するためには失点しないことである。
 後半開始早々、中部電力に失点を許したが、その後はヤマハ発動機ジュビロのゲームであった。直ぐに徐吉嶺選手の鋭いランにより挽回する。さらにフォワードによるラインアウトからのモールでのトライにより加点する。
 藤井達也選手のキャッチとランによるトライは印象的であった。ボールを確実につかみ、相手を避けて、空いたスペースを走りきる。ボールをドリブルしなければならないサッカーとは違う、ラグビーならではの疾走感だ。徐吉嶺選手のランで、またトライを重ねる。「ブンちゃん」という掛け声が観客席から響いた。
 後半も半ばを過ぎると、敵陣にスペースの空くケースが多くなった。そのまま走りきれば得点というわけで、トライが量産された。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 67-5 中部電力。
 外出して日光を浴び、大空を見上げ、選手たちの溌剌としたプレーを観ることが目的である。好いプレーが多ければ、結果として試合に勝利する。試合に勝利することにより、観客も増えることと思う。そんな好循環を期待しながら帰路に着いた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中