矢奈比賣神社(見付天神)

mitsuke tenjin

 急な坂道を上ると、鮮やかな朱色の鳥居が現れる。
 この鳥居を過ぎれば、後は平らな道となるのだが、ここに至るまでは「あと押し坂」と命名されるほどの、急な坂道である。年老いた親の「あとを押せ」という意味だ。
 私の老いた両親は、もう、この坂道を登ることが、辛くなってきている。坂の上にも駐車場があるので、そこまで軽自動車を運転して上ったり、あるいは、高低差のない裏参道を歩いて、神社に参拝したりしている。私は、両親から丈夫な身体をいただいている。特に、脚には自信がある。
 見付天神は、見付の町の氏神である。私の父や、その家族は氏子になる。
 私が、この町に来たのは、幼稚園に上がるべき年の正月のことだった。幼稚園は二年間なので、四歳と数ヶ月ということになる。それまでは東京の恵比寿にいた。都立広尾病院で出生し、現在の恵比寿一丁目にあるアパートで、零歳から四歳までを過ごした。
 私の母は、そのアパートを管理するような仕事を、大家から請負っていた。父は大工で、港区周辺を中心に、都内で働いていた。私が生まれた後に、父は建築士の資格を取得した。両親とも、遠州(遠江國)の出身であり、人に頼まれたこともあり、この町に住むことになった。
 東京から遠州に戻るについては、いろいろと理由があったようだが、そのうちのひとつが、私の健康を考えてのことらしい。東京にいた頃の私は、恵比寿一丁目にあるアパートと、恵比寿東公園との間の小路を、往復することが日々の運動であった。この小路は都立広尾病院にも通じているから、私は、誕生以来、この小路と公園のみを歩いていたことになる。
 それはそれで良い運動になったのだが、元気すぎるときの私は、アパートの狭い部屋の中で走りまわり、階下の人に、だいぶ迷惑をかけたとも聞いている。その割りに青瓢箪で、そのことは偶に故郷から上京してくる人にも言われて、両親も気にしていたらしい。
「世田谷にでも引っ越そうか」というときに、父の旧友から、遠州で建設業を起すので手伝ってほしいという話が来た。もともと両親とも遠州の出身で、親族も多くいるからということを主な理由に、遠州に戻ることになった。
 私が、この町に来たのは正月であったから、公立の幼稚園に入る機会を逃してしまい、その年の四月になっても、商店街を母と歩いていた。すると、そこで優しい人が、ある基督教系の私立幼稚園なら「まだ入れてくれるら」と教えてくれた。そこにはフランス人の神父がいた。両親が僅かな寄付を納めて、私は即座に、そこに入園させて貰った。
 新しい住居から、その幼稚園までは、かなりの距離があったが、私は二年間を歩いて通った。私の脚が特に丈夫なのは、そんな鍛錬もあってのことだと思う。
 見付の町を歩いて鍛えた両脚で、見付天神の急な坂道を上る。途中で振り返れば、見付の町並みが見える。私を育てた土地が、そこにある。
 恵比寿も、だいぶ再開発されたが、実は、まだ、私の歩いた小路は残っている。上京すると、私は、その場所を訪れる。母の記憶を聴き、自分の記憶を辿り、私は、自分が生まれた土地にいると、感じることができる。

広告

矢奈比賣神社(見付天神)」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。

    後を押せと言う言葉に考えさせられますね。

    今までの親に受けた恩を自分が返すと言うか、当たり前のように見放さないで一緒に登ると言うのでしょうか。親を立てると言うのかな。

    • yukioさん。ありがとうございます。「あと押し坂」は、童子が爺婆の背中を押す、という程度に捉えておりました。そこまで深い意味を読み取られるとは、さすが師匠です。コメントいただいて嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中