サッカー観戦記 2013.03.30 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 春の陽気が暖かく、サッカーを観るには最高の日である。球技場からのアナウンスを聞きながら、ヤマハスタジアムへの道を歩いた。桜の花が咲いている。
 ヤマハスタジアムは、現在、増設工事の途中で、南側のスタンドに席が増やされている。ホームエリアも北側から南側に移り、いまだ狭いままの南側のゴール裏には、立錐の余地もなく、多くのジュビロ磐田サポーターが集まっている。大型映像設備は北側に移設された。
 2013 J1 リーグ 第4節。ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖。14:00 キック・オフ。レフリーは、佐藤隆治さん。
 サガン鳥栖は、静岡県浜松市に存在した「 PJM フューチャーズ 」というチームが発祥である。比較的、順調にリーグを歩んできたジュビロ磐田に比べ、運営法人の破綻など辛酸を舐めてきている。しかし、現在では、強い、魅力的なチームに成長した。
 例えば、ジュビロ磐田のセンターバック、チョ・ビョングク選手がボールを持ったとき、サガン鳥栖の守備のフォーメーションは綺麗に整っている。ボールの出し所がなく、スリーバックを構成する菅沼駿哉選手や藤田義明選手とパスをまわしながら、攻める場所を探る時間が長くなる。
 前線の選手にロングパスを出したり、藤田義明選手がドリブルで上がったりと、様々な手段を試している。ジュビロ磐田が攻めあぐねているという印象を受けた。中盤でパスをつなぐ展開ができず、サイドをついて、クロスに賭けるという攻め方が目立つ。
 しかし、その結果を先に出したのはサガン鳥栖であった。前半08分、サイドからの攻撃に、豊田陽平選手の攻め上がりが早く、逆サイドから入って、見事なゴールを決めた。ジュビロ磐田も、同様のかたちでサガン鳥栖のゴールマウスを狙うが、フィニッシュを決めることができない。
 前半33分には、コーナーキックからの得点を許してしまう。ジュビロ磐田 0 – 2 サガン鳥栖。このスコアでハーフタイムをむかえたくないな、と感じていた前半45分、山田大記選手がシュートを決めてくれた。ジュビロ磐田 1 – 2 サガン鳥栖で前半を終了する。
 後半06分、ジュビロ磐田は、サガン鳥栖のコーナーキックから再び失点する。もはや、得点しなければ負けてしまう状況である。ホームゲームで負けることだけは避けたい。
 後半からは、右サイドに駒野友一選手を起用し、3 失点後には小林裕紀選手を投入している。フレッシュなふたりが右から攻めることで勝機が生まれてくる。後半16分には小林裕紀選手が、後半26分には駒野友一選手が機能して、松浦拓弥選手、金園英学選手によるゴールを見ることができた。先制された試合を、同点まで追い上げたことで、会場は盛り上がった。あと、1 点とれば逆転である。
 最低限、失点しないことが重要だと思っていたが、チョ・ビョングク選手の守備は素晴らしかった。川口能活選手も落ち着いている。攻め込まれることもあったが、失点することはない。
 とにかく、敵陣でプレーすることが勝機につながる。松浦拓弥選手の動きが良く、敵陣での攻撃時間は長い。しかし、フィニッシュが決まらない。後半終了間際に、コーナーキックの機会が何度かあったのだが、それを決められなかったことは、本当に残念であった。
 最終スコアは、ジュビロ磐田 3 – 3 サガン鳥栖。後半の追い上げに勢いのある好ゲームではあったが、ホームゲームでは勝利が期待される。相手チームからのコーナーキックに確実な対応ができていれば、あるいは自分たちからのコーナーキックで確実な得点ができていれば、勝ち点3 を獲得できたように思う。
 勝つためには、まず失点しないことだ。これからのジュビロ磐田に期待したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中