ラグビー観戦記 2014.01.11 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

Yamaha Stadium

 暖かい冬の日である。プレーオフへの進出を賭けた大事な一戦を、ホームゲームで応援できることは嬉しいことだ。
 2013- 2014 トップリーグ 2nd ステージ 第06節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 東芝ブレイブルーパス。2014年01月11日(土曜日)13:00 キックオフ。レフリーは大槻卓さん。
 ヤマハ発動機ジュビロのキックオフを、東芝ブレイブルーパスは上手いキックで返した。楕円形のボールは、それを追いかけた東芝ブレイブルーパスの選手の側に跳ねて、試合開始01分もたたないうちにトライを決められる。コンバージョンも決まり、苦いスタートである。
 ヤマハ発動機ジュビロは五郎丸歩選手のペナルティー・ゴールで点差を縮めるが、相手からもペナルティー・ゴールを決められる。東芝ブレイブルーパスでは、アウトサイド・センター、リチャード・カフイ選手の動きが良い。
 ヤマハ発動機ジュビロは五郎丸歩選手のキックでゲインし、ラインアウトとモールで押し込む。インゴール直前のペナルティーでもスクラムを選択し、堀江恭佑選手がサイドから持ち込んでトライする。コンバージョンを五郎丸歩選手が蹴りこんで同点に戻す。
 前半終了直前に東芝ブレイブルーパスがインゴール左にトライを決めた。コンバージョン・キックは、ポールに当たりながらも内側に跳ねる。スコアはヤマハ発動機ジュビロ 10-17 東芝ブレイブルーパス。
 後半開始。東芝ブレイブルーパスは、ラインアウトのボールをフッカーに戻しストレート・ランでゲインするというプレーを成功させた。ドライビング・モールも上手く、トライとゴールを重ねる。
 2トライ2ゴールは逆転できるスコアのように思えたが、ヤマハ発動機ジュビロは、スクラムで圧倒できず、ラックもアンプレイアブルになる。インゴールまで攻め入っても、グラウンディングすることができない。ボールを持つことができても、うまくつなげることができない。キャッチング、ハンドリング、パスなどのミスは、この試合の要所で目に付き、観客に失望の嘆声をあげさせた。
 東芝ブレイブルーパスは、とにかくボールを保持していれば勝てる状況で、展開にも余裕がある。後半30分過ぎに素晴らしい攻撃を観せ、トライを決めた。ヤマハ発動機ジュビロも、終了間際になって徐吉嶺選手がトライをあげるが、もはや時間がない。最終スコアはヤマハ発動機ジュビロ 15-29 東芝ブレイブルーパス。
 ホームゲームでの敗戦は悔しいことだ。リーグとしての成績を考えても、この試合を落としたことは大きい。重要な局面でミスをしないことの大切さが、身に沁みてわかる試合であった。まだ、シーズンは終わりではない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中