ラグビー観戦記 2011.10.29 ヤマハスタジアム

Yamaha Stadium


 
 絶好のラグビー日和に恵まれたなら、その試合には二倍の価値があると考えて良い。
 2011- 2012 トップリーグ開幕戦。ヤマハ発動機ジュビロ vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス。2011年10月29日(土曜日)13:00 キックオフ。
 私は徒歩でヤマハスタジアムに向かうので、シャツ一枚の薄着で出かけたのだが、試合終了まで寒い思いをすることはなかった。赤とんぼが優雅に芝生のうえを横切っている。
 試合開始前には、両チームの選手たちが登場して、ウォーミング・アップを始める。試合そのものとともに、彼らの練習する様子を観ることも、また楽しいことである。リラックスした雰囲気を保ちつつ、シビアにコンディションを整えてゆく選手たち。今期からチームの指揮をとる清宮克幸監督や、長谷川慎フォワードコーチの姿も見える。
 キックオフ。前半開始直後からスクラムを多く観ることになった。エンゲージがうまくゆかないらしく、何度も組み直す場面を観た。レフリーの相田真治さんは、シャイニングアークスの選手に注意を与えている。スクラムは正しく組まないと危険なのだ。うまく組むことのできない選手は反則になる。フリーキックの権利が与えられても、ジュビロはスクラムを選択する。
 ラグビーの多くの試合がそうであるのと同様に、前半は勢力の拮抗した闘いが続いた。得点としては、ヤマハ発動機ジュビロが僅差でリードする展開であったが、前半終了時に、五郎丸歩選手が長い距離のペナルティー・ゴールを低い弾道で決めて、7点差のリードとした。ワントライ・ワンゴールの必要な7点という数字は、ラグビーを考える際に基準となるものだ。
 後半は、開始早々に徐吉嶺選手のダイナミックなランがあり、それをサポートした大田尾竜彦選手のトライがあった。続いて、マレ・サウ選手の相手ラインを引き裂いてのトライ、田中渉太選手の大きく回り込んでのトライと、バックスの活躍が目覚しい。ジュビロのナンバーエイト、モセ・トゥイアリイ選手のトライは決定的であった。五郎丸歩選手によるコンヴァージョン・キックも、すべて決まり、得点差を拡げてゆく。
 密集ではシャイニングアークスに圧倒されている時間帯もあった。ハンドリングに精度を欠き、ラックで押し込まれ、ボールを奪うこともできない。シャイニングアークスのナンバーエイト、フォトゥー・アウエルア選手は体格に優れており、彼の突進を止めることができず、トライをゆるした。
 後半終了時、マイボールをタッチの外側に蹴り出さず、前方へ向けて蹴り、八木下恵介選手がインゴールで押えたプレーは、素晴らしかったと思う。五郎丸歩選手のコンヴァージョン・キックも決まり、気持の良いノーサイドをむかえることができた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中