ラグビー観戦記 2013.12.22 大久保グラウンド

Okubo Ground

Okubo Ground

 本日も晴天である。昨日もヤマハスタジアムでラグビー観戦に時間を費やしたのであるが、太陽が明るいので、出かけることにした。自動車を運転して大久保グラウンドに向かう道程は暖かい。
 2013 秋冬季練習試合 第4戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs 三菱重工相模原ダイナボアーズ。13:00 キックオフ。
 当然のことであるが、メンバーは土曜日に出場したトップ・リーグの有名選手ではなく、準レギュラー、若手、新人たちにより構成される B チームである。全選手紹介の印刷物には掲載されているが、なかなかヤマハスタジアムでは観ることのできない選手たちだ。彼らのような選手のプレーを身近に観られることが、ホームタウンに住む者の楽しみのひとつである。
 三菱重工相模原ダイナボアーズは、トップイーストに所属する立派な社会人チームだ。プレーの迫力は充分で、見応えのある試合を展開してくれるものと期待した。メンバーの中には、元ヤマハ発動機ジュビロの選手もいる。彼らにも活躍してほしい。
 前半。曽我部佳憲選手のキックパスが良い。ヤマハ発動機ジュビロのトライが決まる。三菱重工相模原ダイナボアーズは、大きく右サイドに開いてディフェンスを逃れ、トライを返す。ヤマハ発動機ジュビロでは、フルバックを務めている遠藤広太選手が好調で、長距離の独走トライを決めた。三菱重工相模原ダイナボアーズにうまくパスをつなげられて失点するが、この時点でスコアはヤマハ発動機ジュビロ 14-14 三菱重工相模原ダイナボアーズと、均衡したゲームである。練習試合なので、三菱重工相模原ダイナボアーズの選手は、前半30分に全員交替した。そのまま前半を終了する。
 後半早々、三菱重工相模原ダイナボアーズに走りこまれ失点する。ヤマハ発動機ジュビロは、曽我部佳憲選手のキックで大きくゲインする。その後も彼のパスが冴え、同点に追いついた。フォワードの威力も素晴らしく、モールを押して逆転する。しかし、三菱重工相模原ダイナボアーズ、シェーン・ウィリアムズ選手のステップワークは見応えがあった。個人技で同点のトライだ。ヤマハ発動機ジュビロ 28-28 三菱重工相模原ダイナボアーズ。好ゲームである。
 後半の遅い時間帯に、フォワードは、マイボール・ラインアウト、ドライビング・モールという攻撃で、2回のトライを達成した。遠藤広太選手のプレースキックは素晴らしく、僅かに最後の一本を外しただけである。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 40-28 三菱重工相模原ダイナボアーズ。
 目の前にいる選手たちに、思わず話しかけてしまいそうな至近距離での観戦である。晴天とはいえ、寒気の中で動かずに試合を観戦していれば、からだは冷える。でも、ラグビーには寒さを凌駕する瞬間がある。選手たちの健闘を称えたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中