ラグビー観戦記 2012.12.23 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 暖かい日である。それでも屋外で長時間を過ごすには、冬の装備をしてゆかなければならない。特に今回は、トップリーグの試合の後に、女子日本代表セレクションマッチ、関西代表 vs 九州代表の試合も観戦したい。出かけるのは昼間でも、帰宅するのは夕方になる。
 2012- 2013 トップリーグ第12節。ヤマハ発動機ジュビロ vs サントリーサンゴリアス。2012年12月23日(日曜日)13:00 キックオフ。レフリーは松岡辰也さん。
 サントリーサンゴリアスは、前節まで無敗のチームだ。現在、日本では最高のチームである。このような魅力的なチームが、自分たちの町にまで来てくれることもまた、ホームタウンに住む者の楽しみのひとつである。もちろん、ホームチームを応援することが当然ではあるのだが、ラグビーファンとして、サントリーサンゴリアスのラグビーを球技場で観てみたい。
 前半は緊迫した内容であった。サントリーサンゴリアスの攻撃にヤマハ発動機ジュビロは良く耐えて、五郎丸歩選手のショットで先制する。しかし、巧みにディフェンスを破られて、自陣インゴール直前でオフサイドを犯し、ニコラス・ライアン選手のショットで同点とされる。
 サントリーサンゴリアスは、ボールを支配している時間が長く、連続攻撃が途切れない。ディフェンスラインに対して、クロス気味に助走をかけて突っ込むスタイルには破壊力がある。ディフェンスのベクトルをクロスでかわす。質量に加速度を乗じれば力は大きくなる。インゴール直前でも、そのスタイルを貫いて、遂にトライを達成した。コンヴァージョンも決まる。
 しかし、前半終了直前、ヤマハ発動機ジュビロの攻撃が機能し、中園真司選手がトライを決めた。難しい角度から、五郎丸歩選手がコンヴァージョンを決める。ヤマハ発動機ジュビロ 10 – 10 サントリーサンゴリアスというスコアで前半を終了する。
 後半。開始早々から、サントリーサンゴリアスは攻撃に冴えをみせる。ヤマハ発動機ジュビロは、小野澤宏時選手のトライをゆるしてしまう。さらに、自陣内でオフサイドを犯し、タップキックからの速攻をゆるして失点する。ジョージ・スミス選手のフリックパスから、トゥシ・ピシ選手がトライする。後半20分までに、サントリーサンゴリアスは、ジュビロに17点の大差をつけた。
 ヤマハ発動機ジュビロは、ペナルティーの機会を五郎丸歩選手のショットに頼らず、マイボール・ラインアウトからのトライを目指した。会場の声援の中、マレ・サウ選手がトライを決め、コンヴァージョンも決まる。しかし、その直後に自陣内のディフェンスでハンドリング・ミスを犯し、平浩二選手のトライをゆるしてしまう。得点直後に失点するという展開に、会場の空気は重い。後半30分で、ヤマハ発動機ジュビロ 17 – 32 サントリーサンゴリアスというスコアである。これまでの試合内容から考えても、勝利は遠い。
 それでも、田中渉太選手が気持ちの良いランを見せてトライを決め、ヤマハ発動機ジュビロに 4 トライ(勝ち点1 )の可能性が生まれた。直後にサンゴリアスがショットで加点して、スコアはヤマハ発動機ジュビロ 22 – 35 サントリーサンゴリアスとなったが、ジュビロはワントライ・ワンゴールで、7点差以内の敗北(勝ち点1 )にも持ちこめる。
 そして、試合終了直前に、その可能性は現実のものとなった。田中渉太選手のトライ、五郎丸歩選手のコンヴァージョン。最終スコアは、ヤマハ発動機ジュビロ 29 – 35 サントリーサンゴリアス。
 敗北は喫したが、最後まで諦めずに、勝ち点2 を獲得した敢闘の精神は素晴らしい。魂を感じた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中