ラグビー観戦記 2011.12.18 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium

 ラグビーを観るなら、試合だけではなく、その前に行われるウォーミング・アップから観るべきだ。五郎丸歩選手のキックがゴールポストの内側をとらえられないことは、そのときに観ていた。リーグ戦は長期の闘いである。第二、第三のキッカーも観てみたい。
 2011- 2012 トップリーグ第7節。ヤマハ発動機ジュビロ vs 東芝ブレイブルーパス。2011年12月18日(日曜日)13:00 キックオフ。快晴。
 レフリーは、谷口かずひとさん。明るいパフォーマンスで、人気のある方だ。彼のレフリングが観られるだけでも、今日の試合には価値がある。
 東芝ブレイブルーパスの強いことはわかっていたが、今日は勝ちたいゲームであった。ホームゲームでの観客動員数を10000人以上にしたいのであるなら、やはり楽しい勝ち試合を観せてほしい。負けても通ってくれるのは、ラグビー観戦の好きなひとや、地元のチームを応援したいひとたちだけだろう。休日の午後に、娯楽のひとつとしてラグビーを観るひとたちには、わかりやすい「勝利」というプレゼントが必要なのではないか。
 キックオフ。前半の早い時間に、いい位置でペナルティのチャンスをもらい、五郎丸歩選手のショットで3点を得た。先制点にスタジアムは沸いた。やはり、得点があれば盛りあがるし、楽しくなる。選手たちは、この喜びを身体にしみ込ませてほしい。好いプレイがあれば拍手をするし、がんばる姿には声援もおくるが、トライやゴールが決まるときの球技場の弾け方には、凄まじいものがある。徐吉嶺選手のトライにも、スタジアムは熱くなった。
 今期のヤマハ発動機ジュビロは、フォワードが良くなったというのが評判だが、マイボールのラインアウトを相手にとられていては勝てない。スクラムは素晴らしく、ラックもうまく形成できている。あとは、きれいなモールを観たい。ペナルティ・キックからの、マイボール・ラインアウト、ドライビング・モールという展開が完成すれば、それは勝利の方程式になる。
 後半の遅い時間。ヤマハ発動機ジュビロの、敵陣のインゴール直前、ゴールポスト正面でのスクラムには期待した。このスクラムを押し切ることも、フォワードの第三列がサイドから飛び出すことも、左右いずれかのバックスに振ることもできる、自由度の高い陣形である。この時点で、東芝ブレイブルーパスは3トライ3ゴールしており、点差が開いている。今日の試合としては敗北するにせよ、とにかく、意地のワントライをとりたいところである。
 残念なことに、結果としてトライにはつながらなかったが、このようなケースについて、なにがうまくゆかないのかを分析して、具体的に戦術を考え、技術を向上させてゆけば、確実にトライを重ねてゆける、勝てるチームになるだろう。今回は、東芝ブレイブルーパスの守備が巧かったということだ。再戦する機会があるなら、挑戦してほしい攻撃である。
 東芝ブレイブルーパスは、やはり強い。ディフェンスのラインが美しく、切り込みをゆるすギャップがない。基本的に、ランニングが速く、あまいスペースを埋めるのが早い。身体的な能力として走力も高いが、視力や判断力にも優れているのだと思う。とにかく、その離合集散は見事で、まさに狼の群れのようであった。そのようなラグビーを観ることができたことは、ラグビー・ファンとしては嬉しいことである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中