ミツカドコオロギ

Loxoblemmus doenitzi

Mitsukado Korogi


 東京へ行く日の、朝のことである。その日は、旅をすることの昂りもあってか、午前4時には、くっきりと目が覚めていた。
 玄関先で虫の鳴く声がする。
 旅の支度の殆どは、前日に整えてあった。後は、髭を剃り、身支度をする程度であったが、それでも忘れ物のないように、気を配らなければならない。
 そう自覚しつつも、玄関先で鳴いている虫の音が気になって仕方がない。短く切った、強い声で鳴いている。その鳴く声の大きさで、虫のいる近さが判る。まだ、出発までに充分な時間があることを確認して、とうとう虫捕りに出てしまった。
 まだ日出前の暗い時間帯である。私は、LEDのヘッドランプを頭部に装着して、静かに玄関を出た。ペットボトルを工作した捕虫器を片手に持つ。コオロギの類を捕獲するためのものである。両腕が自由になれば、虫も捕りやすくなる。
 声の様子から、ツズレサセコオロギを予想していた。夏の頃は、うるさく鳴いたものだ。個体を見てもいる。縁の下にいるのだ。
 鳴き声のする辺りを注意深く観察して、まずは2匹を捕獲した。ところが、2匹とも産卵管を持っている。翅に楽器がない。雌である。
 よくよく探して、とうとう鳴き声の源である雄を発見した。ミツカドコオロギ(三角蟋蟀)である。雄のミツカドコオロギは、頭部の形態に特徴があるので、声よりも姿で同定しやすい。ミツカドコオロギのいることは意外ではなかった。その幾日か前の曇りの日に、庭の掃除をしている最中、1匹の雄を捕らえて、ガラス瓶に入れてある。
 捕獲後に確認すると、雌もミツカドコオロギであった。これで、都合よく2ペアが成立したことになる。なんだか、腑に落ちるような、不思議に安心した気持になって、とりあえず、大きなプラスチック・ケースの中へ放した。
 すでに大型のネットゲージは畳み、スズムシたちは大型のプラスチック・ケースの中へ移してある。寒い季節になり、彼らも、大方の仲間を失ってしまった。大型のプラスチック・ケースの中で、スズムシとミツカドコオロギの二種を飼育することになった。それまで、そのケースの中で暮らしていたエンマコオロギの夫婦は、別の小さなプラスチック・ケースの中へ引っ越している。
 とにかく、その日は東京へ行かなければならなかった。あまり、面倒を見てもいられない。起床してきた老母に、留守を頼んだ後、既にまとめてあった荷物を持ち、バス停に向かった。
 帰宅したのは、翌日である。私は、すぐに4匹のミツカドコオロギを確認した。
 1匹も欠けてはいない。スズムシよりも元気に飛び跳ねている。

広告

ミツカドコオロギ」への2件のフィードバック

  1. こんばんは!
    ミツカドコオロギって変わった頭をしているんですね。
    足も丈夫そうで・・・マッチョ系ですか・・・
    こんな頑丈そうなコオロギは北海道には当然居ません。

    ミズゴケが自然でいいですね~

    こちら、今夜はストーブ無しでは絶対無理です!明日は凍ってますよ多分に

    先月行った大雪山 黒岳の気温に近くなって来ました。

    • yukioさん。コメントありがとうございます。雄と雌の相違の判るショットを狙ってみました。こちらは暖かいです。コメントいただいて嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中