日本語を学ぶ 其之三 暴力について

via Wikipedia

 岩波文庫版のマックス・ヴェーバー(脇圭平訳)「職業としての政治」は、読みやすい、とても薄い本である。政治に関心のある者であれば、誰もが読んでいると思っていた書物だ。
 内閣官房長官が、自衛隊について言及する際に、「暴力」という言葉で表現したとの報道が、テレビや新聞などであり、ウェブでも、それを問題視するような発言があった。
 しかし、テレビや新聞などの既存メディアと、ウェブとの大いなる相違点は、「暴力」という翻訳語についての感覚である。すぐに、それはマックス・ヴェーバーの有名な著作の中で使用された言葉であることの指摘があった。ドイツ語は読めない私ではあるが、ドイツ語を読めないからこそ、日本語で「職業としての政治」を読んでいる。ヴァルター・ベンヤミンに「暴力批判論」という論考もあり、ドイツ語圏に特異な表現であると考えていた。「ゲバルト(Gewalt )」という日本語化された言葉さえある。
 私には違和感のない言葉であったが、「暴力」という漢語の強さに反発した人も多いようだ。確かに、古代中国由来の言葉として「暴力」をとらえれば、それはマックス・ヴェーバーらの書物で読むドイツ語由来の表現とは、違う感覚がある。内閣官房長官が国会で答弁する際にふさわしくない表現をした、という意見は、皆が皆、政治学の本を読んでいるわけではないのだから、という理由において、正当だと言えるのかも知れない。だが、それではメディアの受け手の知性を低く見ているようにも感じる。
 日本語の勉強が大切だと思うのは、こんな時である。コミュニケーション能力というものは、より多くの言葉を知る者、より豊富な知識を持つものが、それについて未熟な者に対して、その意志や感情に配慮して、いかに適切な言葉を選べるか、ということでもあるかと思う。そう考えると、内閣官房長官は、学識のない人々に古代中国由来の言葉として解釈される可能性のある「暴力」という言葉を、使うべきではなかった、ということに気が付く。彼が、自分の落ち度について謝罪したことは、現実として、正しい選択になる。
 英語やフランス語、ドイツ語などの原書を読み、それらの翻訳書を参考にして学問をした者も、あらためて日本社会の中でコミュニケーションをするためには、日本語を学び直さなければならない。古語や漢語にまでさかのぼり、現代日本の社会人たちが「普通の日本語」として感覚している言葉について、細密に調べ直さなければならない。自然科学や人文・社会科学の世界に入り浸っていると、その辺りの感覚が難しくなる。
 今回のことは、私にとっても良い勉強になった。私も知らないうちに、誰かに強い言葉をぶつけていた可能性がある。自戒したい。

 (2010年11月23日、追記。)
 ジョルジュ・ソレル(今村仁司、塚原史訳)「暴力論」岩波文庫という本もありました。原書の初版は1908 年です。なお、マックス・ヴェーバー「職業としての政治」は1919 年。ヴァルター・ベンヤミン「暴力批判論」は1921 年です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中