桶ヶ谷沼

okegayanuma

 午前中に勉強をすませ、午後は桶ヶ谷沼へ行くことにした。天気が好かったからだ。
 桶ヶ谷沼は、生きた鴨の図鑑である。この沼の遠景の中には、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、カルガモ、キンクロハジロがいる。
 他にも、ヨシガモ、トモエガモ、ホシハジロ、オシドリなどが期待できる。近年は、コハクチョウの飛来がローカルなメディアのニュースになっている。そろそろ来ても良い頃だが、今年は姿が見えない。
 私は、スワロフスキーのフィールドスコープで、水鳥たちを眺めている。眺めるだけで満足しているたちで、自ずから写真を撮影しようという気は、さらさらない。しかし、カメラマンたちを目の敵にするのも大人気ないと思っている。野鳥を撮影するカメラマンは多い。
 今年の7月に、銀座でズームアイピースを買い換えた際、店長に写真を撮ることについて相談した。店長は、写真にも詳しい人で、いろいろと教えてもらったが、結局は、写真など撮らずに、ただ観察しているだけのほうが余程いいということで、意気投合してしまった。不思議なものである。
 もとより、私は写真には不案内で、焦点距離や露出といった言葉の意味すら理解していなかった。自分のカメラを所有したこともない。現在、自然観察に使用しているコンパクトデジタルカメラは、老母の所有品を借りているのである。老母は、このカメラを建築の仕事をしていた老父から貰い受けた。建築の仕事では写真が必要なのである。趣味として写真を楽しむほどの家柄ではない。
 ウェブの世界で、北海道の方たちと知り合いになった。彼らは写真が巧い。良いカメラも持っている。自分たちで撮影した写真をサイトにあげて、読者である私たちを楽しませてくれる。私も返礼をしなくてはならない。私が、老母のカメラを借り出すようになった理由には、そのこともある。
 老母には、それまでは自然観察に行ったとしても、ただ口頭で報告をするのみであった。だが、今回は、この遠景の他に何枚かの植物の写真を撮影してきた。その写真を見せると、老母が喜んだ。百聞は一見に如かず、と言うことか。老母は花が好きなのだ。秋や冬でも、見るべき植物はある。
 写真の撮影については、高校の物理から復習して、理論的なことは、なんとか解ったような気になっているが、実践が伴っておらず、なんとも不得手である。かといって、このような趣味に時間や金銭を費やしていられるような身分でもない。
 フィールドスコープ越しに、意外と簡単に写真撮影のできることを、銀座の店長に教えてもらったが、私が撮ると、ケラレどころか、葦の髄から覗いたような写真になってしまう。それでも、コハクチョウが来たら、一枚は撮影しようと思っている。
 老母が、コハクチョウを心待ちにしているからである。

広告

桶ヶ谷沼」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    スワロフスキーのフィールドスコープをお持ちとは・・・スゴイ!
    カメラよりいいと思います。
    写真の一瞬を切り取るか、スコープで見て脳裏に焼き付けるかですから、
    楽しむならフィールドスコープですよ!
    一眼レフのファインダーから見るより全然違いますからね~
    迫力がまず違う点。立体写真がもっと進化すればいいのですが・・・

    • yukioさん。ありがとうございます。ちなみに双眼鏡もスワロフスキーのEL10×42WBを愛用しています。私の視力は2.0です。肉眼で見ることから、野鳥観察は始まります。コメントいただいて嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中