天御子神社

amamiko jinjya

 淡海國玉神社から天御子神社までは、東海道見付宿を西進し、あるところで小路を曲がって、近道をする。その小路を抜ける脇には、日当たりの好い小さな草叢があり、そこには水仙の花が咲いている。一月一日の水仙である。
 小路を抜けると、自動車の通りの多い国道一号線に出る。横断歩道を渡って、南に進むと、府八幡宮の森が見える。その森は、磐田原台地の下から上までを覆っている。その台地の上には、郵便局や、税務署や、県立高校がある。
 天御子神社には、その森を西に見ながら、更に南へと進んで行く。森の手前には、広いグラウンドがある。小学生の頃、友達に誘われて、遊びに来た場所である。
 広い道を途中でそれて、緩い坂道を上がるとすぐに、天御子神社の鳥居がある。元日の飾り付けはしてあるが、参拝客の姿はない。近傍を歩く人はいるが、今時分に参拝する者は、私一人だけのようだ。もう、だいぶ日も西に傾いている。
 天御子神社は、こざっぱりとした、小さな神社である。見付三社では、ここが最後の参拝となる。賽銭を投げ、拍手(かしわで)を打つ。二拝、二拍手、一拝の作法を踏襲する。父のお蔭で、こういうことだけは身に付いている。
 参拝を済ませると、私は周囲の緑を巡った。この神社もまた、しっかりと樹木を従えている。樹木の下には豊かな下草が繁り、その緑は、坂に沿って斜めになる土地を、丁寧に覆っている。枯草や枯葉のないわけではないのだが、緑色の印象が強い。
 ここは、見付と中泉の境界のような場所だ。中泉の神社である、府八幡宮の森が、すぐ目の前にある。しかし、府八幡宮を表参道から参拝するのであれば、更に坂道を上って、一度、中泉へ出なければならない。
 府八幡宮の森の、向こうにある県立高校が、私の母校である。この距離まで近付くと、やはり母校のことが思い出される。この母校から、多くの友人が、故郷を離れて行った。私も、十八歳で遠州を出た。長男なので帰って来たが、出たきりの者も多くいる。
 高校の南には、国指定文化財、特別史跡の遠江国分寺跡がある。奈良時代に、遠江国府や遠江国分寺、遠江国分尼寺などが建てられていた場所である。現在では、芝生が敷き詰められた、日当たりの好い、広い場所になっている。
 自宅から、その高校までは、だいぶ距離があったが、三年間を歩いて通った。おかげで、この辺りの土地については、熟知することになった。朝の通学路は速足にもなったが、帰り道を急ぐ必要はなかった。私一人のときは書店に寄り、友人と一緒のときは、会話を楽しみながら帰った。大学に進学することが当り前の高校で、だいぶ勉強に時間をとられた。しかし、その勉強のお蔭で、なんとか今があるのだとも思う。そして、更に現在でも、勉強を続けている。
 高校時代の友人とは、いまだに一緒になって遊んでいる。故郷に住む者の楽しみである。
 さて、帰路に着く。見付三社をすべて歩いて、人心地の付いたような気がした。夕方になったが、周囲は、まだ充分に明るいし、暖かい。
 この気分を忘れないように、文章にして残しておこうと思った。私を、このような気分にさせてくれるのは、遠州の気候であり、自然だ。当り前のようなものであるからこそ、書いておかなければ、忘れてしまいそうな気がした。

広告

天御子神社」への2件のフィードバック

  1. おつかれさまです。

    思い出のある道や風景・・・そして神社・・・

    神聖な場所は空気が澄んでいるように感じます。

    豊穣祈願は私も毎年行事として行っていますが、毎回入るたびに引き締まる思いがします。

    伊勢神宮も今では観光化しており、通路の真ん中は神が通る場所だから端を歩けと教えられていない方が大勢・・・

    知らないこと、分からないことが沢山ありますね。

    • yukioさん。ありがとうございます。伊勢神宮へは、見付天神にある遥拝殿にて、拝礼いたしました。コメントいただいて嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中